« 第三舞台「深呼吸する惑星」@神奈川芸術劇場 | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「1980」 »

2011年12月31日 (土)

自分が変われば世界が変わる

よく猫をかぶる私が八橋壮太朗です。
今回は、2011年を締めくくって書かせていただきます。

今以上にずっと世間知らずだった××年前。
家と学校を往復する毎日。会う人、会う人、いつも同じ顔ぶれ。授業を受けて、部活して、ネットして。そんな変わり映えのしない日常の中で、ニュースな話題やテレビの向こう側が異世界に見えてくる。時間の早さも価値観も違う。職業、年齢、収入、すべてが非日常にしか見えない。ほんとうに、こっち側とあっち側は、同じ社会、同じ時間、同じ国なのだろうか。
そんな閉じた毎日に、はじめて社会とのつながりを感じたのは競馬だった。

競馬のテレビ番組を見るという「あっちの世界」。競馬のゲームをやるという「こっちの世界」。常にどちらかサイドで触れるだけだった。そこから、コンビニで競馬新聞を買って、実際に馬券を買って、レースが始まって、結果が出て、現金が戻ってくる。自ら競馬に参加して、結果が出て、また自分の財布に結果が返ってくる。このレスポンス感、自分が一人のプレーヤーであることの実感が、そのまま社会との繋がりの感覚だった。
競馬という、ひとつの社会の仕組みに自分の意思で参加することで、日常を変えることができた。(学校に通ってても馬券が買えてしまうという現実も勉強になったよね…。)

そこから、「あっちの世界」と「こっちの世界」を行き来することになる。変わり映えのしない日常と、社会という非日常と。

部活を頑張って、結果が出て、自分のランクが決まる。リーグに出場する。
勉強を頑張って、試験を突破して、学校に入る。資格を取る。
実は、こうやって日常も変化するし、どんどん社会の中に入っていくことになる。
働いて、収入を得て、生活する。これが社会人。これが「あっちの世界」の人になるということ。あっちの世界が、日常になるということだった。

しかし社会人になってみても、自分の生活範囲は固定化しやすいもの。新しい出会い、新しい知識、新しい空間。非日常は、まだまだいっぱいある。
日々の生活に行き詰まりを感じたら、いつも競馬を思い出すようにしている。
競馬場に行ったとき、場外馬券売り場に行ったとき、そこには目的も話題も共有できる人たちがいっぱい居たことを思い出す。そこで誰かと会話が生まれれば、そこに自分の空間ができる。

通勤ルートを変えてみる、毎朝カフェに寄る、本屋に入ってみる、電車に乗る位置を変えてみる。実際にやってみることが大事だし、いつもと少し違う自分を想像してみるのも面白い。そして、実際に何かが違うのか、面白いこと、発見は無いか、と思いをめぐらせてみる。すると、いろいろ気づくことができていく。
簡単なのは、お金を使うこと。花を買う、食器を買う、カラオケする、マッサージ店に行く。普段やらないことでも、ちょっとお金を出せばできることばかりだ。
自分の意思で、ちょっとした自分の行動を変えるだけで、世界は変わる。

さらに、インターネットという魔法によって、「あっちの世界」が身近になった。
好きなアイドルと会話ができる。好きなスポーツ選手に会える。株も買えるし、オークションも参加できる。
問題は、何に興味を持つか、何をやってみるかということ。

2011年は、好きな漫画家さんや映画監督さんと直接お話することができた。役者さんとツイッターで会話することもできた。それが「日常」にできているとは思わないけれど、そうする自分の意思が、自分を変え、新しい世界を感じることができる。

そして、新しい世界が教えてくれたのは、日常の大切さだった。
新しい世界にはステキな人がいっぱいいる。(みんな大人だしね)
ステキな人には、ステキな友人がいる。
自分の日常は、どうだろうか?ステキな日常だろうか?自分はステキだろうか?

今年は、たくさんのステキな人たちと出会えた1年でした。
ありがとうございました。

« 第三舞台「深呼吸する惑星」@神奈川芸術劇場 | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「1980」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/43535514

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が変われば世界が変わる:

« 第三舞台「深呼吸する惑星」@神奈川芸術劇場 | トップページ | ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督「1980」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ