« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」

みたらし団子大好き八橋壮太朗です。

吉田大八監督「桐島、部活やめるってよ」を見る。
意外とやってる映画館が少ないっす。がんばれショウゲート。なんとかしてくれ博報堂DYMP。
「踊る」にかき消されるぞ!

以前、撮影しているというPRか何かを見て、少し気になっていたものの忘れていました(もう上映が終わってると思っていた)。やたらとツイッターで「部活をやめるらしい」というリーク情報が度重なるので、耐えられず見に行くことに。

もちろんネタバレで書いていきますのでよろしくお願いいたします。

「桐島、部活やめるってよ」
監督 吉田大八 / 脚本 喜安浩平・吉田大八
原作 朝井リョウ「桐島、部活やめるってよ」
出演者 神木隆之介/橋本愛/東出昌大/清水くるみ/山本美月/松岡茉優/落合モトキ/浅香航大/前野朋哉/高橋周平/鈴木伸之/榎本功/藤井武美/岩井秀人/奥村知史/太賀/大後寿々花

思うがままに書いていきます。
まず、山本美月のキラキラオーラで冒頭は引っ張られます。ええ娘や…。せ、制服…!キレイでカワイイ!卑怯者!
そんなヨコシマなノリでボケーっと見ていると、「金曜日」という文字がデカデカと表示される。
ん?一番最初にも「金曜日」って出てなかったか?一週間たったのか?と思っていたら。
同じ日!!
別の視点で同じ日がリプレイされる。うおお。まじかよ。面白いことするじゃねぇか。このマルチスクリプト感は俺の好み。チュンソフト「街」ファンには超ドストライクにハマるに決まってるじゃねぇか。ここで俺の心では長坂秀佳との比較が始まる。
そして、山本美月の制服姿にキュンキュンしていた俺は、「あ、神木隆之介だ!メガネ似合う〜!文化系オタクっぷりが似合う〜!」「大後寿々花だ!なんか前より輝きが失われてないか?」「橋本愛の透明感は何か既視感があるな」「野球部キャプテンの高橋周平が山本浩司にしか見えない件」などと、じわじわ全体が見えてくるようになりました。(全体か?)

ツイッターによる度重なる「やめるってよ」リーク情報により「桐島」がマクガフィンであるという事前ブリーフィングがありましたので、ただひたすら、この脚本と演出の妙技を楽しむことに。

さすがに映画でありますから、神木君がやってる部活が映画で、8ミリ撮影してたり、ゾンビ映画撮ってたり、なぜか塚本晋也監督「鉄男」を見てたり、「秘宝」読んでたり、部活が弱小で間借りした部室しかないなど、なかなか安定感のある映画っぷり。
それにしても同じ日を別視点で何度も描き、登場人物の機微を多角的に見せてくれる演出でしたが、やり過ぎてないのが嬉しい。これ、面白いし奥行きが出るからポンポンやりたくなるはずなんだけど、言うほどやりすぎてない。何度も言うけどチュンソフト×長坂秀佳の傑作「街」に限りなく近づいている脚本演出であります。「街」ファンは見るべし。「428」でそのエッセンスをライトに昇華させた面白さが、ここにもあります。
早く見ておけばよかった(笑)

映画館で見てよかったなあと、思わせてくれる。この作品はスクリーンに向き合って、じっくり見るべきであります。大きいスクリーンである必要はないけど、スクリーン以外の環境を遮断して、丁寧に撮られた被写界深度の狭い画面の連続を正面から受け止めるべきであります。
同じ日を別視点で何度も描くという性格から、拾わなければならないカットが、計算されたカットがそこにはあるのです。家のテレビ画面でなんとなく見ると、なかなかそうはいかない(のは俺だけか…)。

描いているのは何なのか?という真面目なテーマを頭に描いては、「ま、別にいいか」を繰り返す俺でしたが、最後までみて、ああ、いい映画やんかこれ、と思って劇場をあとにする。
なんか、文章で書くと安っぽいのでアレですが、菊池君が泣いちゃう話がメインです。野球部から外国人選手並みのオファーを受けているのに練習にも試合にも結局出ないという菊池君が、自分のやりたいことを見つけられないでいる。だけど、三年生の夏が過ぎても練習に明け暮れる野球部のキャプテンや、顧問の先生が反対するのにもかかわらず、映画を作りたいと言って撮影を続ける前田君。彼らの姿に気づき、自分は何をやっているんだろう、どうしたらいいんだろうと追い込まれる。泣いちゃう菊池君。親友だと思っていたバレー部のスーパープレーヤー桐島君は、突然バレー部を辞めちゃった上に登校してこないし連絡もつかない(映画にも出てこないw)。つーわけで、タイトルの「桐島、部活やめるってよ」になるわけです。

いい作品だなと思うのは、その描き方が演出にマッチしてるよな、ということであります。
高校生もいろいろあるんだよという。一応、菊池君が泣いちゃうのがメインとして抽出されていますが、部活をやめちゃう桐島君が周囲に影響を与えていることを通して、高校生5人の心情を照らすわけであります。それには、このマルチスクリプト演出は最高にハマる。ひとりのキャラクターも、見方を変えれば違った一面が見えてくるのであります。それが描ける方法なのであります。
原作がそういう作品のようなのですが、そこをウマく映画に仕上げるに当たって、監督が脚本もやってるのは不可避だったんでしょうな…。

それにしても計算されている。笑える箇所が、けっこうちりばめられてるし。無駄に長いカットも無いし。吹奏楽部の演奏にあわせて終盤のシーンを進めるのはええですね。まさかそこまでリプレイするとは…でもやりますよね。的な。

ボクがこういうマルチスクリプト演出が好きなのは、キャラクターが記号として生き生きとしていることと、作り手がキッチリ計算しているのが伝わってくるからであります。

そして、変な言い方ですが「街」は越えられませんでしたな。と思いました。
やはり長坂秀佳は偉大すぎる…。

桐島、部活やめるってよ
http://kirishima-movie.com/index.html


2012年8月22日 (水)

佐々木俊尚さんのメルマガを解約して

コタツ記事大好き八橋壮太朗です。

ニコニコの新サービス「ブロマガ」が始まったのに伴い、日頃懇意にしている津田大介さんのメルマガの配信元を「まぐまぐ」から「ニコニコ」に移行しました。
ボクが津田さんにはついていく価値があるなあと感じたのは、ダダ漏れ女子2号でおなじみだった「そらの」さん事件が起こったときの、距離の取り方でした。ああ、この人は本物だなと。
まあそこはともかく、今回、メルマガ配信元を変えました。これは購読中のメルマガを、購読し続けるか?という見直しをするきっかけになりました。
そして、最も検討対象となったのが、佐々木俊尚さんのメルマガ。「佐々木俊尚の未来地図レポート」であります。
結論から言うと解約しました。

先に擁護するようなことを言っておくと、彼のメルマガは価値があるし、話題も興味がある分野が多い。引き続き、人にススメるメルマガとして挙げることに変わりはありません。

しかし。ボクには予算の限界があります。
今回ニコニコのプラットホームに切り替えるにあたって、予算の再検討が行われました。
正直、ボクの中では津田マガ(「津田大介チャンネル」http://ch.nicovideo.jp/channel/tsuda)が最優先コンテンツです。
これが月額630円(月4回程度)。
そして、ニコニコのプラットホームにカネを払うということから、プレミアム会員になるというオプションは魅力的。これが月額525円。
これで、すでに月額千円を超えてきます。
正直、月額負担は合計2000円〜3000円の中に収めておきたいところ。

さて、ここでニコニコの「ブロマガ」ラインナップを改めて見ます。
注目は、はじめて有料定期課金コンテンツを始める小飼弾さん(「404 SPAM Not Found」http://ch.nicovideo.jp/blog/dankogai/)。
そして、同じく有料定期課金ははじめてじゃないかと思う田原総一朗さん(「ゲキbiz田原チャンネル」http://ch.nicovideo.jp/channel/gendai
小飼弾さんは月額525円(月2本程度)だし、田原総一朗さんは月額315円(不定期更新)。
小飼弾さんは、すでにある無料のブログによってある程度のクオリティがわかります。期待もできます。
田原総一朗さんは、すでに様々な人とのトーク映像がストックとしてもあるし、これからも増えそうです。
こりゃどちらも入ろうと。
そして、うしじまいい肉さんの登場です。コスプレ界の有名人ですが、不定期更新とは言え月額105円。
内容もわかりませんが、マクドナルドで言うところの「ポテトもいかがですか?」的ポジションを狙っているのは明らかです。ボクはポテトが大好きです!
以上で、月額2000円近い購読料となります。

さて、こうやってニコニコの「ブロマガ」ラインナップを見ていると、どうしても購読しなきゃヤダ!と思わせられない限り、月額1000円超えはムリと思われます。
もちろん、毎週更新されるものと、月2回のものを同等に扱う気はありません。
しかし、ホリエモンの毎週更新メルマガが月額840円という事実は大きい。
FXや株と言った、投資や金融系の配信でもない限り、千円越えは厳しいでしょう。

そこで佐々木俊尚さんのメルマガ「未来地図レポート」であります。
毎週更新で月額1000円。
たった今、この月額料金で成立するメルマガとは、いったいどんなゴールデンコンテンツなのか!?
正直、そこまでゴールデンコンテンツではありません。
ぜひ、自覚しているはずのご本人に、この感想が届けばいいなあ(元購読者として)と思うので、解約に至った理由を書いておきたいと思います。

(1)価格が高い。
(2)記事が少ない。
この2つは、代替コンテンツがあるなら致命的です。でも、そこは佐々木俊尚さんのパーソナリティや専門性によって回避され得るわけで、それで成立しているはずです。
言うなれば、同じ24ページのマンガとしても、ジョジョを読みたければ他のマンガより高くてもカネ払いますよ。そういう話です。

しかし、実はパーソナリティや専門性といった部分についても、前から疑問が多かった。
順序的には3番目4番目として書きますが、本来の解約理由はコチラです。
(3)発揮されないパーソナリティ
(4)専門性が怪しい
まず、パーソナリティについて。
ツイッターで佐々木俊尚さんをフォローしている身としては、ツイッターで見てるほうが人間性に近づけるし、思考や思いが汲み取れる。愛着という意味でも、ヨメさんとやりとりしている部分が微笑ましくて、愛着が出てくる。それだけに、メルマガは(方向性が違っていてもいいから)パーソナリティをもっと出してほしいと思っていた。でも、そうじゃなかったですね。
つぎに、専門性が怪しい、について。
佐々木俊尚さんがジャーナリストかどうかという議論もあるようですが、ボクは、そこはどうでもいいんです。言ってることにバイアスがかかっていても、理想論を語っていても、ボクは喜んで読む方です。ある意味そういうもんですからね。もっと言えば、正しくないことを言っていても、ボクは寛容なつもりです。反省しないとか、誤りを認めないとか言われてますが、それでもいいんですよ。それがヒトですから。
でも、問題なのが、語っていることが、「佐々木俊尚さんでしか語れないことなのか?」ということ。
そういうエッセンスが、少しでも感じられれば、(これまでのボクのように)購読するでしょう。
でも、そうじゃなかった。
先月か先々月に、ボクは佐々木俊尚さんのメルマガを再評価した。過去の新聞記者時代の話が面白かったからだ。そこには専門性も感じられるし、本人の言葉も強く、パーソナリティが強くて物語性もあった。いままで彼のメルマガの中でも最良の記事だったんじゃないだろうか。
それに比べれば、普段のノマドワーキングの話や、電子書籍の話、ソーシャルサービスの話は、いったいどれだけ専門性があるのだろうか。
正しく言い表すとしたら、佐々木俊尚さんのメルマガは、海外も含めて新しいとされるIT関連の話題に、思ったよりは早めに触れることができるというだけだ。まあ、それはそれで価値はある。
問題なのは、ひとつひとつの革新的テクノロジーやビジネスの話題に対する、彼のコメントにある。
専門家ならではの深層に迫る解説が期待されるわけですが、どうもそこが怪しい。
ビジネス性を度外視した理想論を展開して終わるときもあるし、本人の希望(こんな未来が来たらいいな)で終わることも多い。
正直、そんなコメントなら、予備校の面白い先生の話を聞いていたほうがよっぽど嬉しい。数学や物理の先生には、もっと楽しく面白く語ってくれるヒトがいっぱいいる。
たまたまテレビでAKBのことを知った上司が、「おい、前田敦子卒業するって知ってたか?」と言ってくるとしたら、まさにそんな存在に成り下がっているんじゃないだろうか。

こうした要因が何をもたらすのか。
それはロイヤルティの欠落であります。
佐々木俊尚さんのメルマガを読んでいるということで、俺は他の人よりITに詳しいぜ!とか、電子書籍のことなら造詣が深いんだぞ!みたいな体験が得られるのか?少しはあるでしょう、少しは。でも、ボクの期待値を大きく下回るのは否めない。
次に残念なのは、彼に愛着を感じることが無いということです。佐々木俊尚さんのメルマガは、ウィットに富んでいて面白いとか、語り口にエッヂが効いててハッとさせられるとか、そういうことが無い。ただ冷徹なツッコミをするだけの竹田敬語さんでも、イヤミの効いた、エッヂの効いた発言はなかなかのものです。ほめ殺しのような表現を繰り返す(元切込隊長の)やまもといちろうさんにも及ばない。

元読者として、上から目線を承知で言うならば、佐々木俊尚さんのメルマガは、値下げした方が良い。
そして、パーソナリティを発揮する記事を増やした方がいい。
今のままでは、読者層がIT音痴のシニアしかいなくなるんじゃないかと思っちゃう。
出版業で失敗した人たちが、電子書籍ブームに再起を狙って集まっているとすれば、そんな彼らがメインの読者になるのではないでしょうか。
専門性と洞察力を生かした「さすが佐々木俊尚さんじゃないと語れない」という記事を期待しています。

2012年8月21日 (火)

ニコニコが俺の中でしきい値を超えた件

整骨院大好き八橋壮太朗です。
今日は津田さんについていって良かったと思える日でした。まあ勝手にですが…。

今日はニコニコが新サービスを発表した。ブログ+メルマガということでブロマガと呼ぶサービス。もちろん動画も扱えるみたいですが。
これは、やっと俺の中で「しきい値」を超えたな!と思う。キャズム越えって言葉は好きじゃないけど似たようなもん。

いままで、生放送できたり物販ができるようになったり、静止画が扱えるようになったり、いろいろ変わってきたニコニコ。正直、ちょっと触ってみては、パッとしねぇなと思ってた。相変わらず、カネは無いけど時間はあるという中高生がどっぷりのサイトというイメージが強かった。1つ1つのコンテンツが見たくて利用することはあっても、ニコニコそのもののイメージは悪かったし、技術的に実現していることはスゴいのだけはわかったけど、(俺には)何の魅力も無かった。

しかし今回、ニコニコが始めたというブロマガ。これは「しきい値」を越えた。
ブログ+メルマガ+定期購読課金という、ホリエモンが一気に定着させたやり方に、動画も加えて、情報発信課金のプラットホームとして仕上げている。
これがしきい値を越えたな!と思える理由はいくつかある。
最も大きいのは、発信者のパーソナリティをコアとした上で、ユーザーの情報消費を円滑にする、ということを実現したこと。簡単に言うと、パーソナリティをコアにしているラジオという媒体を、ネットに置き換ええつつ、改善拡張している理想的な形になっていると思う。

パーソナルメディアとして、ネットはずっと注目されてきた。
ブログも、メルマガも、ネットラジオも、ニコ生も、Twitterも、どれもある一定の貢献をしてきた。
でも、それぞれ違ったアプローチでアクセスしている情報元は、特定の誰か(パーソナリティ)だった。
それぞれを、ただまとめて、マッシュアップするだけでも、しきい値を越えることはできると思う。

でも、今回ニコニコが始めた新しいサービスは、マッシュアップより洗練されている。
それは、最適化のバランスだ。
ホリエモンが成功させた「ブログ+メルマガ+定期購読課金」というモデルの、それぞれのバランスをよく研究されている。これこそ、「ニコニコがいい仕事してるな!」「しきい値を越えたな」と思わせるポイント。
おそらく、今までは「コメント表示」を核にしたユーザー同士のコミュニケーションを重視してきたのだろう。そこを大事にして、肉付け肉付けをやってきた。今回のニコニコは違った。
ユーザー同士のコミュニケーションより、発信者の情報をユーザーに消費させる仕組みのソリューションを重視している。
もう、ユーザー同士のコミュニケーションは、ほっといても勝手にやるだろう、いややっているという視点にシフトしたんだろう。
そして、情報発信者とユーザーの関係が大事だ。
いままでは繋がればいい、ユーザー同士が盛り上がればいいという意味のユーザー指向だった。
今回は、情報発信者→ユーザーという、情報コンテンツをどう消費するかという仕組みだ。

実は、これこそが雑誌に変わる媒体のあり方じゃないかと思う。
俺は津田マガの配信元を「まぐまぐ」から「ニコニコ」に移行した。
正直、ニコニコの「ブロマガ」は、「まぐまぐ」や「はてな」を駆逐してしまいそうなサービスだと思う。
でも、それ以上に雑誌を食っちゃう可能性がある。
雑誌に残されているのは、敏腕編集者や人脈と、グラフィック/エディトリアルデザインの魅力だけじゃないだろうか。
本→電子書籍という流れの中で、実は
「文庫・新書→電子書籍」
「雑誌→ブログ/メルマガ」
みたいな話で。
文庫や新書に関わっている編集者たち、デザイナーさんたちは、まだまだ仕事はあると思う。
でも、雑誌はヤバい。誌面をデータ化しても先細り感が否めない。読み物がメインの雑誌は特にヤバい。それにエディトリアルデザインなんかいらない世界になるだろう。

そして、雑誌が文庫や新書から切り離されるということは、雑誌→文庫・新書という流れが分断されるということ。
雑誌→ブログ/メルマガへの移行が進むなら、ブログ/メルマガ→文庫・新書はあり得る。そこではじめて電子書籍に注力されることになるんじゃないだろうか。
ただ、「ブログ/メルマガ→」の先にあるものが、書籍である必要はなくて。
それが音楽であろうと、ドラマのようなムービーであってもいいわけで。
今回、そういうとても重要になるプラットホームを、ニコニコはリリースできている。

次にニコニコがやるとしたら、情報発信者のマネジメントを行うサービスかもしれないなあ。

ブログ・メルマガ ー ニコニコチャンネル
http://ch.nicovideo.jp/blog/

2012年8月14日 (火)

城定秀夫監督「ユリア100式」

ダーツの旅って、旅行く先ならどこでもダーツをすることだと思っていた八橋壮太朗です。もちろん嘘ですが…。

城定秀夫監督「ユリア100式」を見る。
Vシネマにカテゴライズされるらしい。久々のVシネ視聴であります。

正直、原作ファンとしては、期待値より下回るような気がしてずっと見ないでいたのでありますが、いい意味で裏切られました。いい作品です。
楽しくて面白い。内容知ってるのに。安定したクオリティ。
内容を知ってるコメディなのに期待以上って、成功であります。
一部、照明に苦労しているところも見られますが、かなり手間ひまかけて作られてますね。
作り手の気合いというかプライドが伝わってくる。

主演の藤井シェリーは、いわゆるセクシー女優さんですが、いい演技してはります。かわいくてキレイだしね。正直、藤井シェリーがしっかりしてるので成り立ってます。劇中劇に出てくる持田茜もいい。

おそらく低予算だと思われるんですが、その中でもクオリティは高いと感じます。
コメディを低予算で作るって難しそうだもんなあ。
そんな原作ものとは言え、何かもうちょっとヒネった落ちを期待したくなるレベルの安定感。
また原作を読みたくなる終わり方なので、それはそれで良いですね。。


Amazonで詳細を確認する
ユリア100式~ハードデザイン版 [DVD]

2012年8月 6日 (月)

The Collectors 世界を止めて

ハンガーストライキが、どうしても衣服をかけておくのを放棄するとしか思えない八橋壮太朗です。
おもろないですね。

音楽との出会いは、人それぞれであります。
俺はFM802のヘビーローテーション楽曲との巡り合わせが多いのですが、中でも古株なのが、The Collectors。
すっかり忘れていましたが、Wikipediaによると1993年2月のことらしく、なんともなつかしい。
曲は「世界を止めて」。
はじめてロックバンドを好きになったのも、コレクターズだった気がする。
ある意味、自分でまた聴くためにも、YouTube貼付けであります。


2012年8月 1日 (水)

細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」

ケイゾクというドラマが忘れられない八橋壮太朗です。

映画の日ということで、何も考えずに映画館へ行ってきました。
シネコンなら、行ってから作品を選べるだろう。
そう思って。

ううむ。見たら負けな気がするヘルタースケルターが最も早い時間に始まるものの、満席。
次はメリダと「おおかみこどもの雨と雪」。
そのほかは、すでに見た「崖っぷちの男」、まだ見るのをとっておきたい「ダークナイトリローデッッド」(いやそんな名前じゃないっすよ)。

こりゃ、細田守監督を選びます。

というわけで見てきました、細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」。
ネタバレとかしますんでよろしくお願いいたします。

ざっくり内容を書くとですね。
主人公は二十歳ぐらいの女性です。
東京郊外の大学生で、たぶん友人もいない感じだったんですが、講義にもぐりこんでいる男と付き合うことになる。
その男が、実はオオカミと人間のハーフだったと。
で、子供ができたけど、男は死んじゃうし、子供は大きくなるけど病院にもつれていけないし(気が立つとオオカミ化する子供なんすよ)。
都会を離れて、田舎の方に引っ越す。
ここまでがお膳立てでした。
本筋は、山里に引っ越して、生活に苦労する若き母の姿であります。
とくに、子供が2人できて、姉と弟。
彼らも人間っぽいですが、その気になればオオカミにもなれます。
自然豊かな山里で育つものの、小学校に行って人間として生きていきたい姉と、山でオオカミとしての道を歩みたい弟。
その親であることに苦労する母。
彼女は人間ですから、オオカミの生態が不明なのです。ダンナは、亡くなってしまいましたから…。
そんな母の生き様がメインストリームであります。

さて、感想ですが。
けっこう好きなほうの映画です。
サマーウォーズが長調なら、おおかみこどもの雨と雪は短調ですね。しっとり感がハンパない。
子供向けと称して実はオトナ向けのアニメ映画が多い気がしますが、この「おおかみこどもの雨と雪」は、ちゃんと子供向けです。絵本を映画にしたら、こうなるのかなあって。それだけに、じわじわ来る。
個人的に惹かれるポイントは、都会と田舎のコントラスト。都会パートが、意外と長いのがうれしい。単純な導入パートとしてサラっと終わらせているわけじゃない。
都会での、母親(というか当時大学生)の、生活をしっかり描いていて、俺はそこにやられました。
すぐに田舎に行っちゃだめなんです。そうなんです。細田監督ありがとう。

けなげに生きる、若い母親像。
ひとことで云うと、そういう映画です。

愛のあるツッコミをひとつ。
主人公の声は宮崎駿宮崎つと…宮﨑あおいが演じています。
正直、宮﨑あおいの声は好きですが、あまりにも宮﨑あおいのイメージがつきまとっていて、見ていて邪魔でしたね…。すいません…。いい演技してるんですけどね…。どう聞いても主人公に見えなくて宮﨑あおいのイメージが出てくる。主人公に入りきれない唯一かつ最大の原因でした。

逆に映像美がハンパない。
CGバリバリの絵なのに、陰がほとんどないあのキャラクター作画がマッチしまくりであります。
コンポーザーのさじ加減が最高です。
ただいいCGを作ればいいってもんじゃないですからね。
すばらしい。

おおかみこどもの雨と雪
http://www.ookamikodomo.jp/

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ