« Apple Store の 常識 | トップページ | The Collectors 世界を止めて »

2012年8月 1日 (水)

細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」

ケイゾクというドラマが忘れられない八橋壮太朗です。

映画の日ということで、何も考えずに映画館へ行ってきました。
シネコンなら、行ってから作品を選べるだろう。
そう思って。

ううむ。見たら負けな気がするヘルタースケルターが最も早い時間に始まるものの、満席。
次はメリダと「おおかみこどもの雨と雪」。
そのほかは、すでに見た「崖っぷちの男」、まだ見るのをとっておきたい「ダークナイトリローデッッド」(いやそんな名前じゃないっすよ)。

こりゃ、細田守監督を選びます。

というわけで見てきました、細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」。
ネタバレとかしますんでよろしくお願いいたします。

ざっくり内容を書くとですね。
主人公は二十歳ぐらいの女性です。
東京郊外の大学生で、たぶん友人もいない感じだったんですが、講義にもぐりこんでいる男と付き合うことになる。
その男が、実はオオカミと人間のハーフだったと。
で、子供ができたけど、男は死んじゃうし、子供は大きくなるけど病院にもつれていけないし(気が立つとオオカミ化する子供なんすよ)。
都会を離れて、田舎の方に引っ越す。
ここまでがお膳立てでした。
本筋は、山里に引っ越して、生活に苦労する若き母の姿であります。
とくに、子供が2人できて、姉と弟。
彼らも人間っぽいですが、その気になればオオカミにもなれます。
自然豊かな山里で育つものの、小学校に行って人間として生きていきたい姉と、山でオオカミとしての道を歩みたい弟。
その親であることに苦労する母。
彼女は人間ですから、オオカミの生態が不明なのです。ダンナは、亡くなってしまいましたから…。
そんな母の生き様がメインストリームであります。

さて、感想ですが。
けっこう好きなほうの映画です。
サマーウォーズが長調なら、おおかみこどもの雨と雪は短調ですね。しっとり感がハンパない。
子供向けと称して実はオトナ向けのアニメ映画が多い気がしますが、この「おおかみこどもの雨と雪」は、ちゃんと子供向けです。絵本を映画にしたら、こうなるのかなあって。それだけに、じわじわ来る。
個人的に惹かれるポイントは、都会と田舎のコントラスト。都会パートが、意外と長いのがうれしい。単純な導入パートとしてサラっと終わらせているわけじゃない。
都会での、母親(というか当時大学生)の、生活をしっかり描いていて、俺はそこにやられました。
すぐに田舎に行っちゃだめなんです。そうなんです。細田監督ありがとう。

けなげに生きる、若い母親像。
ひとことで云うと、そういう映画です。

愛のあるツッコミをひとつ。
主人公の声は宮崎駿宮崎つと…宮﨑あおいが演じています。
正直、宮﨑あおいの声は好きですが、あまりにも宮﨑あおいのイメージがつきまとっていて、見ていて邪魔でしたね…。すいません…。いい演技してるんですけどね…。どう聞いても主人公に見えなくて宮﨑あおいのイメージが出てくる。主人公に入りきれない唯一かつ最大の原因でした。

逆に映像美がハンパない。
CGバリバリの絵なのに、陰がほとんどないあのキャラクター作画がマッチしまくりであります。
コンポーザーのさじ加減が最高です。
ただいいCGを作ればいいってもんじゃないですからね。
すばらしい。

おおかみこどもの雨と雪
http://www.ookamikodomo.jp/

« Apple Store の 常識 | トップページ | The Collectors 世界を止めて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/46545041

この記事へのトラックバック一覧です: 細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」:

« Apple Store の 常識 | トップページ | The Collectors 世界を止めて »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ