« 吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」 | トップページ | 久ヶ沢徹生誕50周年祭り/久ヶ沢牛乳「A HALF CENTURY BOY」@本多劇場 »

2012年9月 5日 (水)

Red Johnson's Chronicles

インテルが入ってない八橋壮太朗です。

今年のアップルへのお布施は、すでに××万円を越えてますが…。iPhone5で更にむしり取られるんすかね?任天堂へのお布施も予定されてるんすかね?ううむ。

一部では据え置きゲーム機というのは過去のものにされつつあります。パッケージビジネスの終焉を声高に言う者も多く、ウチの近所のゲームショップもトレーディングカードや貸本を始めたりしている。でも、音楽CDを見ればわかるように、売り方や中身の魅力が相対的に低くなっているんだと思うんですよね。昔と同じことをやってても、同じ対価を払ってくれないんですなあ。

それっぽい文章にしてみようとしたんですが、実はこのエントリはプレイステーション3用ソフト「Red Johnson's Chronicles」をプレイして、結構面白かった!というだけのメモなのでござる。
ダウンロード専用ソフトで、なんと500円(期間限定かも)。UFOキャッチャーでウサビッチをツマミ上げるより安いでござる。

内容は、ちょっとした探偵もの。事件現場を調べて、証拠を集め、関係者から話を聞く。けっこう好きなのに、後半がムズイ。ヒントを全部使っても意味不明。結局、攻略サイトのお世話にならないと先に進めません。攻略サイトみながらやっててもムズイ。半分ぐらいパズルで悩みます。それにしても、ゲーム内で提供されるヒントが全然役に立たない。これはヒドい(笑)。でも、探偵ごっこは好きなので、なんか許せちゃうというか。

モノの値段というのは面白いもので、やり込んでも1日じゃ終わらないボリュームなのに500円。ダウンロードソフトはデフレの波がしっかり届いているようです。その上で作り込みとかプレイ時間とかを考えると、パッケージソフトって安いよなあ、とも思える。焼肉かしゃぶしゃぶでも食べるのとあまり変わらない価格で何日も遊べる。

最近はテレビを見直したりパッケージゲームを見直したり、揺り戻し期間に突入したようです。

« 吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」 | トップページ | 久ヶ沢徹生誕50周年祭り/久ヶ沢牛乳「A HALF CENTURY BOY」@本多劇場 »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/46962705

この記事へのトラックバック一覧です: Red Johnson's Chronicles:

« 吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」 | トップページ | 久ヶ沢徹生誕50周年祭り/久ヶ沢牛乳「A HALF CENTURY BOY」@本多劇場 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ