« 小原正和監督「アクセル・ワールド」 | トップページ | 三毛猫ホームズの推理@NTV »

2012年10月 3日 (水)

三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」

生八橋大好き八橋壮太朗です。

ワンクール遅れてMBS系でオンエアされたドラマ「ドラゴン青年団」を見ました。


ドラゴン青年団
監督 三木孝浩ほか
脚本 上田誠ほか

ヨーロッパ企画を陰ながら応援している身としては、なんとか見なければいけないドラマであります。

正直、このドラマに関してはかなり辛口な視点になってしまいます。
上田誠兄貴が、うまいこと乗せられているとしか思えなくなってきてツラい。
でも、描いている世界は上田誠ワールドだし、以下の脚本陣や、出演者たちを見ていると、上田誠兄貴が手玉に取っているとも思えるので悩ましいところであります。
脚本:上田誠、大歳倫弘(ヨーロッパ企画)、池浦さだ夢(男肉 du Soleil)、三浦直之(ロロ)、村上慎太郎(夕暮れ社 弱男ユニット)

純粋に楽しくて面白いものの、従来からヨーロッパ企画の芝居を見ている身としては、なんの新鮮味も無いので、ただひたすら温い目で見るしかない。クリスタルでドラゴンを倒すのは好きですけど。連続ドラマとしてはどうなんでしょうか。ジャニーズ臭さを全く感じないツクリで、そこは良いですね。

上田誠(ヨーロッパ企画)×三木孝浩×蔵本憲昭(電通)という組み合わせ。
この蔵本憲昭さんというお方は、バブルでGO!から東京上級デートというホイチョイ臭がする御仁のようですが、狙いすぎて結果的にはパっとしない気がしてならない。趣味は合いそうなので仲良くなれそうな気がしますけど。仕事としてはどうなんでしょうか。

上田誠兄貴(勝手にアニキよわばり)は、四畳半神話大系でいい仕事の流れやんか、と思ってたんですが、このドラゴン青年団はどうなんすかね。なんか制作陣が貧弱すぎませんかね。アニキは「けいおん!」実写版みたいな作品がハマると思うんですけど。上田誠ワールドはハイビジョン実写には向いてないと思うなあ。アニキは実写ドラマをやるならファンタジーは封印するべきだと思いますです。どちらかというと、偏屈なキャラクターに振り回される群像劇みたいなのが向いてるんじゃないかなあ。いずれにしても、本広監督がキッチリ実写にできていることを考えると、エッセンスの問題なんだろうな。連ドラには最も厳しい立ち位置だと思います。

かなりエラそうなことを言ってしまいました。ごめんなさい。
愛のあるツッコミとして許していただければと存じます。

« 小原正和監督「アクセル・ワールド」 | トップページ | 三毛猫ホームズの推理@NTV »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47281602

この記事へのトラックバック一覧です: 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」:

« 小原正和監督「アクセル・ワールド」 | トップページ | 三毛猫ホームズの推理@NTV »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ