カテゴリー「デザイン」の記事

2011年9月30日 (金)

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)

電池というと単三電池が標準だと思っている私が八橋壮太朗です。デカイのが単一、小さいのが単四。標準が単三。

今日は、本棚にあった良書のご紹介。この本は断裁してスキャンするわけにはいかない。本としてしっかり本棚にしまわれています。

視覚デザイン研究所「7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)」
文末のアマゾン該当ページより引用。

内容(「BOOK」データベースより)
デザインとかレイアウトという仕事は、特別な訓練を受けた、特に感性の鋭い人しかタッチできない仕事と思われがちだ。しかし本書を読めば、それは錯覚だった、ということがわかる。ごく基本的なことを理解すれば、実は身近で使いやすい技術であることがわかる。謎に包まれていたレイアウトを、一気に身近な技法にしよう。本書では第1日目から第4日目までで「様式」がどのように決まるかを解説した。次に第5、6日目は、絶対にマスターしたい造形の原則を図説し、第7日目は、次のステップへのヒントを紹介している。
内容(「MARC」データベースより)
レイアウトは誰にでもできる。レイアウトの「様式」がどのように決まるか、絶対にマスターしたい造形の原則、形を作り出すヒントといったレイアウトの基礎が7日間で習得できるようまとめる。

視覚デザイン研究所の出版物をはじめて知ったのも、この本からでした。ほんと良い本です。

良いと思うところはイッパイありますが、なんと言っても実例ばかり並んでいること。
レイアウトの、どういう狙いがあったら、こういうレイアウトになると思うよ、というのが出ている。
そして、狙いが無かった場合のレイアウトは、こういうダメな感じになるよ、というのも出ている。
どちらもキッチリ見せてくれる。しかも、狙いと具体例に説得力があって、なるほど!と思う。とくに、なにもレイアウトの勉強をしたことがなかった、あの頃の俺にはそんな存在でした。

ちゃんと意図があってレイアウトをする、というのが大事だと気づく。レイアウトやデザインの勉強はしたことがないけれど、発注することがある、なんて人には最も良い本だと思います。デザイナーに依頼するときに、どう伝えればいいのかが不安な人は、これで基本が分かります。

中学・高校の美術科とかで教えるべきでしょう、この内容は。


7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ