« ドナルド・A・ノーマン「未来のモノのデザイン」 | トップページ | SHISEIDO presents エコの作法 明日の美しい生き方へ~ 「集う×鍋」 »

2012年1月20日 (金)

経済のことを2つばかり。デフレと経費のこと。

斉藤和義「無意識と意識の間で」が好きな私が八橋壮太朗です。

ここんところ思う、経済のことを2つ。

ひとつはデフレ。
物価が安くなっているとしたら、それだけ所得は実質的にアップしていると思う。
逆に言えば、商売は大変。売上が前期比で同じだったとしても、実質的には売上げアップしているはず。それでも額面上は増えてないことになるので、伸び率のノルマがある人は日々大変なんだと思う。
しかし、謎はある。
デフレと言いながら、生活必需品は値下がりしてないものも多いと思う。特にスーパーマーケットで野菜や肉を買うとしたら、値上がりしてるものもある。値段が一緒で量が減ったりしているものもあったりする。
そう考えると、今起こっているデフレというのは、企業活動の利益がどんどん目減りしているということなのだと思う。スーパーマーケットで値下がりしているものを考えれば、加工食品や惣菜が思いつく。食材をそのまま仕入れて売るほうが、コストが高いことになってしまっている。スーパーは街のセントラルキッチン状態。
なんてことだ。

もうひとつは、経費のこと。
経済は金を回してナンボだと思うけど、税制が変わって経費を抑えるようになったわけで。
これは経済まわらんでしょう。
消費税上げるんだったら、企業が経費を使ったほうがいい方向に戻してほしい。
みんな会社の金を使って企業活動ができるし、そこに消費税が入ってたら税収もUPするでしょう。
法人税を下げても、実質的には企業から税金を取れる。
ひょっとしたら税収アップするかもしれない。
なにより、いろいろな支出をすることで、企業の消費が増えれば経済がまわる。
そこが何より大事だと思うんだな。

頭がいい人に一度このことを聞いてみたい。。

« ドナルド・A・ノーマン「未来のモノのデザイン」 | トップページ | SHISEIDO presents エコの作法 明日の美しい生き方へ~ 「集う×鍋」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/43808795

この記事へのトラックバック一覧です: 経済のことを2つばかり。デフレと経費のこと。:

« ドナルド・A・ノーマン「未来のモノのデザイン」 | トップページ | SHISEIDO presents エコの作法 明日の美しい生き方へ~ 「集う×鍋」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ