« ひかり電話ユーザーはアプリを使うと近未来的かも | トップページ | 中村亮介監督「あいうら」 »

2013年7月 1日 (月)

鈴木洋平監督「変態王子と笑わない猫。」

正月以外の月は不正だと言われて脱力した八橋壮太朗です。


変態王子と笑わない猫。

監督 鈴木洋平
原作 さがら総
キャラクター原案 カントク
シリーズ構成 伊藤美智子
キャラクターデザイン 飯塚晴子
声の出演 梶裕貴 小倉唯 石原夏織 田村ゆかり
アニメーション制作 J.C.STAFF

このキャラクターデザインで変態王子というのは、いったいどういうことなのか。と思って見始めました。開けてビックリ、そんなに変態ではありませんでした。それよりも、ストーリー展開の勢いとキャラクターデザインの魅力、謎の言葉責めに脱帽しました。いい。好きです。

まずはお話から簡単に記そうと思います。主人公の横寺は高校生。本音が言えず、建前でしか言えない自分に悩んでいた。町外れの丘に「笑わない猫像」というのがあって、友達は本当にお願いが叶ったらしい。丘に行くと、筒隠月子がいた。彼女は「なんでも顔に出る自分」が嫌で、表情を失くしたいと思って来ていた。横寺も「建前をなくしてほしい」とお願いする。願いは叶う。しかし、本音しか言わなくなった横寺は生活に支障が出る。煩悩だらけの男子高校生が思うことをストレートにそのまま発言してしまう。そのため学校では「変態王子」と呼ばれるようになってしまった。これはこれでとても困る。なんとか失くした「建前」を取り戻すことはできないのだろうか。

これがほぼ第一話の内容です。「笑わない猫像」をきっかけにてんやわんやします。「笑わない猫像」は願いを叶えるときに誰かにその部分を引き渡すルールになっていて、「建前」を奪われたら、他の人物に「建前」が与えられる。この像の親玉みたいな存在「猫神様の像」が登場すると、混乱は加速する。こちらは願いをストレートに叶えてくれず、「叶え方が斜め上」。たとえば「学校がおかしく楽しくなれ」と願うと、学校が半分中世ヨーロッパ風の建物になる。「みんなプール気分」と願えば、生徒が全員水着で生活する。横寺・月子・建前ばかりしか言えない小豆梓との三角関係、月子の姉も含めた筒隠家の過去の出来事、などに触れて各キャラクターたちの想いが重なる…んですがまとめすぎましたでしょうか。

1話のコメディのノリがものすごくキャッチーで、大満足だったんですが、気づけば各キャラが抱えているコンプレックスが重たかったり、都合の良すぎるストーリー展開を勢いで描ききるなど、いろいろツボが多くて面白い。原作がどういう感じなのかはわかりませんけれど、連続アニメにするのはけっこう苦労があるだろうし、それだけに作るのが楽しそうです。月並みな言い方ですけどやりがいがありそうですね。

それにしても1話で衝撃的だったのが、キャラクターのお顔アップが多用されていたこと。適度にデフォルメ感のあるかわいいキャラを、これほどまでにアップで使っている演出…演出もすごいですけど、ハイビジョンで超アップに耐えられるキャラとしてはクオリティが高すぎるんですけど…。しかも、ちゃんと動く(とか言ったら失礼ですが…)。キャラクター原案のカントクさんの絵がもともと良い画なんですけど、アニメになって更にクオリティアップしてませんか…。キャラクターデザインの飯塚晴子さんの仕業なんでしょう…ファンになりましたよボクは。ありがとうございます。

Amazonレビューなんかでは、「さくら荘のペットな彼女」のときと同じくJ.C.STAFFにもの申す人が多いようですが、気にしないで!

変態王子と笑わない猫。 第1巻 特装版 初回限定 も~そうパック [Blu-ray]
メディアファクトリー
2013-06-26

by Amazon

« ひかり電話ユーザーはアプリを使うと近未来的かも | トップページ | 中村亮介監督「あいうら」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/52249122

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木洋平監督「変態王子と笑わない猫。」:

« ひかり電話ユーザーはアプリを使うと近未来的かも | トップページ | 中村亮介監督「あいうら」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ