« ヨーロッパ企画アンオフィシャルパンフレット「ヨロッパ通信」 | トップページ | とらドラ! »

2011年10月31日 (月)

LED電球を試してみました(TOSHIBA LDA8L-G)

今シーズンは「しょうが湯」にハマりそうな私が八橋壮太朗です。

LED電球を試してみました。
近所のショップでセール中だったので、つい。
いままで思っていたのは「白熱球も省電力になってるし、安いし、寿命もそんなに短くない。白熱球で充分。」
でも、気になるのは、気になる。
だって、電源のON/OFFによる負担に強いのは、どう考えてもLEDだし、電球が切れたときに不便な思いをするのは白熱球。蛍光灯タイプも、寿命が切れるときは電力を食う。やっぱり、どうしたって取り替えるまでは不便。

振り返ってみると、LED電球を買おうか迷ったときに、ハードルとして高いのは「買ったランプの型や大きさが、今の照明器具に使えるものなのか?」ということ。
まず、ソケットの形状は一緒なの?電圧とか電流とか、ちゃんと使える範囲なの?(変に電気の負担とかないよね)ってこと。あと、普通の電球より形が違っていたら、照明カバーと接触して使えないとか、起こらないか?ってこと。
まあ、このへんは蛍光灯タイプを買うときも、同じことですが。
なんせ、LED電球は3~4倍の値段がしますからね。使えなかったらショックです。
そりゃ、買うかどうか、店頭で迷いますよ。
自宅にある照明器具に適合しているのか、自信が持てないんだもの。

そして今回、電球が切れたのをきっかけに、人柱をヤル気になりました。
(高いって言っても、2千円ぐらいですから…)

Img_1077
今回買ったのが、コレ。TOSHIBA LDA8L-G。

店頭で見たら、PanasonicとTOSHIBAと、明るさや値段がバッチリ一緒。絶対足並み揃えてるだろ!!と思ったけど、形状は違いますからね。形状で選ぶしかない。あと、ブランドイメージか。でもLED電球にブランドイメージなんて、まだあんまり無いんで。やっぱり形状でしょう。

Img_1078
Img_1081
パッケージ、オープン。
なんというか、あまりにも白熱球と違いが無いもんだから、拍子抜け。
重さも、とくに変わらない。よく考えたら、中にフィラメント部分がLEDになってるだけですからね。
そりゃ一緒ですよね。むしろ蛍光灯タイプより白熱球に近い。
なんというか、ここまで違いがないと、変に説得力が出てきます。

Img_1087
Img_1092
美しい!量産されている工業製品の美しさを感じます。
すてきだなあ。

Img_1110
Img_1111
装着してみました。
いやあ、白熱球と何も変わらない。
変にギラギラしてたりするんじゃないか、って思ってましたけど。
ぜんぜんそんなことありません。一緒です。
たぶん、これぐらい一緒に感じる明かりを作るのは、日本の家電メーカーの執念がある気がしました。たぶんですけど。

今回、安心して、LED電球に切り替えてOKだということが分かりました。
おすすめです。
(想像ですが、白熱球らしさを求めたら日本の家電メーカーブランドを選んだほうがよさそうです。実際にはメイドインチャイナでも、設計やチューニングが日本メーカーならOKと思います)



TOSHIBA E-CORE(イー・コア) LED電球 (光が広がるタイプ・密閉器具対応・フィンレス構造・E26口金・一般電球形・白熱電球40W相当・全光束485lm・電球色) LDA8L-G
(Amazonで詳細を確認する)

« ヨーロッパ企画アンオフィシャルパンフレット「ヨロッパ通信」 | トップページ | とらドラ! »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/42743960

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球を試してみました(TOSHIBA LDA8L-G):

« ヨーロッパ企画アンオフィシャルパンフレット「ヨロッパ通信」 | トップページ | とらドラ! »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ