« ドラマ「書店員ミチルの身の上話」@NHK | トップページ | 荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟 (集英社新書) »

2013年6月22日 (土)

Etymotic Research mc5の復活劇

となりの柿はよく客食う八橋壮太朗です。

Ety1

イヤホンが壊れました。使っていたのはEtymotic Research mc5。カナル型と呼ばれる耳栓タイプです。消耗品であるイヤホンは、高すぎず安すぎず、それなりにいい音のものを使いたい。中でもコストパフォーマンスが良くて音も好きなEtymotic Researchの、一番安いんじゃないかというmc5を使っています(この前に使っていたのはER-6i。更にその前はharman/kardonのep720。←これも中身はEtymo)。高いイヤホンは壊れたときのショックがデカイので、消耗品として荒っぽく使うには低価格モデルじゃないと厳しいです。ただの貧乏性かもしれませんが…。

で、そんなmc5ですが、ケーブルの被服が破れたり、イヤーピースがパカっと割れるなど、ボロボロになってきました。2年近く使うと、それなりに注意してるつもりでも壊れてきます。もう買い替え時かなと思いつつ、家の暗黒ワールドの奥地からパッケージを見つけ出してみると、保証期間内! どう考えても普通に使っていただけだし、修理に出してみるかと思い、店頭へ。いやー、メーカー保証をアテにしているものは、ネットじゃなくて家電量販店で買ったほうがいいですね。痛感しました。前にネットで買ったハードディスクを修理に出そうとしたら、マレーシアに海外発送する必要があったんです(しかも送料は自腹)。壊れているとは言え、あんなデータやこんなデータが入ってるHDDを海外発送って…ナイ!

Ety2

どうですか。見えますか。mc5はAmazonで5千円台で買える、エティモティックリサーチ製イヤホンの廉価モデルですが、保証期間が2年間!!イヤホンで2年も保証してくれるんすか!ありがたや…。3千円台のフツーのイヤホン買うよりオトクじゃないですか。ビックリしました。そんなわけで、修理に出したら新品になって返ってきました。他社製に買い替えようかと思ってたけど、次も買わせていただきますよ!浮気心を察知したかのような対応に、こころときめくのでした。

【国内正規品】 Etymotic Research ダイナミック型ノイズアイソレーション・イヤフォン ブラック MC5-BLACK
Etymotic Research

by Amazon

« ドラマ「書店員ミチルの身の上話」@NHK | トップページ | 荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟 (集英社新書) »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/51932955

この記事へのトラックバック一覧です: Etymotic Research mc5の復活劇:

« ドラマ「書店員ミチルの身の上話」@NHK | トップページ | 荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟 (集英社新書) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ