« UBI Soft「アサシン クリード3」PS3 | トップページ | 岩明均「寄生獣」 »

2013年6月 3日 (月)

デジカメ撮影にUSB-LEDとモバイルバッテリーでお手軽に照明を

肉々しい八橋壮太朗です。憎いわけではありません。肉いんです。

数年前に買ったCanonの初心者向けデジイチを使っています。iPhoneがあればデジカメ不要!と思っていましたけど、久しぶりにデジタル一眼レフカメラで撮影すると差が歴然としていて手放せないですね。

Tomash
↑デジタル一眼レフで撮影してみた

最近は料理研究家じゃなくてもオリジナルレシピをネットで公開している人が多いそうですが、手順を写真やビデオで詳しく紹介されているのも珍しくありません。趣味でFacebookに写真を載せている程度ならスマホで撮影して、そのままアップロードできます。お手軽で楽しいです。でも、レシピを載せるほどの方なら良い写真を撮りたいと思いますよね。スマホの内蔵カメラをやめて、コンパクトタイプのデジカメを使ったり、デジタル一眼レフカメラを使ったりすれば圧倒的に見栄えが変わります。それでもまだ物足りない…と思いませんか? そこでオススメなのがLEDを使ったUSBライト。これをスマホ用のモバイルバッテリーと組み合わせて使います。

Ledbefore
↑ライトのアームに、ダイソーで買ったPOP用クリップを使って白い紙を取り付けた状態

電池がハンパなく保たれるLEDライトで、ケーブルも不要なので取り回しが簡単、便利です。ただ、光が広がらないのがLEDの欠点なので、白い紙などに反射させて使っています。ちなみに、リビングなど家庭内の光は暖色照明が多いので、少し色温度が青めのLEDがベストです。どぎついLEDライトは、だいたい青めが多いですが、暖色っぽいのは避けたほうが使い勝手がいいと思います。

釈迦に説法かもしれませんが、写真は光を受け止めて記録するものです。家の中で写真を撮る時は、電灯から出ている光が撮影対象に当たって見えています。屋内、とくにリビングの電灯は暖色が多いんです。すると、赤めの光が当たっていて明るく感じるかもしれませんが、青い光が弱いことがある。そのまま写真を撮ると、青い光をしっかり受け止められない!ということで、どうせ照明を追加するなら少しぐらい青めのLEDライトが最適なのでございます。

Ledafter
↑こんなふうに使います。(左下の目玉のオヤジが撮影対象としています)

LEDは光の波長が偏っているものが多いらしいので、メインの照明にするのはヤメておいたほうがいいかもしれませんが、「ちょい足し」にはメチャんこ便利です。

Panasonic USBモバイル電源 リチウムイオン 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)モデル】 5,400mAh 白 QE-QL201X-W
パナソニック(Panasonic)
2013-03-01

by Amazon
ELECOM 高照度USBLEDライト ホワイト LEC-USB1N01WH
エレコム
2011-06-22

by Amazon

« UBI Soft「アサシン クリード3」PS3 | トップページ | 岩明均「寄生獣」 »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/51858647

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ撮影にUSB-LEDとモバイルバッテリーでお手軽に照明を:

« UBI Soft「アサシン クリード3」PS3 | トップページ | 岩明均「寄生獣」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ