« アレクサンダー・ペイン監督「ファミリー・ツリー(原題The Descendants)」 | トップページ | 勝手にTwitterフォローして良かったアカウント5(2012年6月版) »

2012年6月 1日 (金)

中村義洋監督「ポテチ」

やっぱりサッカーよりも野球のほうが親近感がある八橋壮太朗です。

伊坂幸太郎原作の映画「ポテチ」を見た。

どんな映画なのか、eiga.com該当ページより引用。

ストーリー(あらすじ)
人気作家・伊坂幸太郎の同名中編小説(新潮文庫刊「フィッシュストーリー」所収)を中村義洋監督、濱田岳主演で映画化。同じ年、同じ日、同じ街で生まれたプロ野球のスター選手・尾崎と、空き巣を生業とする凡人の今村が運命に翻ろうされながらも、家族や恋人を巻き込んで目に見えない強い絆によってつながれていく姿を描く。舞台は伊坂作品おなじみの仙台。音楽は、同じく伊坂原作×中村監督作品の「フィッシュストーリー」「ゴールデンスランバー」も担当した斉藤和義。

キャスト: 濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、中村義洋、桜金造
監督・脚本: 中村義洋
原作: 伊坂幸太郎
音楽: 斉藤和義


いやあ。濱田岳主演ですよ。ついに来ましたね。上演時間68分という短めですが、これは期待。

かいつまんで、思ったことを箇条書きしてみよう。
・冒頭の話の流れが、とても工夫されていてスバラシイ。立ち上げがウマイ。脚本がいいんやろな。
・冒頭で濱田岳と大森南朋が会話しているだけなのに、無駄に笑っている観客が居て幻滅。
・大森南朋は全編を通してよかった。存在感というか。
・監督の中村さんは出すぎ!しかもオイシイところを持っていく。おい!
・エキストラ出演していたという竹内結子を見つけられませんでした…。
・全体のトーンをほぐしているのは母親役の石田えり。これは間違いない。他の人だったら、全体の印象がガラっと変わるはず。

時間が短いせいか、チケットは安いです。

で、思ったんだけれど、これぐらいの時間でいいから、安く見たい。2時間もいらんのに1500円かよ、みたいな映画が多くね?と思ったね…。

ポテチは、脱力して安心して見てられる映画でした。


« アレクサンダー・ペイン監督「ファミリー・ツリー(原題The Descendants)」 | トップページ | 勝手にTwitterフォローして良かったアカウント5(2012年6月版) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/45480854

この記事へのトラックバック一覧です: 中村義洋監督「ポテチ」:

» ポテチ [ここなつ映画レビュー]
本編が全て終わった時に、やっとタイトルの意味が判りました。俗語で軽くってコンビニ言葉で、さほど有難味のない単語、ポテチ。ポテトチップの事だと、誰でも簡単に判る。でもこの作品のタイトルに込められた思い…ラストシーンからずっと止めようもない涙を溢れさせていた私の気持ち、隣で一緒に鑑賞していた息子には生涯判るまい。 仙台で既に先行上映されているこの作品が、東京にやってきます。出演者舞台挨拶がある試写会に息子と二人で行って来ました。舞台挨拶は濱田岳と... [続きを読む]

« アレクサンダー・ペイン監督「ファミリー・ツリー(原題The Descendants)」 | トップページ | 勝手にTwitterフォローして良かったアカウント5(2012年6月版) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ