« 「高校入試」@フジテレビ | トップページ | 音楽熱帯夜 YUKI LIVE in TOKYO DOME 〜10th Anniversary〜 »

2013年1月 9日 (水)

TwitterとFacebookと津田マガとiPadと電子書籍

加湿器が無いと冬が乗り切れなくなった八橋壮太朗です。

年頭ごあいさつは、簡素なものを先日掲載しました。年頭というタイミングで書いておきたいことが他にもあります。Twitterのこと、iPadや電子書籍のこと。自分の考えを総括するつもりで記しておきたいと思います。

●Twitterは好き、Facebookは嫌い
ぶっちゃけますけどTwitterは好きでFacebookは嫌いです。Twitterは無意識な自分までも反映する上に、使うのが簡単です。Facebookが嫌いな理由はインタフェースです。コロコロ変わるプライバシーポリシーや、時系列に出来事を拾えているのか把握できない。よく使ってる人ですら「メッセージが来るごとにメールが飛んでくるのはやめられないのか」「メッセージが来たのに気づかなかった」などと言うのを聞きます。そして使い慣れた頃には、「改良」と称してインタフェースが変更になる。いやいや。もういいっす。Facebookは、普段連絡を取り合わなかった旧友、新しく知り合った人と連絡を取り合うのには便利だし楽しいと思いますが、普段から連絡を取り合う人たちと使うには、あまりにも使いにくいし読み忘れもする。そういう人とは、mixiのほうがよっぽど良いと思うんですよね。実名主義の便利さと、海外の人との繋がりを楽しむという部分しかFacebookの良さがないと思っています。
対してTwitterは、使い慣れるまではサッパリでしたが、慣れれば簡単だし、時系列だし、気軽だし、見るのも投稿するのも簡単です。すばらしいですね。

楽しむのも怒るのも半分は自分次第。去年はTwitterをかなり激しくやっていましたが、今は控えめです。もともとはデジタルガジェット情報を仕入れたり交通情報をフォローしたりでした。東日本大震災をきっかけにジャーナリストのフォローが一気に増えました。そうすると「それは正しくない」「それはデマだ」みたいなやり取りも多いし、中傷するようなツイートも多く拾うことになります。もともとボクは、こんなコタツ記事を書いているのもあって、人と議論をする気もなければケンカに関わる気もありません。デジタルガジェットとかお酒の話題が中心だったころに比べれば、とてもTL(タイムライン)が荒れます。たまに口出ししたくなるんですが、冷静にスルー。ためになるアカウントだと思ってフォローしていても、荒れるもんは荒れます。それよりも、役者さんや漫画家さんをフォローして、たまにリプライなんか貰った日には、幸せ時間が到来です。要するに楽しく面白く使うのも、荒れつつ社会情報を入手するのも、半分は自分次第です。ホントは100%自分次第と言いたいところですけど、何もしてなくても絡まれたり荒らされたりしますから。

それに、ジャーナリストや、社会問題について発言しているアカウントなどに関連して、つぶやいたりフォローしたりしても、ロクな事がありませんでした。結果論ですが。こちらもコタツ記事を書いてる身としては、便所の落書き並だと自認していますけど、前向きでポジティブなこととか、フォローして良かったなということがほとんど無いし、むしろ変なスパムが届くことが増えるなど、反面教師さんがやたらと多い。ということで、太田光代さんのツイートを読んでると、心が洗われることもあるんですが、そんなアカウントを見習っていきたいです。

●津田マガは、もう懇意にしていません
昨年は、クオリティの高さに心を打たれて「懇意にしている」と連呼していた津田マガ(津田大介さんのメルマガ)ですが、ハッキリと「もう懇意にしていない」と言っておきます。メルマガの模範どころか、構成/編集から扱うテーマまでホレボレしていました。でも、昨年の夏過ぎ(編集さんが変わってきたころ)からボクの期待する内容ではなくなりました。それでも創刊準備号から続けて購読していたボクは、いまでも読んでいますが、懇意にはしていません。去年は持ち上げる記事を何本か書いていたので、そこはしっかりと明言しておきたいところです。津田マガは変わりました。とりあえず、編集者が変わってボクの求めていたものが無くなったのが大きな理由です。そして、確実に追い打ちをかけたのが11月。本の発刊にかこつけて、メルマガの刊行ペースが延び延びになるにもかかわらず、「遅れるって言ったじゃん」みたいなことを平気でおっしゃる。そこをTwitterでツッコミを入れるつぶやきをしていたら、それなりに事情があって大変なんだという反応があったものの、とてもサラリーマンには許されない甘い言い訳の連発。そして決して非があるようなことは言わない。別に、毎日同じ時間に出勤してコツコツ仕事してるほうがエラいとか思っていませんけど、あまりにも実直に毎日通勤通学している人たちには許されない泣き言にしか思えなくて非常に残念な気持ちになりました。正直、「これじゃバカしか購読しなくなるよ?」と思ってしまいました。完璧にボクの主観ですけど、彼の中ではメルマガが最も優先順位が低い扱いなんだと思えて仕方が無かった。読者としてイライラはつのるばかり。そんなときにボクは「毎月カネ払ってるんだから」と言わんばかりに上から目線の失礼な読書感想記事を書いたんですが、心ある友人から「いくらマズいカレー屋で食ったとしても、本人に聞こえるような場所でレトルトカレーのほうがマシとか言わないだろ」と言われ、カネ払ってても失礼なもんは失礼だなというところに至り、年が明けるまで彼には触れないようにしていました。おかげで、今では津田マガも津田さんもボクの日常には必要ないコンテンツです。それでも購読を続けるボクに、その心ある友人は「マズいメシ食わされたんだから、黙って解約すりゃいいんだよ」と言って迫ります。「いやいや。完璧な人間などいませんから!」「少なくとも敵ではありませんし味方でいたい」と言って、購読を続けています。

ちなみに、津田さんについては、とても悩ましく思うことがあります。それはカネのこと。
・デジタル日記を読んでも分かる多忙さなのに「儲かってない」とおっしゃる
・政治メディアを作るにはカネがかかる
・そもそも津田マガは文章量を考えれば安い
・金儲けは良いことなので、どんどん儲けてほしい
こんなふうにボクは思っているのですが、何が悩ましいかというと、あんなに多忙なのに儲かってないというのは、「貧乏暇なし」みたいに思えますけど、なんだか下手に応援してムリさせてるんじゃないかと思えてくるのです。儲かってる人ほど「儲かってない」と言うのが常套ですから、それならそれで良いんですけど。ホントに儲かってないなら、諦めてコストダウンしてガッポリ儲けてから再度チャレンジしてもらいたいものです。何度も言いますけど津田マガは「カネ返せとは言わないクオリティ」ですからね。

●RetinaモデルのiPadは、今の大きさのモデルが出るのは最後かもしれない
昨年は、年明けにiPadがRetina化し、秋にもモデルチェンジが行われるなど、タブレット端末で幅を利かせるAppleと言えども競争の激しさがストレートに出ている気がします。とても人気になったiPad miniですが、モニタの解像度が低いので、初代iPadユーザーとしては拍子抜けです。物理的な意味では軽くて薄い、良い製品だと思いますが、この流れだと通常の大きいiPadはハイエンドモデルになってしまいそうな気がします。要するに、将来的にはiPad miniが高解像度化し、最も主力になるのではないかと思います。今のiPadは、残っていても、あまりモデルチェンジされないポジションになりそう。ちょうど、初代iPodの流れが、iPod Classicとなったように。

そうすると、ボクとしてはあまり歓迎したくない流れになりそうです。どういうことかと言うと、電子書籍に見開きという概念が無くなってしまいそうだと思うのです。今のiPadなら雑誌の見開きでも小さい文字をストレスなく読めるレベルですが、iPad miniなら、どんなに解像度を上げても、雑誌見開きは厳しいと思うのです。すると、片面ページ表示が基本となるでしょう。紙の本が好きな人ほど、見開き表示は捨てきれないんじゃないかと思います。ボクは漫画が好きなんですが、漫画ほどページめくりを意識した本は無いと思うんですよね。いい加減、文字の大きさやフォントが可変(ページ区切りが可変)なことを「良い機能」として扱うのはヤメて欲しいと思います。大きい文字で読みたければ、大きい端末を買う、それが本来のありかたではないでしょうか。漫画のフキダシの大きさが自由に調節できる本とか、いらないですからね。テレビに「テロップ文字の大きさ設定」が無いことと一緒です。

ということで、ボクの希望は現行iPadの軽量化であって、iPad miniの高解像度化ではありません。

●電子書籍は3DO、良くてもドリームキャスト
ボクは電子書籍で成功したのはケータイ小説だと思っています。ケータイユーザーに、テキストベースでうまくいったサービスだったと思うのですが、これはポケベル時代を思い出させてくれます。デバイス(道具)があれば、それで最大限できる使い方をユーザーが発見し、定着していた時代だったと思います。でも、今はスマートフォンの時代。できることは一般消費者の考えられる範囲以上でしょう。昨今の電子書籍の熱というのは、ゲーム機のプラットホーム争いを思い出すと良いと思います。そして、今出ているタブレット端末や電子書籍端末は、3DOやPC-FX、ドリームキャストばかり出ていると思えばわかりやすい(むしろ分かりづらくしているかもしれませんが…)。物好き、新しもの好き、業界関係者なら買うかもしれませんが、ファミコンやプレイステーション並みの「一般消費者でも買う気になるプラットホーム」は、まだ登場していないと思います。思い出してください、ファミコンで株取引や馬券購入ができた時代を。ゲーム機に株取引や馬券購入するユーザーを引っ張ってくるのは大変だったと思いませんか。であるからして、電子書籍は従来の紙の本が好きな人を呼び込むのがキモでしょうし、だからこそKindle Paperwhiteやkoboがリリースされているのだと思います。この流れは、間違ってはいないと思うのですが、ここでこそゲーム機を思い出して欲しい。端末、つまり媒体は、どういうユーザーを中心に受け入れられているのかを。ボクは、デジタルデバイスに「本」という「ページ概念」があるものを持ち込むことこそが、「ファミコンで株取引」と似たようなスタイルになっていると思っています。ある意味、電子書籍が書籍であればあるほどデジタルデバイスに向いていないんじゃないでしょうか。すでに、ボクたちはスマートフォンやタブレット端末でテキストや画像を読むし、見ています。Webの記事やメールは、主にテキストを読んでいるわけです。であるならば、テキストコンテンツは、そのような形態で読めれば良いわけだし、文章量や構成/編集だって、それ用に最適化されてしかるべきだと言いたいのです。

そういう意味で、ずっと言い続けているのが「ページの概念」です。紙の本は「何ページの何行目」というのが、変わることはありません。でも、昨今のフォントサイズが可変で、行間まで可変なんていう電子書籍では、逆に使いづらさが際立っていると思います。何度も言いますけど、大きく読みたいなら大きい端末を買いましょう。そして、縦書き不要論があるように、ページも不要なんじゃないかと思うんですよね。テキストの読み物は、ページという概念を突破できないと、デジタルデバイスでは一般化しないかもしれません。そういう意味で、漫画はページという概念をそのまま持ち込むか、新しいコマ割りの手法が開発されるかしないと受け入れられないかもしれません。

いずれにしても、今の電子書籍は消費者を向いていない、向いていてもそれは3DOやPC-FXにしか見えないということであります。

ということで、2013年の最初の駄文となりました。今年は、ゆるふわキャラを目指して書き方も変えて行きたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。キラッ☆ ← これはゆるふわと呼べるのか?

« 「高校入試」@フジテレビ | トップページ | 音楽熱帯夜 YUKI LIVE in TOKYO DOME 〜10th Anniversary〜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/48674032

この記事へのトラックバック一覧です: TwitterとFacebookと津田マガとiPadと電子書籍:

« 「高校入試」@フジテレビ | トップページ | 音楽熱帯夜 YUKI LIVE in TOKYO DOME 〜10th Anniversary〜 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ