« 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 | トップページ | 甲斐谷忍「ウイナーズサークルへようこそ」 »

2012年10月 8日 (月)

三毛猫ホームズの推理@NTV

フレッシュネスバーガーの店内で一番フレッシュじゃないことに気づいて帰りたくなる八橋壮太朗です。

ドラマを1クール分まとめて録画しておいて、一気に見るくせがついてきました。今回は、2クール前に日本テレビでオンエアされた「三毛猫ホームズの推理」を一気に見終えました。

「三毛猫ホームズの推理」
演出:中島 悟 南雲聖一 菅原伸太郎 松永洋一
原作:赤川次郎
出演:相葉雅紀, 藤木直人, 大倉忠義, 大政絢, マツコ・デラックス

全体的に少し軽いノリなのが鼻につくものの、藤木直人とマツコ・デラックスがいい仕事してます。この2人がいなかったら危なかった。
内容は、説明するのも今更という赤川次郎原作の三毛猫ホームズ。2012年という今に演出し直すとすると、こうなるのかと納得できるツクリ。初回放送前の番組宣伝だったり、エンディングが2パターン用意されていて視聴者投票でオンエアを決めるなど、新鮮味は無いし好きじゃないやり方ですが、アイデアでなんとか面白くしたい、見て欲しいという意欲が伝わってきます。本格ミステリーじゃない見せ方なので、作品に合っていて、ちょっと日テレドラマを見直しました。

俺の大嫌いな大宮エリーが脚本に参加しています。その回が期待通り盛り上がらない内容だったのである意味ハズさないですね。最後にスタッフロールが出てくるのがドキドキでした。面白い回の脚本が大宮エリーだったらどうしようかと思っていたのですが、むしろ俺の眼力に自信が持てました。

さて、そんなことはさておき、主演の相葉君です。いい役を貰いました。滑舌の悪さがプラスに出るといういい作品、いい役。皮肉じゃなくて。あまりにも滑舌がいい役者ばかりのドラマは好きじゃないんで、好きですね。印象よかったです。どう考えても演出家がうまく仕上げてくれてますけど、ウマい役者がやりゃいいってもんじゃない派なので、嬉しい。

それにしてもキャスティングと演出がバッチリでした。各回のゲストもいいですが、なんと言っても藤木直人とマツコ・デラックス。抜群の安定感であります。
実はチョイチョイ嬉しいのは植木夏十さん。けっこういいカット、いいセリフをGETしてる。殉職しなくて良かったです。

主人公の片山が、刑事の仕事を続けるのか?ホームズに頼ることなく推理できるのか?という軸がしっかりしていたので、連続ドラマとして中だるみ無く見ることができました。これがプロの仕事やな!ということで、楽しく面白く見ることができました。意外とDVDやブルーレイが売れる作品かもしれないです。

« 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 | トップページ | 甲斐谷忍「ウイナーズサークルへようこそ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/47329531

この記事へのトラックバック一覧です: 三毛猫ホームズの推理@NTV:

« 三木孝浩ほか監督「ドラゴン青年団」 | トップページ | 甲斐谷忍「ウイナーズサークルへようこそ」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ