« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

UBI Soft「アサシン クリード3」PS3

毎回、夢オチで終わる朝ドラをやってみてほしい八橋壮太朗です。


アサシン クリード3 (Assassin's Creed III)


ジャンル アクションアドベンチャー/オープンワールド/ステルス
プラットフォーム プレイステーション3
開発 UBIソフト モントリオールスタジオ

アサシンクリードシリーズは、順番にプレイする必要がまったくないので強くおススメします。なぜかって?それは…1も2も3も、ゲーム性が全然違うからなのです…。オープンワールドなアクションゲームであるのは基本的に同じなんですけどね。いや、むしろ「1」はプレイしないほうがいいかもしれない。唯一、強制会話シーン(説明セリフもいっぱい)がうっとおしいタイトルですので。

ステルスアクションで暗殺ミッションをこなすアサシン。ドラクエやFFのように1、2、3と順番に出ているように見せかけて、実は途中でいくつかリリースされているタイトルがあります。ずるずるとハマっていったけれど、1、2、3、というナンバリングタイトルだけプレイするつもりで店頭やネットショップを見ると、つい他もクリアしたくなってしまう。というわけで、このアサシンクリード3をクリアすることで、プレステ3でリリースされている作品を全部プレイしてしまいました。

プレイステーション3でプレイできるアサシンクリードシリーズ

アサシン クリード I+II ウェルカムパック
ユービーアイ ソフト
2012-07-19

by Amazon
アサシン クリード ブラザーフッド スペシャルエディション
ユービーアイ ソフト
2011-08-04

by Amazon
アサシン クリード リベレーション スペシャルエディション
ユービーアイ ソフト
2013-04-18

by Amazon
アサシン クリードIII
ユービーアイ ソフト
2012-11-15

by Amazon

どうでもよいですが、「アサシン クリード I+II ウェルカムパック」はAmazonで新品が2500円以下。プレイするとお分かりいただけると思いますが、超おトク。こんだけ作りこまれていてボリュームもあってオープンワールド楽しみまくりで2500円。なにかがオカシイと思えるレベルでございます。いやー、スーパーファミコンのFF6が1万円超えてたのを考えると、クラクラしてきますな。

さて、本題の「アサシンクリード3」ですが、いままでシリーズが遂げてきた作品の変化の中で最も大幅なモデルチェンジが行われていると思います。まず、前作までは中世ヨーロッパだったのが、「3」はワシントンが登場するアメリカ開拓時代です。そして…暗殺ミッションが本筋なのを忘れそうなぐらい、オープンワールドでいろんなゲームを楽しむことになります。草原や山で動物を狩り、海で海軍戦、砦に進入して軍の隊長を倒すなど。ステルスはドコに行った?(いや、ちゃんとステルス行為は必要なんですが…)。まったく別のゲームになったというか、いろんなゲームを融合してしまった感じです。てんこ盛り。

中でも海で帆船に乗って戦うゲームは、それだけで独立したゲームソフトにしても売れるんじゃないかと思える。いやー、どうかしてますね…(笑)

で、オンラインマルチプレイをやってみると、これまた別ゲーム。街中で暗殺ミッションをやりつつ、実は他人からはターゲットにされるという面白いけどダークなゲームです。

追加ダウンロードコンテンツ(有料)もプレイしましたが、これまた別のゲーム!マップや主人公は同じ(厳密に言えば違うか…)なのに、ワシントンが敵になっていて主人公が特殊能力をゲットしていくという完璧に別モノ。ゲーム性や世界観にこだわっているとアサシンクリードシリーズはプレイできませんな(笑)ただ、従来のシリーズと共通しているのは、追加コンテンツになればなるほどファンタジー要素が多いということでしょうか。一定時間、姿が消せる能力とか、鳥のように飛べる能力とか、遊びすぎでっせ。

ジャンルを超えて、ゲームが好き!というような人ほど楽しめると思います。

アサシン クリードIII【CEROレーティング「Z」】
ユービーアイ ソフト
2012-11-15

by Amazon

2013年5月29日 (水)

小手川ゆあ「君のナイフ」

煩悩が捨てられない八橋壮太朗です。


君のナイフ

小手川ゆあ
集英社

ファンタジック殺し屋ストーリー「君のナイフ」が10巻をもって完結となりました。スーパージャンプからグランドジャンプPREMIUMまで4年に渡る連載、お疲れさまでした。小手川ゆあさんと言えば黒髪の女の子がキュートなところにシリアスというかダークなお話というのが好きなのですが、この作品もステキな黒髪女子が満載でございます(じゅるり)。

なにはともあれ、概要をご紹介。高校教師の志貴は金に困っていた。重病の姉のために莫大な医療費を用意しなければならないからだ。金で人殺しを依頼され、犯行グループの一員となる。そこには久住という刑事もいた。勢いと流れで参加してしまったものの、殺人行為に抵抗感があったためミッション中に居合わせた、いつきという不思議な少女を殺さずに家にかくまうことになる。人に触れると、その相手の名前や何を考えているかなどを知ることができる。なんだかんだ言って、人殺しの依頼を続々と引き受けてしまううちに、犯行仲間の久住や運転手担当のヤンと抜き差しならない関係になってゆく。いくつかミッションをこなす中で、またしても居合わせた無職の槇原を殺さずに仲間に引き入れてしまう。依頼をこなしていくうちに、志貴はためらいもなく銃殺できるようになっていた。ただ、犯行を重ねていくうちに、ボロも出てしまうし計算外のことも発生するため、徐々に警察の手が忍び寄る。警察の内部事情も併せて描かれ、一枚岩でもない上に女性刑事が殉職するなど、多くの人間関係がうごめくのですが混乱することもなく丁寧に表現されていてどんどん読み進めていける内容です。

どうも上手く紹介できずに申し訳ございません…。

基本的にサスペンスなんですが、シンプルすぎず、込み入りすぎず、いい塩梅で作られている作品です。主人公に感情移入できるものの把握しきれるほどすべてが明らかにはしてくれず、仲間も温情ありそうだけど表面的にはクールです。お約束とお約束ハズシのバランスが適度で、心地良いです。個人的には黒髪少女がかわいいのでそれだけできゅんきゅんですが…(笑)

勝手な希望ですが、小手川ゆあさんにはスターシステムを採用したデタラメ感が満載の作品を描いていただきたいなと思っております。そしてもうひとつ、好きじゃないジャンルの作品にトライしてみてほしいです。イヤでしょうけど…。ヒーローモノや特撮モノが好きなクリエーターに、ヒーローも特撮も一切封印した作品をつくっていただくと、激烈に面白くなることが多いと思っているのですが、そんな一面があるんじゃないかと勝手に思っている次第でございます。

連載おつかれさまでした。

君のナイフ 1 (ジャンプコミックスデラックス)
小手川 ゆあ
集英社
2010-04-02

by Amazon

2013年5月28日 (火)

イヤホン選びについて聞いてみました

三段論法で三段腹を説明する八橋壮太朗です。


オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKM500 BK

八橋 イヤホンはどういう基準で選んでる?
久堂 基準って言うと?値段とかってこと?
八橋 はい
久堂 基本的にはイヤホンって消耗品だと思ってるからなー。2〜3000円台のもので選んでるなぁ…。
八橋 安いやつでいいやってことですか。
久堂 そうだね、実際音質はそこまで重視してない。使用環境的に音質が良くても活かせないから。
八橋 使用環境的にっていうのは、どういうことっすか?
久堂 イヤホンで音を聴くときって、大抵移動中なんすよ。バスとか電車。そうすると音が良くてもアナウンスとかの所為で、結局台無しになる。
八橋 なるほど。安めのイヤホンで、音質を極度にこだわることは無い、こだわっても、それほど効果があるとは思えないってことだね。たしかに消耗品っていうのは、そのとおり。2~3000円ぐらいのイヤホンだとしても、いろんなタイプやメーカー、デザインなどなど、あるよね?そこは、どういう基準で選んでいるんすか?
久堂 使用環境の話とかぶるけど、あまり外の音を聴きたくないって言うのがあるからカナル型のイヤホンを良く選ぶね。耳に引っ掛けるタイプは耳がもげそうになるから嫌いっす。
八橋 それもわかる。マスクを耳にかけてるだけでも痛くなるからなあ。カナル型も、安い価格帯でいろいろ出てきたよね。そこから、さらに絞り込むのはどういう条件なんすかね?
久堂 首にかけておきたいから出来る限りLRのケーブルの長さが違うものを選ぶようにはしてる。あとは分岐の部分を移動出来る奴とか。
八橋 なるほど、それは確かに忘れてたポイントだ。左右でケーブルの長さが同じやつと、片方のケーブルがメインで、反対側の耳に分岐させてるタイプがあるね。左右の長さが同じヤツは嫌いなんすか?
久堂 ポケットに再生機器入れるから、左右が同じ長さだとケーブルが斜めになって、たるむから何となく好きじゃない。満員電車だと引っかかりやすいし。
八橋 そうか、身体のセンターラインにポケットがあるのはドラえもんだけだもんな。ドラえもんじゃないもんな。さらに、その上で、メーカーとかデザインはどんな感じで選ぶんすかね?
久堂 デザインはシンプルに限るね。音量調節とかケーブルにはいらない。メーカーは…使った事あるのがパナとビクターとオーディオテクニカぐらいだからその中から選ぶ。
八橋 なるほど、ついにメーカー名を出していただきましてありがとうございます。それ以外のメーカーは買わないんすか?なんでその3つ?
久堂 音の方向性というかイコライザ的な部分でしっくりくるのがこの辺で、別のメーカーで気に入るのがあっても3000円のイヤホンを視聴させろという勇気がないからな…。
八橋 まあ、特に不満がなかったってことなんだな。参考にさせていただきます。

オーディオテクニカ インナーイヤーヘッドホン ブラック ATH-CKM500 BK
オーディオテクニカ
2012-04-13

by Amazon

2013年5月27日 (月)

矢口史靖監督「ロボジー」

うまい嘘をつくのがフィクションの面白さだと思う八橋壮太朗です。


監督・脚本 矢口史靖
出演 五十嵐信次郎、吉高由里子、濱田岳、川合正悟、川島潤哉、田畑智子、小野武彦

友人がレンタルした映画を一緒にみることになりました。それがロボジー。ひみつの花園の矢口史靖監督であります。

雑感
・楽しくて面白いクスクスできる
・ミッキー・カーチスと五十嵐信次郎では、こんなにもイメージが違うのか!
・追い込まれる役がテッパンな濱田岳さん。
・スケールは大きくないけど家族で楽しく見られる貴重な作品かも

何も考えずに楽しめる作品です。みんなで楽しく見られるという意味では劇場で見たいけど、ひとりで見るならDVDレンタルでも面白さは変わらないかな。年齢性別職業問わず、幅広いお客さんに見てもらえる楽しい感じがして、実はそういうのって超絶に作るのが難しいんじゃないかと思っています。矢口監督の映画はけっこう見てますけど、舞台となる街や職場、時代も抽象的に作られていて、お話とキャラクターに集中させてくれる。場の雰囲気とか空気とか、そういうのを借りることなく表現されていて、「お話を創る」ってこういう行為なんだなと思いました。すばらしい。それだけに、「なぜ今、この作品なのか?」というような部分は弱いんですが、むしろそれでいいと思います。「今」に媚びるのは、もう終わりにしましょう。

冒頭のストーリーについてネタバレします。家電メーカーが二足歩行ロボットを開発しますが、世間にお披露目する前に壊れてしまって大ピンチ。上司にも壊れたことを言えない担当者たちは、着ぐるみのようにロボットの中に人を入れて動かすことで発表会を乗り切ります。この、ロボットの中に入る人がミッキーカーチスさん。発表会を乗り切ったのは良いのですが、会場で起こったトラブルをロボットが救ってしまったおかげで、嘘に嘘を塗り固めることになり…。

これ以上は、あえて省きます。なんも考えずに楽しくご覧いただきたいです。オススメです。

ロボジースペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
東宝
2012-08-03

by Amazon

2013年5月24日 (金)

松井博「企業が「帝国化」する アップル、マクドナルド、エクソン~新しい統治者たちの素顔」

大日本帝国の八橋壮太朗です。(深い意味はありません…)

語り口に品があって好感が持てたので、松井博さんの本を続けてKindleで購入しました。



著 松井博
出版社 アスキー・メディアワークス

まずは雑感から。
・急に壮大なテーマになりましたね…
・映画「スーパー サイズ ミー」を見てから読むとより面白い
・アップルも自前の工場がありましたよね、そういえば。
・租税回避の話も面白い。以前、iPhoneの有料アプリをリリースしたら、売上げがアイルランド扱いになって日本へ海外送金しないといけないという話を聞いたのを思い出した(今は違うと思うけど)
・創造性のある仕事ができないといけないのは納得
・食の安全は「スーパーサイズミー」の続編って感じがしました
・胸の大きな女の子!
・グーグル依存してます
・石油資源があると国が滅びる、って話は、日本だと温泉かな?ちと違うか…
・出た!ロビー活動
・帝国の末端で酷使されるのは不幸とは限らない?
・最後に「ではどうすればいいのか?」が書いてある!!

今回も品のある文章が好感触でした。難しい言葉が少ないのに品があるというのは、ボクにとって「読みたい」と思う理由としてとても大きい。言葉は人を現すものなんでしょうね。ボクも見習いたいです。

いきなり壮大なテーマになって、ちょっと説得力が薄くなっている感じがしました。表現したいことはわかりやすくて伝わってくるのですが、細かいところひとつひとつは、ちょっと悩ましい(自給率とか)。それでも2冊目でこのテーマはチャレンジング。すごいです。ご自身の体験を元に書かれている部分も多いので、全体としては為になると思いました。

全編を追って書いていくにはちょっと量が多いので、雑感で代えさせていただきます。

本書の最も価値があるのは、最後に「ではどうすればいいのか?」が書いてあることです。けっこう具体的だし、日本で成功してる友人もおりますという、「厳しいけど道はあるはずだ」と思える内容です。すべてを正しいと言う気もないし、鵜呑みにする気もありませんが、ここまで踏み込んで「ではどうすればいいのか?」を書いてくれている本は珍しい。他の本だと「自分で考えろ」なんてお茶を濁して終わってもおかしくないんですけど、真正面からぶつかって答えを教えてくれています。これが千円もしない本で読めるのは驚異的!!

2013年5月22日 (水)

RIN/萩尾ノブト「とりしまっていこー!」

ひと晩で3回の職務質問を受けたことがある八橋壮太朗です。千代田区は警察官がいっぱいです。


とりしまっていこー!
原作 RIN
作画 萩尾ノブト

しばらく読まなくなっていた雑誌ヤングアニマル(白泉社)を、再び買うようになったのが、「とりしまっていこー!」です。昔に比べれば、ほとんど漫画を読まなくなりました。久しぶりに読もうかと思って書店で手に取ったら、連載第一回目。こりゃ運命でしょう。買いましょう。買いました。それからしばらくたち、惜しくも完結となりましたので、コミックス購入完了とともにご報告です。

勝ち気過ぎる女刑事“いちず"と出世コースをドロップアウトした“UMA"。吉祥寺署の問題刑事ふたりが、難事件を解決する……!? エロスにまみれた(?)オフビート刑事ドラマ!! 2013年4月刊。
Amazon内容紹介より引用

刑事モノなんですが、芝居の嘘と勢いでよくわからないけど解決するという、主人公ふたりの愉快なキャラクターを楽しむ作品です。ぶっ飛んでるキャラなのに、真面目で情が厚い描き方になっているので、アクセルとブレーキの踏み分けが難しそうな印象でした。登場人物に愛着が持てるので、もうちょっとダラダラして長く続けて欲しかったです。4コマ漫画として復活していただきたいです。

コミックスにして全3巻ですが、だんだん面白くなって行くだけに、無念。2巻では調香師の小西が出てきて、ニオイフェチでファザコンそして画的にも一番好きなキャラです。親子関係と事件が絡んでくるところでもあって、盛り上がってきたぞー!となります。3巻では偽善キャラのサッカー選手の事件が起こります。事件の中では、ここが一番好き。UMA君も更正します(笑)。3巻が一番面白い。終盤に勢いが加速するので、フィクションを楽しめる人には後半ほど面白いという、なんで続かないんだ!と詰め寄りたいのですが応援が足りなかったのでございましょう…。

ちなみに、甲斐谷忍さんの「翠山ポリスギャング」を読み直したくなる作品でした。というか読み直しました。刑事モノは良いっすね!

2013年5月20日 (月)

大友啓史監督「るろうに剣心」

振り返ればサツがいる八橋壮太朗です。

劇場公開時に見に行けなかった映画「るろうに剣心」をブルーレイでレンタルしてきて見ました。見られずに返却になりそうでしたが駆け込みでなんとか見終えるという始末…。


るろうに剣心
監督 大友啓史
原作 和月伸宏「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」
脚本 藤井清美 大友啓史
音楽 佐藤直紀
出演 佐藤健 武井咲 吉川晃司 蒼井優 青木崇高 綾野剛 須藤元気 田中偉登 奥田瑛二 江口洋介 香川照之

雑感から。
・和服を着たくなる
・佐藤健君がかっこいい
・原作の登場人物の雰囲気がけっこう大事にされている
・ござるよ。ござる。言いたくなるでござる
・武井咲ちゃんは原作の雰囲気に近いけど和服が似合うのは蒼井優ちゃんのほうかも
・お金をバラまくのは大森南朋さんにやってほしかった(笑)
・劇場で見た方が楽しめたと思う
・原作を知らないと入っていけないかもしれない

とにかく和服がステキ!メインキャラクターが若い美男美女みたいな感じなのに和服が似合うのです。若くて和服が似合ってる映像作品っていうところが新鮮でした。佐藤健くんが原作どおりのイメージで、いやー、かっこいい。俳優さんのかっこよさ、かわいさがウリの作品でした。

いろんな人から「アクションシーンがすごい」と聞かされていたので、妙に先入観が出来上がってました。確かにスゴいですね。時代劇の殺陣っていう感じではないですね。

しかし実は、とても複雑な心境でもあります。葛藤の動機付けがあんまり無くて、原作を知っててナンボという感じがあったので、原作ファンに向けた作品だったのかもしれません。お子さん向けのアクション映画としては重たいし、原作を知らない人には感情移入はともかく、動機を汲み取るのが難しいというか、勧善懲悪な感じも薄いし、どうにも落ち着かないすっきりしない。原作とセットで見てはじめて楽しめる作品ではないでしょうか。

でも劇場で見たら面白かったんだろうな、と思えるところも多かったと思います。前半は雨のシーンも多くて、映画館のサウンドシステムで聴いたら最高だったはず。アクションも、大きなスクリーンで見てはじめて満足できるような動きが多かったと思います。クローズアップしてる画が少なめだったんで、テレビで見ると迫力が減ってる気がします。劇場で見ればよかったな〜!!

るろうに剣心 豪華版 [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2012-12-26

by Amazon

2013年5月16日 (木)

クローズアップ現代「めざせ、5時まで管理職~脱・長時間労働の実践」

おにぎり大好き八橋壮太朗です。

2013年5月14日(火)放送のNHKクローズアップ現代でとってもゲンナリしました。

クローズアップ現代 No.3346
「めざせ、5時まで管理職~脱・長時間労働の実践」
2013年5月14日(火)放送

過労やストレス、少子化、孤独な子育て、そして経営の悪化…。今日本が直面する社会問題の根底にある大きな原因の一つが、サラリーマンの「長時間労働」だと言われる。今、多くの企業で、長時間労働を経営リスクととらえ、会社全体で働き方を変えようと取り組むところが増えている。生産性の高い、イノベーションが創出する風土にし、様々なリスクを回避したいというのが理由だ。しかし「わかっちゃいるけど、帰れない」。それは何故か、どうしたら変えられるのか。鍵を握るのは粘土層と呼ばれる「管理職」。番組では、実際に管理職の意識改革に取り組んだ企業の事例や、“定時に帰る管理職” が職場を変え、業績を上げたケースを通じて、長時間労働と決別するためのヒントを探っていく。

引用元 http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3346.html

端的に言うと、具体的に2社の事例を挙げて、労働時間を短くするためには管理職が早く帰るのがポイントだった!早く帰れると仕事以外の生活が充実して、それがアイデアの源泉になったりしていいことも増えるという内容でした。

なぜゲンナリしたのか。大きく分けて2つあります。

その1。番組ではこんなことを言ってました。「残業を減らすには、社員ひとりひとりのマインドの問題じゃない。管理職が業務内容を把握して業務時間を調整したほうがいい。そして管理職が早く帰らないと部下も帰らない。」当たり前だろ?それが管理職の仕事じゃないか?管理職が早く帰らないと部下も帰らないのもボクが子供のころから言われていることじゃないの?昔から管理職はマネジメントしてないんだな、仕事してないんだな、と思わされる。ゲンナリ。

その2。番組では早く帰ることを実現している企業を取材していました。しかし、上っ面だけの事例紹介としか思えなかった。業務内容、ワークフローについては何も触れていません。ゼクシィの編集部が取り上げられていましたが、管理職は早く帰っているのに部下は早く帰ってないよね?管理職が帰っても仕事している部下ばかりという、「管理職が早く帰ればみんな早く帰れる」という見立てが成立してないんじゃないかなあ。そもそもリクルートの雑誌の編集部が早く帰れるととても思えないですけど。まあ、仮に早く帰っているとしようか。編集部が19時に仕事を上げているとしよう。実は18時とかにデザイナーとかにメールと電話して「明日の朝までにやっといて」とか言ってるんじゃないの?早く帰る代わりに下請け業者はそこから夜に仕事してるんじゃないの?番組の内容からそういう部分が拾えそうなワークフローの紹介は一切ありませんでした。どうも都合のいいところだけツマんでるよね。そういうもんだとは思うけど、改めてゲンナリ。

社会全体が朝~夕方で仕事をしているわけではないので、労働時間を短縮するには24時間営業をしつつ、時間でシフトを組んで、業務を引き継ぐことしかないと思っています。大手企業が労働時間を短縮しても、下請け企業は夜の間に仕事をさせられるんです。「朝までにやっといて」で帰っちゃう。

久しぶりに深くゲンナリする回のクローズアップ現代でした。

2013年5月15日 (水)

橋本一監督「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」

はじめてパドックを見たのが札幌競馬場だった八橋壮太朗です。



監督 橋本一
原作 東直己
脚本 古沢良太、須藤泰司
出演 大泉洋、松田龍平、尾野真千子、渡部篤郎、ゴリ
制作 東映東京撮影所

上映時間120分の気持ちのいい映画でした。いつも通り、雑感から。
・アクションが多い
・テンポがいい
・話がしっかりさせてある上で、大いに遊んでる
・いい。
・これ、フィルムで撮影しとる?
・気づけばいいオッサンになってきたね、大泉洋さん。

橋本一監督は、今も上映中の「相棒シリーズ X DAY」も監督されていて、手がけた作品2つが同時に全国で見られるというスゴいことになっております。

一作目よりは、シンプルでコンパクトな印象でした。ただ、持ち味は引き続き期待通り。満足して劇場をあとにできました。たぶん、1にも2にも、大泉洋主演というのが入り口になっていると思いますが、良い意味でのデタラメ感が最高です。夜の街とは言え、拳銃やサブマシンガンをぶっぱなす。とくに理由もなくセクシーなサービスシーンが入る。そこを自然に見せてしまうデタラメ感がいいんです。無駄にセクシー、無駄に馬鹿で暴れる。デジタル上映されているのに中でやっていることは昭和ですがな…なのに古くさくないという。やり過ぎもしない。ストーリーも、薄くも厚くもない適度な感じで、エラそうな言い方ですけど腕がいい人たちが作ってるんだろうなあ、しかも予算やスケジュールもコンパクトにしつつ制作してるんだろうな、と感じました。

冒頭でお話に引き込む流れと、お話の伏線をたたみ始める終盤の流れが秀逸。なんも考えないで楽しんで見られます。これがエンターテイメントだ!(と言ってみたかった…)

完璧なネタバレを始めますので、なんとなくの情報だけ得たい方は、ここで読むのをやめてください。

お話をサラっと書いておきます。大泉洋演じる主人公の探偵はススキノで行きつけの店があった。いわゆるオネエのお店で、篠井英介さんと佐藤かよさんとゴリさんというラインナップ…。お客さんを楽しませるためにゴリねえさんが始めたのがマジック。がんばりすぎて腕がプロ級になり、テレビのマジックコンテストで優勝しちゃう。それで有名になってしまったゴリねえさんは2日後に殺されてしまう。警察が捜査するものの、犯人逮捕には至らず。そこで、お店の常連客だった探偵が、相棒の松田龍平とともに犯人捜しを始める。すると、同じように犯人捜しをしていたバイオリニスト尾野真千子さんと接点ができ、合流することになる。情報を集めてみると、どうやら地元議員の渡部篤郎さんとゴリねえさんが昔付き合ってたという話が出てくる。それがバレそうになって、支援団体とかに消されたんじゃないかという筋書きが見えてくる。

ぜんぜんサラっとしてませんでしたね…。事件そのものの真相は、フタを開けてみればストレートそのもので、思いのほかアッサリしてます。そして仕事の依頼人女性(バイオリニスト尾野真千子さん)の話が本筋として全面に出てきて、風呂敷をたたむ。お話の構造が前作と似ていて、持ち味があるっていいなあと思いました。

オシャレな映画とはとても言えないですけど、小説の世界を気持ちよく映像化した楽しくて面白い作品です。

探偵はBARにいる 【Blu-ray1枚+DVD2枚組】「探偵はここにいる! ボーナスパック」
アミューズソフトエンタテインメント
2012-02-10

by Amazon

2013年5月13日 (月)

ドラマ「鴨、京都へ行く。」どうしても書いておきたいこと

ノマドって蚊取り線香だと思ってた八橋壮太朗です。

なんだかんだ言って4話目まで見たドラマ「鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-」(フジテレビ)について、どうしても書いておきたいことがあります(もう見るのをやめましたので…)。

主演の松下奈緒さんが演じる主人公の設定にどうしても噛み付きたい。東大卒で財務省のキャリア官僚になったばかりなのに、母親が病気で急逝してしまったため、実家である老舗旅館を継ぐことになります。負債がふくれあがっていて、債権者が明け渡すように迫るものの、立て直すという話のようです。

この実家が京都の老舗旅館で、京都のシキタリが満載という環境です。主人公は、このシキタリが嫌で旅館に興味もなく、地元を出て東大、そして財務官僚になったようです。そんなプライドも実力もある主人公が、地元のシキタリが一切分からず立ち往生する…。

…んなわけあるかいな!!
シキタリが嫌だから出て行った。だからこそ、それぐらいよく分かっとるわい!!

これを書いておきたかった。4話まで見た限りでは、そこ以外が豪華に見えるだけに、もったいない。もったいなさすぎる。「東大卒の財務キャリア官僚(新米)が、旅館だと使えない素人」っていうのにもイライラしてしまいました。専門家を違う畑に持って行けば素人だろうけど、一応アタマも良ければ社会人経験も少しはしていて、仕事もデキてたんですよ? 素人でも、もっと動きはいいはずです。財務官僚とか若手社会人をそこまでバカにして気持ちいい?気持ちよくないっすよ。

東映とフジテレビが一緒になってやってるようですが、東映は京都でお店を広げて何年だ?ボクが生まれる前からあるよね?というのを考えると、フジテレビが東映にカネ出させて好き勝手やってるようにしか見えない…。なんと惜しいドラマなんでしょうか。

もう、役者さんやスタッフさんがもったいなくてしょうがない…。無念。

2013年5月 9日 (木)

いしづかあつこ監督「さくら荘のペットな彼女」

使う前からボロ雑巾の八橋壮太朗です。


さくら荘のペットな彼女
監督 いしづかあつこ
原作 鴨志田一
シリーズ構成 岡田麿里
キャラクターデザイン 藤井昌宏
声の出演 松岡禎丞 茅野愛衣 中津真莉子 高森奈津美 櫻井孝宏
プロデュース GENCO
アニメーション制作 J.C.STAFF

2012年10月から2013年3月まで半年間にわたって放送されたアニメ「さくら荘のペットな彼女」。寮がある高校の学園ラブコメです。キャッチコピーが「自分じゃぱんつもはけない。そんな天才少女の飼い主になりました。」ということもあって、えっちで変態なイロモノ作品なのかと思っていたら、それはツカミの部分なだけで、ものすごく楽しく面白いアニメでした。もちろん、ぱんつもはけないってところから始まるんですが…(笑)

この作品は、「とらドラ!」以来久しぶりにGENCO+J.C.STAFFのやわらかい持ち味に回帰させてくれました。この色使い!絶妙なデフォルメ感。安定感があるのにポップという素敵なトーンです。キャラクターやストーリーも、けっこうあったかい。全体的にやさしい。スタッフの女性率の高さが出ている気もする。画のトーンがフィットするのは、たぶんですけど「2Dグラフィックス」としてクレジットされている向井吉秀さんのお仕事なのかもしれない。画が好きだな、と思う作品は、だいたいこのお方の名前が入っております。撮影監督より影響力デカイ?

中身と関係のないことばかり言ってしまいましたが…ストーリーもけっこう好きです。芸大の付属高校(の寮)が舞台で、登場人物は絵が描けたりゲームが作れたり、多彩です。多彩なだけに、才能やものづくりの姿勢みたいなもの、悩みとか、評価とか、嫉妬とか、コメディの裏にいろいろうごめいております。ラブコメと言われているみたいですけど、ラブよりコメディが強いっす。芸大の付属高校という流れで個性的なキャラクターが満載で、ノリツッコミで主人公が弾ける。終盤はしっとりしていて、ネタバレさせないで表現するのが難しいですが、卒業して行く先輩とか、主人公の自分探しみたいなのとか、さくら荘(寮)がどうなるのかとか、期待通りの物語。

原作を読んでいないので、どこまでアニメとして作ってるのか分からないですけど、笑えるやり取り、ボケとツッコミ、めちゃめちゃツボです。

そういえば、と言うのもなんなんですが、エンディングテーマ曲がけっこう好きでした。鈴木このみさんの「DAYS of DASH」。メディアファクトリー恐るべし。

最後に…。レンタルとかパッケージ売りでは収録されるのか分からないですが、提供バックで遊ぶ番組でした。録画して飛ばして見てた人は、そこだけ見直すと意味がわかっていただけると思います。サービス精神旺盛で最高。世間的にウケが良かったのかは良く分かりませんが、ボク的にものすごくツボった作品でした。

さくら荘のペットな彼女 Vol.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2013-01-30

by Amazon

2013年5月 7日 (火)

なぜテレビはつまらないのか

テレビ大好き八橋壮太朗です。

「テレビがつまらなくなった」というセリフを、ここ何年も言っていたし聞かされてきました。バラエティがつまらないとか、ドラマが原作の劣化版だとか。みなさん、つまらないと言いながら、なんだかんだ言ってチェックしてるんですね。面白いと思う番組を録画してチェックしているボクからすれば、依然としてテレビは面白いです。

テレビがつまらない理由は簡単でした。「テレビはボクを相手に放送してくれなくなりました。」

ボクたちは歳をとります。若い頃に刺激的なテレビ番組が面白いと思っていたとしたら、だんだん世の中が変わってきたのに、いまだに「昔のほうが良かった」と言っているだけでした。付き合ってる彼女に「元カレの方が良かった」と言われてるようなもんでしょうか。

年齢とともに、見たい番組は変わりました。中高生のころにクローズアップ現代を面白いと思って見るような人間ではありませんでした。ボキャブラ天国が見たかった。元気が出るテレビが見たかった。学校に行って、「昨日のニュース7見た?」とか言わない。でも、もう歳なので、クローズアップ現代が面白いんです。仮に、今「元気が出るテレビ」を放送してても、たぶん見ないです。

いつまでもゴールデンでやってるバラエティ番組が面白いというステレオタイプの中で生きているのは、あまりオススメできません。バラエティ番組は昔からクダラナイ。馬鹿をやってみせる芸人とか、ツマラナイんです。もともと。ただ、若い頃のように、家と学校の往復でネットもケータイも無い昭和時代は、漫画か音楽かテレビしか娯楽が無かったんです。面白いと思うのは当然です。そして、クダラナイ番組、バカをやってみせる芸人は、辛い日常を送っている人たちには必要なんです。部活でレギュラーから外されて落ち込んでいたり、バイトでミスして落ち込んでいたり、彼女にフられて傷ついているような時に、おどけて見せるバカでクダラナイ番組が必要なんです。社会人になって稼ぐようになって、酸いも甘いも分別がつくようになった人には必要がなくなったのです。

「どの番組も同じように見える」と言う人の感覚はとてもよくわかります。「少女漫画の登場人物がみんな同じに見える」という表現と似たようなものです。キャプ翼は難易度が高いですが…。鈍感力がついて、同じようにしか見えない。いろんなものを知ったオトナには、差が無くなったのです。マクドナルドのハンバーガーも、ロッテリアのハンバーガーも、同じように見えるんです。

なぜテレビはつまらないのか。それは満たされた人間になったからです。くだらないテレビから卒業をしたのです。とても幸せなことです。卒業生が、現役生に文句を言うのは、そろそろ控えたほうがいいのかもしれない。

ありがたいことに、面白いテレビ番組はちゃんとあります。それを見つけられるかどうかは、スマホを使いこなせないのにスマホを買って、欲しいアプリが無いと言っているのと同じです。デジタル放送になって、番組検索が簡単にできるようになりました。自分に合った番組を検索して、試しにいろいろ見てみてはいかがでしょうか。確かに、平均的にテレビは劣化していると思いますが、そんなに元々、テレビ見なかったでしょ?(笑)

2013年5月 2日 (木)

塩谷直義監督「PSYCHO-PASS サイコパス」

へっぽこ実験アニメーション、八橋壮太朗です。

4月になって、新しいテレビ番組が始まりましたが、今回は完結した作品について書いておこうと思います。


PSYCHO-PASS サイコパス
監督 塩谷直義
総監督 本広克行
脚本 虚淵玄、深見真、高羽彩
声の出演 関智一、花澤香菜、櫻井孝宏、ほか
アニメーション制作 Production I.G

フジテレビのアニメ番組枠「ノイタミナ」で2012年10月から2013年3月まで全22話として放送されました。「踊る大捜査線」でおなじみの本広克行さんが総監督ということと、まどマギでメジャーになった虚淵玄さんが脚本するということで、注目を集めていたようです。

簡単に内容を言うと、近未来なSFな日本で警察が事件を追うお話です。

冒頭の5話〜6話までぐらいは、正直なところ見ていてサッパリ作品に入っていけない。SFな設定の専門用語がよくわからない説明とともに繰り広げられる。そこに主人公が誰なのかも定まらない感じなのが悩ましかったです。丁寧な説明をされても面白くない反面、じっくり見ててもモヤモヤするという話の運びだという印象でしたが、ともかく中盤からは面白くなってきます。因縁の犯罪者を追う捜査官、新人捜査官の悩み、SFで悪者を自動判定するシステム、このあたりが葛藤の中心となっていきます。最近の番組が1話1話で分かりやすくて話の落ちをつけていくことを考えると、伝統的な作り方をされているなと思います。

SFの中核は「シビュラシステム」というもの。社会の基盤となっているシステムで、「サイコパス」(人の内面)を分析するシステムが社会に構築されている。このシステムは「犯罪計数」(人が罪を犯す度合い)を判定することができるスーパーコンピューターのようなもので、犯罪を犯す前に判定し、捕まえたりできる。「潜在犯」と言って、悪巧みをしているだけで「犯罪計数」の数値が高くなり、逮捕できる。このシビュラシステムは誰に対しても100%完璧に使えるのか?シビュラシステムに欠陥や欠点は無いのか?シビュラシステムの判定は正しいのか?という部分が、ストーリーの展開とともにジワジワ効いてくる。

あんまり良い言い方では無いですが、ザックリ言うと映画「マイノリティ・リポート」みたいなエッセンスがあります。ただ、正義って何だみたいな部分よりは、主人公となる捜査官たちの個人的な人生観、職務観、因縁という部分に帰着していくので、後半は見やすくて面白いです。前半は、いわゆる普通の事件を追う感じにしてくれたら良かったのにな…。

毎週見ていると、よく分からなかったんですが、一気に見ると結構面白いので、レンタルなどでご覧になるのはオススメです。

付け加えると、主題歌が作品にマッチしていて、けっこう好きでした。オープニングもエンディングも。近未来でカッコいいアニメって、すでに近未来的になっている現代では作るのが難しいと思います。そこに敢えて挑戦していたり、毎週毎週視聴者に媚びるようなツクリでも無かったので、全部見てようやく好感が持てるという骨のある作品でした。

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】
東宝
2012-12-21

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ