« beyond the sea(ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~) | トップページ | 「空から日本を見てみよう」「和風総本家」 »

2011年9月 2日 (金)

村上かつら「ラッキー」

レゲエブーム再燃を熱望する私が八橋壮太朗です。

俺の心をつかんで離さない漫画家村上かつらさんの「ラッキー」を読む。

裏表紙より引用

日置祐太、小学5年生。
パパとふたりで団地に住んでます。
ある日、押し入れの中から 長いこと放置された犬ロボを発見。
それはママの思い出が沢山つまった不思議なロボットだった。名前はラッキー。
ぼくとラッキーの不思議な生活が始まる。

これまで村上かつらさんの本は、短編集、CUE、サユリ1号と読んできた。ネットのレビューとかを読むと青春物語が持ち味、みたいな書かれ方をしていて。この「ラッキー」は小学生が主人公ということで、「なんか違う」みたいな評価もあるようです。いやいやいやいや。何をおっしゃいますか。これだけ記号的なのに心情が表現されている持ち味は、村上かつらさんパワーですよ。むしろ、家族愛がこれだけ描かれていて、フトコロの広さを見せてくれたな!ってところです。

そう、この「ラッキー」を読んで、なんで村上さんの作品が好きなのかが分かった気がするんですよ。基本的に主人公以外の描き方が、冷めてる。客観的というよりは、冷めている。それだけに主人公の内面が際立って伝わってくる。この温度差が好きなんだな。「ラッキー」で出てくるパパですら、表面的なところから見えてくる感情が描かれている程度だと思う。表現しすぎない、でも読み取る気があれば、深く読み取れる。それだけ実は丁寧につくられているということでしょう。

主人公と、主人公以外の距離感。作品と読者の距離感。漫画家と読者の距離感。全てが心地よい。

ラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)Bookラッキー―Are you LUCKY? (ビッグコミックス)

著者:村上 かつら
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« beyond the sea(ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~) | トップページ | 「空から日本を見てみよう」「和風総本家」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/41253585

この記事へのトラックバック一覧です: 村上かつら「ラッキー」:

« beyond the sea(ビヨンドtheシー ~ 夢見るように歌えば ~) | トップページ | 「空から日本を見てみよう」「和風総本家」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ