« 本広克行監督「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 | トップページ | 松尾衡監督「夏雪ランデブー」 »

2012年10月12日 (金)

烏賀陽弘道「報道の脳死」新潮社

関西弁のリハビリが必要な八橋壮太朗です。

烏賀陽弘道さんの新書「報道の脳死」を読む。

烏賀陽さんはSNSに限らず盛り上がることが多いお方です。だいたい不誠実に近づくか、何の考えもなく近づくか、図らずも誤解されるか、どれかでしょう。誤解されるとツライので、あんまり絡みに行きませんけど。オリコン訴訟のときに応援できなかったのが申し訳なくて、2010年ごろから本を買ったりチェックしています。本を買うことで陰ながら応援しております。


報道の脳死
著 烏賀陽弘道
内容紹介(Amazon該当ページより引用)なぜ「彼ら」はここまで無能で無力な存在になったのか。大震災と原発事故報道においても横並びの陳腐なネタを流し続けた新聞とテレビ。緊急時に明らかになったのは彼らの「脳死」状態だった。パクリ記事、問題意識の欠如、専門記者の不在……役立たずな報道の背景にあるのは、長年放置されてきた構造的で致命的な欠陥である。新聞記者、雑誌記者、フリーをすべて経験した著者だから下せる「報道の脳死」宣言。

この本は、とてもありがたい。東日本大震災に関する新聞(全国紙)を比較し、同じ記事(パクリ記事)が掲載されていることを具体的に指摘。写真の構図まで一緒という笑えない事態が平然と起こっている。何がありがたいかというと、全国紙を揃えているような人なら、報道にズブな素人でもできる行為なのです。並べて写真を見れば、同じ記事!同じ写真!と気づくことはできる。シンプルなことだけど、案外やらないんですよね。それを明快に示してくれている。ありがたいです。

そんな簡単明快でわかりやすい比較を導入として、新聞ってどうなのよ、報道ってどうなのよということが述べられている。大事な点は、著者が元新聞記者、新聞記事を作る側だったということ。新聞社の組織的な考え方や記者個人の職業意識まで、リアリティがあるというか、そのものが書かれている。

本を要約する気はないので、個人的に面白かった部分をいくつか挙げておこうと思います。
・新聞に掲載されている写真がソックリすぎる全国紙各紙
・松本龍暴言事件、新聞社各社がそれぞれトリプルミス
・メディアは短時間で大量送信する装置を独占していただけで、その時代は終わった
・夕刊はいらないけど、ダウンサイジングにつながるのでやめられない
・クエスチョニングの欠如とニュースピーク、印象操作
・なぜ輪番停電を計画停電と言い換えたのか。なぜ東京23区だけ停電させないことをツッコまないのか
・新人記者時代の写真電送のことや現像/プリントの話
・省庁を取材するなら、記者会見で質疑応答するより、担当者個人にアポを取ったほうが良かったりする

具体事例を挙げて繰り返し説明や解説が行われるので、わかりやすい本だと思います。既存メディアを「なんとなく」叩くのはよくあるけれど、実際に記事を比較して解説してくれているのは本当にありがたい。

仮にこの本にスキがあるとすると、新聞報道、とくに朝日新聞記者時代の経験を中心に報道全体を語られているので、テレビや雑誌なども含めた報道全般について書かれていると期待すると、ちょっとズレがあるかもしれない。ただ、読んでみればテレビや雑誌の状況も、想像するに難しいわけではないと思える。

大局的に考えれば、日本は製造業の産業構造を変える必要があるけど、どうすりゃいいの?という話と似ている気がして面白い内容です。否定するのは簡単だけど、じゃあどうしたらいいんだろう?という部分も、作者なりに考え、行動し、提示してくれているので、誠実な内容と言っていいのではないでしょうか。

ただ「既存メディアを叩けばいい」みたいな本ではなく、問題点を指摘し、その原因を分析、どうすりゃいいんだろうという話を語っています。新聞記事を作る側の意図を教えてくれる良書です。


報道の脳死 (新潮新書)
Amazonで詳細を確認する

« 本広克行監督「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 | トップページ | 松尾衡監督「夏雪ランデブー」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47397470

この記事へのトラックバック一覧です: 烏賀陽弘道「報道の脳死」新潮社:

« 本広克行監督「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」 | トップページ | 松尾衡監督「夏雪ランデブー」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ