« BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 | トップページ | 細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」 »

2012年7月31日 (火)

Apple Store の 常識

再びアップルにお布施を払うようになった八橋壮太朗です。

京都文化博物館でMacintosh Color Classic IIを触って20年近くが経ちます。93年に売られたマシンなのに、なんとタッチパネルを画面に追加してあるという状態で、博物館の総合案内カウンターに置いてありました。館内の案内が、タッチパネルで操作できるという。インタフェース的に今と遜色がない驚き。たぶん、ハイパーカードで作られた画面を操作していたんでしょう。

そんなことはさておき。

昨年からiPhoneが壊れたり、友人のiPhoneが粉々になったり、MacBookのキー入力が故障したり、やたらとアップルストアに行く機会が増えてきました。

以前はハードウェアの故障と言えば、マウスやキーボードが壊れたり、メモリやハードディスクが怪しくなるか、バッテリーが焼き餅のように膨らむ程度。アップルさんに相談する必要がありませんでした。秋葉原にでも行けば、イケショップにでも行けば、秋葉館にでも行けば済んだのです。

しかし、今のアップル製品は個人でメンテができるレベルではありません。
どうやって本体を開けるのか?よしんば開けられたとして、どれが何のパーツなのか?Windowsマシンと違って、いろんなユニットがワンパッケージ化されていたり、アップルオリジナルのインタフェース用ケーブルがちらほら。正直、メモリ交換とハードディスク交換ぐらいしか触る気がしない。

すなわち。アップルストアに行くしかないのです。
(持ち込めるエリアに住んでいる前提で)

アップルストアで故障の対応をしてもらった経験を、改めて書こうと思います。
つまり、ジーニアスバーと呼ばれるお客様相談センターですね。

まず、ジーニアスバーって何だ?というところから、イメージコントロールが始まっています。
なんてことはない、お客様相談センターなんですが、名前だけ聞いてもよくわからない。
アップルのクールさは、ここに現れているんだなと再確認。
他のメーカーは、カスタマーセンターとか修理センターとか、相談窓口とか。センスの無い名前。しかも、金をかけているようにも見えないし、なるべく行きたくない歯医者のような存在に思える。
まあ、良くてもケータイショップの窓口ぐらいの接客スタイルですよ。整理番号が書かれた紙をもらって、椅子に座って待つ。

アップルさんは違いました。Webサイトで日時を指定して、時間枠を押さえる。
完全予約制です。人気病院か?
そして、ジーニアスバーに向かう。
行って驚くのは、そこに居る人たち。従業員と客が、みんな立ってる。
椅子が無い。どういうこと…。
テーブルはあるんですが…みんなで囲うような、2m四方ぐらいのテーブルがチョコチョコ設置してあり、MacBookが置いてあるだけ。
というか、予約してきたんだけど、どこに行けば良いの?
よく見ると、奥のほうにカウンターと椅子が並んでいます。おお、ほんとにバーみたいだ。
でも満席。
みんな忙しそう。
俺、ショボーン。予約したんだけど…。
しかも、他社ならあるはずの整理券や整理番号が無い。
どんどんうろたえる俺。
周りに目につく社員たち。
「あの、ボク予約を…」
忙しい社員は外国人客相手に英語で接客していて完全無視。
そして周囲には、無言で立ちながら待っている客、客、客。
待ってるはずなのに、列ではない。
みんなバラバラ。
どゆこと!?!?
もう疲れたよボクは…。
疲弊している俺に、ポロシャツを着たお姉さんが、話しかけてくる。
「お待ちですか?」
ええ…意味わかんないっすココ(ジーニアスバー)
なにやらiPhoneぽい端末で、予約時間に俺が来ているというチェックを入れている。
どこにいるかもメモられる。
「しばらくお待ちください」
とりあえず、ようやく順番待ちになった状態らしい。
待っていると、周りの客も同じように待っているのがわかってくる。
さすがアップル、外国人客が多くてびっくり。
しかし、椅子もないのに待たされるというのは日本企業ではアリエナイだろうな…。
5分ちょっとで、名前を連呼される。
こっちも応える。
はいはい、じゃ、このテーブルでお願いしますね、と言われて、立ったままテーブルを囲う。
座ることないのね…。
故障したマシン本体を見せる。
不具合を再現して見せる。
すぐに納得してくれたみたいで、交換するんで見積出します、サインくださいと。
サインする。
店員「治ったら連絡するよ、それじゃ!」
…サバサバしとるなあ。
ちなみにiPhoneが壊れたときは、その場で新品と交換されました。SIMカードの差し替えをやって、おしまい。
で、数日後、アップルさんから呼び出しの電話が来る。
行くと、はい、治ったよ〜確認してね〜と。
ふむふむ、なおってる。
店員「じゃ、サインして。支払いは現金?カード?」
カードでお願いします。
すると、店員はiPhoneの裏についている不思議な拡張カバーのスリットに、カードを通す。
サインをお願いします…と、iPhoneの画面にサインさせられる。
こんなん、ペンで紙に書くサインと違うものになるじゃないかっ(笑)
ということで、ありがとうございました。
え?
本体むき身で手渡し?
梱包なし?
はい
…ですよね…
ということで、梱包が全くないジーニアスバーでの修理でありました。

梱包してくれないって、すごいっすよ、知らないと店で呆然となる。
iPhoneの交換のときに予見してたから、カバーとバッグを持っていったから大丈夫だったけど。
ほんとにもう。
合理的すぎるぜアップルストア…。

« BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 | トップページ | 細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/46528393

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Store の 常識:

« BS朝日「歴史発見 城下町へ行こう!」 | トップページ | 細田守監督「おおかみこどもの雨と雪」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ