« 津田マガの本質とデジタル水商売を考える | トップページ | 烏賀陽弘道「報道の脳死」新潮社 »

2012年10月11日 (木)

本広克行監督「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」

すべてのテレビ番組をニコニコ公式動画として扱ってほしい八橋壮太朗です。

ボクの世代で外せない作品のひとつが踊る大捜査線です。シリーズ最後となる映画を見てきました。

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
監督 本広克行
脚本 君塚良一
出演 織田裕二 柳葉敏郎 深津絵里

見納めと思って見たけれど、どちらかと言うといつもの感じ。ぜんぜん続けられるじゃない。まあ、続ければ続けるほど、過去の栄光を超えられない状態になってしまう恐れがあって難しいんでしょうけれど。

原点回帰。織田裕二と柳葉敏郎の信頼関係でサラリーマンらしさを見せつける。終わらせる気があるんだというのは伝わってくる。どっちかっていうと、平均値の高いドラマ作れるから、もっと作らせろよ!という雰囲気がしてくるのは気のせいか。あえて、連ドラとして復活してみると良いと思うんすよね。テレビドラマもっと元気出せよ!的な意味合いで。

ストーリーに関して、もっと何か言えるかと思ったんですが、こちらはサービス精神に溢れていて巧いな、と思うし期待通りだけど、特に言及することはなし。いろんな視点で紐解くことはできると思うけど、むしろ「通常営業」の力強さを見せつけられた。変に深読みするのは間違っている気がします。

とくに書き留めることは無いかと思ったのですが、いやいやいや。ありました。ヨーロッパ企画の永野君と石田君であります。石田君発見!後半でセリフもあった!よかった〜とか思いつつ、永野君がぜんぜん出てこないので、見逃してしまったんだろうとあきらめていたら…アナタ!めちゃオイシい役で出てくるやんか!その役やりたい!大事なシーンでも出てくるのかひょっとして?と思ったけど、さすがに出してもらえませんでしたね…。

ということで、ボク的に永野君と石田君をチェックして、踊るシリーズの最後をスクリーンで見届ける結果となりました。長い間お疲れ様でした。

« 津田マガの本質とデジタル水商売を考える | トップページ | 烏賀陽弘道「報道の脳死」新潮社 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47378810

この記事へのトラックバック一覧です: 本広克行監督「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」:

» 踊る大捜査線 最新情報 - Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 [Nowpie (なうぴー) 俳優・女優]
踊る大捜査線 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« 津田マガの本質とデジタル水商売を考える | トップページ | 烏賀陽弘道「報道の脳死」新潮社 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ