« サントリー 南アルプスの天然水 | トップページ | 「俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い」烏賀陽 弘道、西岡 研介 »

2011年8月16日 (火)

ボランティアと経済効果

アナログ放送終了とともに、テレビを見るのもやめる、という声を複数聞いた私が八橋壮太朗です。地震が起こったらNHK、というのは不動のポジションだと思いますが。そこはどうするんでしょう。

さて、日経新聞が販促のために本紙を無料配布してました。我が家にも無言のポスティング。
どれどれ、自宅で読む日経なんて久しぶりだぞ。

目を通してみると、いつもどおりというか。
別冊で「日経PLUS1」というのも同封されていて、こっちにはビックリ。
1面がスイーツランキングとか。媚びすぎやろ。日経MJとかから引っ張ってきたんか?とか思っちゃうぞ。
もう、情報過多なんだから、いくらネットしないようなご家庭でも、いらんやろ…。
しかも、東京駅スイーツランキングと、新大阪駅スイーツランキング、だったかな。もう限界やろ、東京と大阪やっとけばいいみたいなのは。そんな、ものすごくゲンナリしたまま、2面を開くと、こんな記事がありました。

Img_0662
ボランティアの経済効果は?

ボランティア(東北のガレキ撤去)の話。かいつまむと、次のような話。
「ボランティアのためと言えば休みやすくなった会社員」→企業も前向きに取り組んでいる
「ボランティアの人たちが寝泊りしたり食事したりするので地域にお金が落ちる」→経済効果が何兆円も!

俺は日経にそんな記事を求めてないんだよ。別の視点で教えてよ。

ボランティアって、何かの仕事を無償でやるわけで。それってダンピングみたいなもんやんか。労働価値を不当廉売みたいな。ニーズはあるけど儲からない、だから大丈夫、というふうに俺は考えてる。
(もちろん、ボランティアそのものを否定する気は全くありませんよ!)

こういうボランティア活動に対して、ふつうの経済活動のひとつとして組み込む方法、良いソリューションは無いんでしょうか。その仕事が必要だというニーズはある。ボランティアをしたいというニーズもある。ただ、誰も儲からないということになっている。でも、経済効果があるんでしょ?何兆円も。そこの儲かる人たちから、ファンドみたいなものを作るとかできないんでしょうか?基金とか作って、ボランティアを促進する。俺がポイントだと思っているのは、ボランティアやってる人たちも、何かしらの対価をちゃんと得なさいということ。それがお金だとイヤだという人たちも大勢いるとは思うんだけど、せめて何か別のものでもいいから、対価をしっかり得て欲しい。

「お金に変えられない対価」「プライスレス」の存在を、うまく昇華する方法が求められていると思うんですよね。
で、それってうまくできたら、ソーシャル時代にズババンとハマると思うわけです。
日本もチップを払う文化にしていく…みたいな話だとしたら、そのチップ文化をネットに組み込めば…!とか思うわけですよね。けっこうそんな声はよく聞くので、いまさら感も抜群ですが。ええ。

で、そういう話を日経にはして欲しいわけですよ。
経済効果がスゴイ!っていうんだから、そういう話を期待したいんですよ。
なんか、薄っぺらくないですか??

ちなみに、「ボランティアのためと言えば休みやすくなった会社員」の話って、一部の大手企業だけだろ?って思うわけですよ。もちろん、リーディングカンパニーが率先してやっていくべきだとは思うから、それを責める気はないけれど。これって「いまだに休む権利を行使させてもらえない日本企業」という話なだけで、「大手さんは余裕があっていいですねえ」というふうにしか見えないんだよな。
休みたくても休めない企業とかも出して、「いまだに休めない会社もあるので、改善されるべき」みたいな話にしておいてほしいね…。

« サントリー 南アルプスの天然水 | トップページ | 「俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い」烏賀陽 弘道、西岡 研介 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/41155693

この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアと経済効果:

« サントリー 南アルプスの天然水 | トップページ | 「俺たち訴えられました! SLAPP裁判との闘い」烏賀陽 弘道、西岡 研介 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ