« iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた | トップページ | ドラマ「赤川次郎原作 毒<ポイズン>」@NTV »

2012年11月 6日 (火)

甲斐谷忍「ソムリエ」

入浴剤で一日の終わりをちょっぴりステキに演出したい八橋壮太朗です。

デビュー以来、陰ながら応援している漫画家甲斐谷忍さんが世に広く知られた最初の作品であろう「ソムリエ」について書きたいと思います。

ちょっと脱線します。Apple iPadに始まり、Sharp GALAPAGOS、Sony Reader、楽天kobo touchと電子書籍端末がリリースされていますが、大本命Amazonが国内でKindle発売開始となり、出揃った感じ。よし、俺もKindleで何か本を買ってみよう!テキストものより、やっぱり漫画を読みたいよなあ。どれどれ…。と、探していた中でピカっと光る作品。それが甲斐谷忍「ソムリエ」であります。もともと好きで何度も読んでましたから、そりゃ刺さります(^^;

ソムリエ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
ソムリエ
作 城アラキ
画 甲斐谷忍
監修 堀賢一

集英社の雑誌「MANGAオールマン」に連載されていた、日本人の天才的ソムリエが主人公の漫画です。
当時は連載が始まったあと、ワインブームが巻き上がり、この漫画を原作としたドラマも放送されました。そんなわけで、一気に甲斐谷忍さんが世間に知られたのは「ソムリエ」だったんだろうなと思います。

甲斐谷忍さんは、もともとこの作品をどういう気持ちで描かれていたのだろう。なんて、いつも思います。少年ジャンプから始まった漫画家の道だと思いますが、絵柄のステキさが少年漫画向けではもったいないと思っていたところで「オールマン」で連載開始。しかも前にも後にも、原作さんがいらっしゃる唯一の作品だと思う。それが「ソムリエ」。どんだけ読んでも原作さんがいらっしゃるとは思えない作風っぷりに、いろいろあったんだろうなあと思わせられます。

内容は、本作をAmazon Kindle等で買って読んでいただくとして、ボクが好きなのは主人公のソムリエ・佐竹がフランスで働いているパート。後半は日本のレストランにスカウトされて、舞台が日本に移るんです。フランスでのお話は、もちろんストーリーが好きというのもあるんですが、何よりも甲斐谷忍さんの描くキャラクターが激烈にマッチ。お話で満足、絵でも満足、たまらないパートです。主人公は最高に好きですけど、そのほかのキャラクターがステキすぎる。第4~5話に出てくるドイツの急斜面でもブドウ作りを頑張るハンス、大学時代の同級生アンリやブリジット。パリのレストラン「Monceau」のオヤジさん。彼らが特に好きで。彼らだけじゃなくて、フランス人どれもがステキすぎるので要注目です。舞台が日本に移っても、個性的なキャラが多くてたまりません。ワインマニアの田淵なんて最高。

なんとも好きすぎて、どう書いていいのか今でも困ってしまうなあ。

読んだことの無い方にまずお話したいのは、ワインやフランス料理について難解な知識が不要だということ。そしてそれを押し付けられることもありません。主人公・佐竹の生い立ちから触れられるドラマが基礎にあるとして、それ以外も1話1話でゲスト的に登場するキャラクターたちは、人間関係や人生を色濃く見せ付けてくれます。そのおかでもあってか、1話だけ読んでも楽しめるという、構成力の強さも感じます。騙されたと思って、1冊、買ってみてほしいです。それと、付け加えるとしたら、甲斐谷忍さんの他の作品を意識する必要はまったくないということ。野球版アカギと言われる「ONE OUTS」や、映画化までなった「LIAR GAME」と同じ人が描いているのですが、全く切り離してお楽しみください。ボクはどちらも好きですけど。

というわけで、amazonで買う本に困っているなら間違いなく「ソムリエ」です!

« iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた | トップページ | ドラマ「赤川次郎原作 毒<ポイズン>」@NTV »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47732629

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐谷忍「ソムリエ」:

« iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた | トップページ | ドラマ「赤川次郎原作 毒<ポイズン>」@NTV »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ