« 水曜どうでしょう2011年新作 | トップページ | 村上かつら「淀川ベルトコンベアガール」 »

2011年9月15日 (木)

巌流島@PARCO劇場(1996年)

人間にも肉球があったらいいのに…と思う私が八橋壮太朗です。

昔の芝居の映像を久しぶりに見る。今回は「巌流島」であります。

巌流島 作:三谷幸喜 演出:山田和也 出演:役所広司、鈴木京香、益岡徹、宮地雅子、小野武彦、小林隆

宮本武蔵(役所)と佐々木小次郎(益岡)が巌流島で決闘する直前の話。決闘の日時を間違えていて、なかなか武蔵が来ないと思った小次郎が、武蔵の宿まで迎えに行くというところで起こる笑い話。

当時、台本の締め切りが守れなかった三谷幸喜。公演日に間に合わず、ズルズル行ったことで、当初は小次郎を演じる予定だった陣内孝則が降板したことで、一部ではおなじみです。

このころまでは、芝居を収録した番組がNHKで放送されてたんですよね。
「罠」「巌流島」「笑の大学」「君となら」は、NHKで全国放送だったのです。
このころが、一番好きな三谷作品なんですよね~。
そのあとはパルコでパッケージを買うか、WOWOWで見るか、になってしまいましたが。
パルコのパッケージも、WOWOWの番組も、ぜんぜん見てないんで、あんまりこういうこと言うのはへんだけど、NHKが収録する芝居は、ちゃんとしてて好き。
だいたい一般的に、ステージを収録した映像って、あんまり良くないというか、しっくりこない。

ともかく、巌流島。
魅力は、堅いイメージの役所広司がノリノリなキャラであること。この作品でファンがばっちり増えたのだとか。このまま映画出まくりになっていくんですよね。
そして、真面目な佐々木小次郎。当初の陣内孝則が小次郎だったら、逆の印象でぶつけたかったんでしょう。それはそれで楽しみだったけど、益岡徹さんはキッチリやってのける、スバラシイ役になっていて大満足。

小野武彦さんのパワーがいい感じに発揮されていて、なんとも嬉しい。
再演してくれないのかなあ。

« 水曜どうでしょう2011年新作 | トップページ | 村上かつら「淀川ベルトコンベアガール」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/41502330

この記事へのトラックバック一覧です: 巌流島@PARCO劇場(1996年):

« 水曜どうでしょう2011年新作 | トップページ | 村上かつら「淀川ベルトコンベアガール」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ