« すしまつり2012summer@神楽坂 | トップページ | BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 »

2012年7月14日 (土)

山下敦弘監督「苦役列車」

バブル期に経費を使いまくる経験をできなかった八橋壮太朗です。

山下敦弘監督「苦役列車」を見る。

苦役列車
監督: 山下敦弘 原作: 西村賢太 脚本: いまおかしんじ
キャスト:森山未來 高良健吾 前田敦子 マキタスポーツ

やっぱ原作の西村賢太さんがポイントだと思って見る。

山下敦弘監督は、なぜか気になって見ることがあって、特に追いかけているつもりはないけれど「どんてん生活」「リアリズムの宿」「天然コケッコー」「マイ・バック・ページ」につづいて見ることに。中途半端に見てる…。

頑張ってる森山未來には申し訳ないけど、オレの中で最も光っていたのはマキタスポーツ。
マキタスポーツのためにある映画じゃないかとさえ思える。

前田敦子がバイトする本屋が、どう見ても高円寺の都丸書店。
さっきオフィシャルサイトを見たら、やっぱりそうでした。
しかもオヤジがトモロヲ。やっぱりなあ…。
都丸書店って有名なんだな。

森山未來は、スクールデイズ以来、なんでもやるんだなと思ってたけど、今回もいろいろやらされてますね。まさかヌキに行くだけじゃなくて最中のシーンまであるとはねえ…。

「マイ・バック・ページ」と同じように、安心して80年代後半の味を楽しめるかと思いましたが、途中で出てくる御徒町の居酒屋「駒忠」は、ちょっと今っぽかったな。そこ意外はバグツンの時代感覚。

無駄に山下監督の作品を見てると、待ってました!と言いたくなるのが海岸。
やっぱり来ましたね。これ原作に無いだろ?と思ってたら、やっぱり無いらしい(笑)。
前田敦子まさかの、海でスケスケです。良いっすね、スケスケ。
そして山本浩司さんは確信犯ですね。サービス精神が感じられます。海岸で見たかったですが。

オフィシャルサイトは、作品を見てから読んだ方が楽しめます。
そして、家族では見に行かないことをオススメします…。

苦役列車
http://www.kueki.jp/

« すしまつり2012summer@神楽坂 | トップページ | BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/46327589

この記事へのトラックバック一覧です: 山下敦弘監督「苦役列車」:

« すしまつり2012summer@神楽坂 | トップページ | BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ