« 土岐麻子「WEEKEND SHUFFLE」 | トップページ | iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた »

2012年11月 2日 (金)

KENWOOD(Sotec) Afina VH7PC は良いね!

VAAM大好き八橋壮太朗です。燃焼系で年を越したいところです。

先日のELECOM製「木のスピーカー」を買った都合もあって、家電量販店のオーディオコーナーは何度か足を運ぶようになりました。変わったなと思わせられるのは、D/Aコンバータ(ヘッドホンアンプ)やBluetoothスピーカーの棚です。

ぶっちゃけ、ヘッドホンアンプは、どんなにコンデンサやDSP、チップにこだわっていたとしても、高くて買う気しませんね。だって、一番いい音を聴く環境が、我が家ではiTunesに入ってるAAC320kbpsファイルですから。基本的にはオプチカル出力(SPDIF)でパソコンから鳴らしてるんで、その先は下手な安物を使わなけりゃ許容範囲でしょう。わざわざ2万とか出して聴くような音源はウチにはありません。

Bluetoothも一応デジタルオーディオ伝送ですけど、それなりに圧縮かかってますからね。SPDIFでPCM伝送するのに比べれば、たいした音質は期待してはいけません。つまりBluetoothスピーカーは「それなりの音」が出るなら「使い勝手」を優先して気にしたほうがいいでしょう。コンパクトとか。デザインとか。

というわけで、手軽に良い音を楽しみたければ、オプチカル(SPDIF)が使えるパソコンやオーディオを選びましょう。ちなみにSPDIFって、Sony Philips / Digital InterFaceの略なんですよね。ソニーとフィリップスが共同開発したらしいというぐらいしか意味が無いという(^^;;

で、このSPDIFは接続方法であって、この方法を使って繋いだ機器同士でも、さらに音を、どんなデジタル信号にしているかは、いろいろあります。PCMっていう、基本的に圧縮という概念が無い方式もあれば、5チャンネルや7チャンネル分を1本にまとめて伝送しちゃうような方式もあったり。いろいろ詰め込もうとすると、それだけ圧縮しなきゃいけないので、何かが割を食ってるはずなんですが、まあ気にならないと思います。

ということで、SPDIFというかオプチカル入出力が大好きなのですが、パソコンに標準装備されてないことは多いです。パソコンの中の基盤には、SPDIF用のピンがついてるのも実は多いんですが、それを使えるように追加でコネクタを取り付ける必要があったり、いろいろ面倒です。今回、実はそのパソコンの中にあるSPDIFピンをいじりすぎて使えない状態にしてしまったので、残る方法はサウンドボードを追加するか、USBオーディオを追加するかという状況になりました。

ポイントは、何がなんでもオプチカル(SPDIF)を使わなきゃいけないのか?ということ。それだけで、まあまあお金がかかります。パソコンの中のピンを使ってコネクタを追加するだけでも、5千円ぐらいかかることも普通です。さあどうしよう。USBオーディオは、さっきお話したヘッドホンアンプの類になるんですよね。ケーブルや電源など、いろいろ考えると面倒っす。

そこで思い出したのがコイツ。
Vh7pc

10年以上前に発売されたオーディオです。当時Sotecが発売(製造はKENWOOD)のアンプ+スピーカーセット、Afina VH7PC。なんと、7万8万ぐらいで売ろうと思ってたらしいのですが、作りすぎて大量に余って値下げしまくったので有名な製品です。最終的には1万円を切ってたんですよね。新品で。

コイツの良いところは、KENWOODが中〜高級向けに設計したオーディオと基本的にモノが一緒ということ(アンプとスピーカーが良いってこと)と、USB接続でパソコンに繋がるということです。いわゆるUSBオーディオですね。デジタル伝送してるからと言って、音がいいと思ってはいけませんが、とりあえずパソコン本体のアナログノイズが乗ることはありません。あと、調べてみたらCDと同じ44.1kHzステレオPCMで伝送してるみたいで、十分です。

中古を捜して、久しぶりに使ってみました。発売当時はWIndows98かWindows2000の時代だったので、なんともツメが甘い音質と思っていたのですが、今はWindows7です(もう8も出ちゃいました?)。PCMステレオを鳴らしても、パソコン負荷は軽いもんです。USBデバイスもモタモタしません。なんだ、いい音じゃないか!

そこで思い出しました。なぜ、昔このオーディオを手放したのか。USB以外にデジタル入力できる端子が無いんすよ。SPDIFとか無いんすよね。それが理由で手放しただけで、音質に文句は無かったのでした。

今は、パソコン本体もファンの音がうるさい、なんて製品は減りましたので、こういうAfina VH7PCみたいな製品は、再び脚光を浴びてもいいんじゃないでしょうか。だって、中古とは言え5千円しないでフルキットが大量に出回ってますから。ホントおすすめです。ヤフオクなんかで出品されてない日は無いんじゃないでしょうか。ぶっちゃけスピーカーだけ目当てで買ってもいいぐらい。

家電量販店で捜しても、デジタル入力があるアンプやミニオーディオセットなんて2万や3万は下りません。なんかケチってますよね。デジタル入力を。4万5万出さないと、デジタル入力が無いんすよ。デジタル音声出力がついてる液晶テレビが3万4万で買えるというのに、オーディオに同じ金額が出せますか。出せませんよねえ。なんか不思議です。

« 土岐麻子「WEEKEND SHUFFLE」 | トップページ | iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47685643

この記事へのトラックバック一覧です: KENWOOD(Sotec) Afina VH7PC は良いね!:

« 土岐麻子「WEEKEND SHUFFLE」 | トップページ | iPad mini とMacBook Pro13インチ Retinaモデルを触ってきた »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ