« ヨーロッパ企画「月とスイートスポット」@本多劇場 | トップページ | 「捜査地図の女」@テレ朝 »

2012年12月18日 (火)

エウレカセブンAO@MBS

猫目の女医さんが好きな八橋壮太朗です。

サイマルクリプト運用の邪魔を受けつつも、奇跡的に全話を録画できた「エウレカセブンAO」を見ましたのでメモしておきたいと思います。

エウレカセブンAO 1 (初回限定版) [Blu-ray]
エウレカセブンAO
監督 京田知己
原作 BONES
アニメーション制作 BONES

何が注目で録画していたかというと、シリーズ構成、ストーリーエディター、脚本として會川昇師匠(勝手に師匠よわばり)が活躍されている上に、SF設定を堺三保という、なんとも玄人づくしな気がしたからです。その割に、特撮とかSFとか、ほとんど見ないんですけどね、ええ…。

毎週見てたわけじゃなくて、録画を一気に見たのですが、なんとも絵柄の安定していること。よく毎週オンエアしてましたね。

注目のストーリーは、正直、最初の5話分ぐらいは全然入っていけなくて困ったんですが10話ぐらいから一気に盛り上がってきます。描き方の土台がしっかりしていて、中盤から面白くなってくるという、お話のツクリがちゃんとしてるタイプの作品ですね。だいたい冒頭でつまらないとか思ってても、数話踏ん張って消化してると、中盤から面白くなるのは玄人仕様です。なるべく主人公視点を維持しようと頑張っているのも伝わってきて、「これだよコレ!」とかエラそうに思うこと多々。シリーズ前作を見てない俺でも楽しめる、すばらしいツクリ。ありがとう會川昇師匠…。

音楽がテクノっぽい流れがあって、なんかアニソンという感じとはひと味変えてきた感じですね。それだけにアニソンっぽい曲が逆に違和感を感じたんですが(大人の事情という)ご愛嬌なんでしょうか。音楽を、もっと偏らせたほうが良かったんじゃないかなあ。

専門用語をもうちょっと減らせば、お客さん増えそうな気がするんですけど気のせいでしょうか…。

あと、「クォーツ」と呼ばれるアイテムが出てくるんですが、「これ、Super8で出てきた宇宙人の乗り物用パーツじゃねぇか」と思ってた次第です。いろいろオマージュとか多くて分かる人には面白い部分が大量にありそうです。たぶんボクはスルーしてた部分が多かったんだろうなあ。

時間や空間をいじりまくるSFですけど、最後は優しくまとめてくれました。
OVA向きの制作陣な気がしました。そこを連続アニメにするウデが鳴っている気がします。オススメです。

« ヨーロッパ企画「月とスイートスポット」@本多劇場 | トップページ | 「捜査地図の女」@テレ朝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/48376348

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブンAO@MBS:

« ヨーロッパ企画「月とスイートスポット」@本多劇場 | トップページ | 「捜査地図の女」@テレ朝 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ