« デザインで買ってしまうチーズケーキ | トップページ | 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 »

2012年10月 2日 (火)

小原正和監督「アクセル・ワールド」

クリスタルを集めてドラゴンを倒したい八橋壮太朗です。

小原正和監督「アクセル・ワールド」を見終わりましたので、その感想を書きたいと思います。


アクセル・ワールド
監督 小原正和
シリーズ構成 吉野弘幸
アニメーション制作 サンライズ
プロデュース ジェンコ

いきなりカミングアウトですが、あんま好きな作品じゃないです。
ちょっとバーチャルな世界が深すぎるというか、バーチャルな世界がメインすぎて入っていけない。
世間的には黒雪姫が人気だったみたいですが、それは大賛成です。
それに、主人公がいじめられっ子キャラでゲームオタクという設定は、けっこう好き。

実は期待していたのは、話の舞台が杉並区高円寺というところでした。
われらの杉並区。われらの高円寺。
さて、どんな風に高円寺が出て来るのか。…と思ったら、駅周辺がチラチラ出てくるのと、主人公が住んでるのが「座・高円寺の裏にある高層マンション」というぐらいで、ぜんぜん出てこない。かなり切ないぐらい出てこない。まあ、実在の地域とリンクしすぎて失敗するよりは正解だと思いますけど、もうちょっと高円寺臭さを出してほしかったな。
さすがに冒頭のほうで黒雪姫が運び込まれた病院が河北総合病院ソックリで、バーストリンクした世界では廃墟のように現れるもんですから、おいおいおいおいおいおい!と叫びましたね。ええ。
でも、これを最後に杉並らしさは最終回までお預けです。ホントせつない。
まあサンライズが作ってるんだから、どうせなら上井草ですよね。

話のツクリとしては、けっこう盛り上げも引っぱりもちゃんとしてると思ったんですけど、アニメとしては視点の設定に失敗しちゃったかな〜と思いました。たぶん原作はキッチリ盛り上がってると思うんです。でもアニメとしては、スケールの扱い方に失敗したとしか思えない。現実世界とバーストリンクの世界のコントラストを、もっと見せる工夫が必要だったに違いない。特に戦闘シーンが「悪い意味での」ドラゴンボール化している。ドンパチやってるけど引っ張り過ぎ。あまりにも現実世界の日常を描くのを忘れてしまっている。キャラの心理的にも、日常感的にも、ベースを作るのを飛ばし過ぎ。

結果的には、近未来のドラゴンボールをやろうとして、高円寺という実在の場所を盛り込むのに失敗してグダグタになっちゃった感が否めないっす。

俺的に最もツッコミどころなのは、リア充でいっぱいの高円寺を舞台に、非リア充向けアニメを作ってどないすんねん!ということでしょうか。

絵柄もキャラもストーリーも、けっこう善戦していて好感はあるのに、まさに「悪い意味での」ドラゴンボール部分(ドンパチして引っ張るだけ?)が足を引っ張っている。それが総評でありました。
たぶん、このアニメのターゲットは中学生なんだろうな。主人公も中学生だし。
そういう意味で、俺はターゲットじゃなかったんでしょうね。


アクセル・ワールド 1(初回限定版) [Blu-ray]
Amazonで詳細を確認する

« デザインで買ってしまうチーズケーキ | トップページ | 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47281320

この記事へのトラックバック一覧です: 小原正和監督「アクセル・ワールド」:

« デザインで買ってしまうチーズケーキ | トップページ | 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ