« 「AKB48 cafe & shop となりはガンダムカフェ」の過去 | トップページ | デビッド・フィンチャー監督「ドラゴン・タトゥーの女」 »

2012年3月 2日 (金)

距離感の実際 人格と業績 佐々木さんと町山さんと上杉さんと

はじめて触ったパソコンがMSXだった私が八橋壮太朗です。

以前にも書いたけれど、距離感の取り方を考えたい局面がとっても増えている。

なにしろ、好きな役者さんや漫画家さんたちと、接触できてしまうんですから。
Twitterなんて、特にそう。どうでもいい会話を、ひとこと、ふたこと。
そんな延長線上で、リアルにお会いできてしまうこともあります。
小劇場に行くこともあるので、控え室あたりで観客として来てるだけの役者さんとばったり顔を合わせることもある。
そんなときに、こちらはどうするといいのでしょうか。
「ファンです」「好きです」「応援してます」「がんばってください」「ありがとうございます」。それぐらいしか言うこと無いかもしれませんな。

今回、距離感を考える上で、声を大にして言いたいことは、どんなにいい仕事をしている人でも、勝手なイメージ像を作り上げてはいけないということ。むしろ、とてもイヤな奴かもしれないと、思ってみるぐらいがちょうど良い。

Twitterで、人が揉めることが珍しくなくなりました。佐々木俊尚さんが広告業界の人と盛り上がったり、メールを晒したり、町山智浩さんと上杉隆さんがアツくなったり。
正直なところ、佐々木俊尚さんは堪忍袋の緒が切れてしまうと、関わりたくない人だなあ、気持ちは分かるけどソレやっちゃいかんでしょう、と思う。メール晒したりとか、広報でもないメーカーの中の人を実名で批判したり。やり過ぎ。なんか距離を置きたい。そう思った。
町山智浩さんも、あまりにも乱暴な論調を我が物顔で展開するのを見て、嫌いなタイプの人だと思った。そりゃ、キラ☆キラに出演している「中の人」として、いい気になって語っていたんだろうけれど、「中の人」どころか、上杉さんという張本人に突っ込まれたら「証拠を出せ」「証拠出せないじゃん」という展開をするのは、見てられない。張本人が出てきてしまって「中の人」ヅラをして語ってたのが恥ずかしくみえる。
別に上杉さんを持ち上げる気は無いし、どっちが正しいのかなんて、どうでもいいと思ってる。でも、町山さんってお山の大将って感じだなあと、正直思った。

でも、これは人格、キャラクターの話。彼らが認められている仕事・業績とは、切り離して受け止めたほうがいい。完璧に分離しなきゃいけない、という意味ではないです。どうしても、同一化して語られてしまうもんですから、むしろ別物と考えたい、という意味です。

横山ノックや横山やすしが、どれだけエンターテイナーとして素晴らしくても、関わりたいかどうかは別物です。どちらも故人なので、あんまり引き合いに出すのは忍びないですが。

そういうわけで、佐々木俊尚さんがキレたら関わりたくないタイプのキャラだと感じても、メルマガは購読するわけです。町山智浩さんが、お山の大将で恥ずかしいキャラだと感じても、映画論評はありがたく読ませていただくわけです。上杉隆さんがデマ野郎と呼ばれても、メルマガ購読を開始するわけです。彼らの仕事ぶりに価値があることに変わりはありません。まあ、上杉さんの振る舞いが、一番共感できますけど。

こういうことが、どんどん知れ渡って、いろんな受けとめ方ができるようになる。これこそ多様性のある状態。少なくとも、炎上したり揉めているシーンで、「あっちが正しい」「こっちが正しい」とかをTwitter上で言って加勢するのは控えたほうがいい。Twitter越しに、ネット越しに、何が本当に正しいかなんて論じられると思わないほうがいいのだから。冷静に、あんな意見もあるね、こんな発言もあったね、どうなんだろう?と話をするのが良い。感情的に盛り上がっていたら、野次馬が喜ぶだけなのです。

というわけで、どんなに好きな役者さんであっても、漫画家さんであっても、人格を美化したり、なにかキャラクターに期待をしないようにして、ネットでのお付き合いをするように心がけています。本来、お話すらできないお相手ですから、お話ができただけでも嬉しいのです。そこを忘れてはいけない、そう思います。

« 「AKB48 cafe & shop となりはガンダムカフェ」の過去 | トップページ | デビッド・フィンチャー監督「ドラゴン・タトゥーの女」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/44304491

この記事へのトラックバック一覧です: 距離感の実際 人格と業績 佐々木さんと町山さんと上杉さんと:

« 「AKB48 cafe & shop となりはガンダムカフェ」の過去 | トップページ | デビッド・フィンチャー監督「ドラゴン・タトゥーの女」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ