« 福辻鋭記「寝るだけダイエット」 | トップページ | ドラマ「まほろ駅前番外地」@テレビ東京 »

2013年6月13日 (木)

大森立嗣監督「まほろ駅前多田便利軒」

脳みその増設が急務な八橋壮太朗です。


まほろ駅前多田便利軒


監督・脚本 大森立嗣
原作 三浦しをん
出演 瑛太、松田龍平

いつもどおり録り貯めてあったテレビドラマ「まほろ駅前番外地」を見るために、最初に見なきゃ始まらないのが映画「まほろ駅前多田便利軒」。時間の合間をぬって視聴完了でございます。

雑感ですが…。
・設定は好き
・前半は好き
・後半は好きじゃない
・大森家、集合してる…!(監督:大森立嗣/オヤジ:麿赤兒/弟:大森南朋)
・トータルだと微妙
・チラっと見たドラマ「まほろ駅前番外地」のほうが好きかもしれない。

いやあ、困りました。という前に概要から。
架空の都市「まほろ市」で便利屋業をやっている多田(瑛太)と、同級生の行天(松田龍平)が主人公。お使いに毛が生えた程度の依頼を次々と受けているうちに、アングラ稼業の方々と関わることになり、それぞれの家族問題、親子問題を背景にひと悶着、ふた悶着する。

困ってしまったのは、設定は好きだし音楽も好きだし画づくりの感じも好きなのに、さして面白いと思わなかったから。文句があるわけじゃないんです。好きな要素はいっぱいあるんですけど後半になるとサッパリ楽しめない。これはもう、自分の趣味が変わってしまったんじゃないかと思ってしまうレベル。正直、麿赤兒さんと大森南朋さんを同じ作品で見れたほうが嬉しかった度合いが強いかもしれない。

たぶん、雰囲気を楽しむ作品です。ダブル主役の多田&行天がクセのある依頼をこなしていく様を楽しむのがメインであって、親子の話とかはオチとして必要だったんでしょうね。と思いました。熱烈なファンからはお叱りを受けそうですけど…。

雰囲気が好かれるのは納得だし、けっこう好きだし、それを表現するが難しいのも少しはわかるんですが、お話のオチは入っていけませんでした。

まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション(2枚組) [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2011-11-02

by Amazon

« 福辻鋭記「寝るだけダイエット」 | トップページ | ドラマ「まほろ駅前番外地」@テレビ東京 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/51784249

この記事へのトラックバック一覧です: 大森立嗣監督「まほろ駅前多田便利軒」:

« 福辻鋭記「寝るだけダイエット」 | トップページ | ドラマ「まほろ駅前番外地」@テレビ東京 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ