« 日本語は誰のものか | トップページ | iPod nano まさかの… »

2011年8月 1日 (月)

音楽劇リタルダント@パルコ劇場(2回目)

日本橋を自転車で通っていたら、「ダンナ!ダンナ!」と呼び止められたことがある私が八橋壮太朗です。職務質問されただけなんですがね、ええ。

音楽劇リタルダント、再び。今回は、いつもどおりネタバレ気にせず書きますので、そこんとこよろしくお願いします。東京公演は終わりましたが、名古屋と大阪公演はこれからなので、これから見るって人は、基本的に読まないように。そういう内容のお芝居であります。

リタルダント公式サイトより引用

作:中島淳彦 演出:G2
音楽:荻野清子
出演:吉田鋼太郎、一路真輝、高橋由美子、伊礼彼方、松下洸平、市川しんぺー、山崎一

音楽雑誌の編集長とその妻は、ワケありの新婚一年目。
やっと生活が落ちつきかけた頃、夫が若年性アルツハイマーと診断される。
妻に想いを寄せる後輩、夫と一度だけ過ちを犯した部下、
父親の再婚を許さない前妻の息子に、その性格からか妙に屈折した妻の兄。
微妙な人間関係が共鳴する不協和音のなかで、聞こえてきたメロディーは?
最愛の人が壊れても愛したい、愛し続けたい。


やってきましたパルコ劇場。前回見たときは、最後の最後で大きめの地震があって、とてつもなく怖かった。肝心のシーンで集中できなかったこともあり、今度はしっかり堪能させていただきましょう。

ストーリーは一度見ているので余裕をもってみれました。
結婚して半年で旦那がアルツハイマーになる。旦那は2度目の結婚なんだけど、どんどん記憶が保持できなくなって、前妻の名前しか口から出てこない。今の妻に、前妻の役を演じさせてしまう。妻は、もう旦那から自分を認識してくれていないのではないかと思ってしまう。しかし、あることをキッカケに、しっかり妻を愛していることがわかる。毎日の出来事を忘れないために、いつも書いているメモ。その大量のメモには、妻の名前がいつも書かれているのであった。
冷たく短縮すると、そんな話。

うまくリスペクトした表現がみつからないので、悪い言い方みたいで不本意なんだけれど、あんなにうまく「泣き落とし」しにくるストーリー、演出はいままでで一番。マッサージ産業に成り下がった映画は多いけど、リタルダントは違います。薄っぺらい、見え透いた泣き落としではありません。これだけドストライクに揺さぶりをかけてくれる話も演出も、なかなかやろうとすると難しいはず。初回は地震さえなけりゃ、涙ものでした。だから内容をあまり知らずに見に行ったほうがいい。俺は二回目でも泣きそうだったけど。

ほんとうに感心するのは、演出のバランスの良さ。劇中に歌うのはあんまり受け入れないほうの俺でも、リタルダントは、とてもしっくり来ました。重い話なのに笑える部分も多くて、堅苦しさもない。現実離れしてるわけでもないし、リアルすぎることもない。あの味付けは絶妙すぎる。大絶賛。間違っても中途半端なのではない。キッチリ、いいトーンが作られている。

さて、せっかく2度目なので、なにか変化があるかなと思って見てたら。細かいところで、意外と違います。アドリブけっこうありました。役者さんたちが生き生きするので、いい試みだなと。
今回、それどころじゃないぐらいパワーアップしている役者さんがおりました。高橋由美子。彼女の役どころは、なかなか難しい。あんまり目立ちすぎてもどうかなみたいなところもある役なんです。初回見たときは、吉田さんと市川しんぺーさんとの関係が、さらに深みを見せてくれていましたが、今回は高橋由美子さんですね。心情がものすごく伝わる。今日は光ってた!

ひとつ、最近気づいてきたことだけれど、俺は同じ芝居を2回見てもなかなかハマれないタイプです。やっぱり初見の醍醐味は大きい。しかも、それが公演初日とかであれば、役者さんたちも緊張感があってガチっぽさが出てきます。まあ、いつもガチでされているとは思いますけれどね。公演終了日の前日とかに見ると、余裕が出てたり、コナしてる感じがけっこう感じられるものです。緊張感の持続は、最大の課題なんでしょうね。リタルダントも、公演初日に見られてよかったです。

さて、猫のホテル12月の新作情報、新しく入っております。
楽しみであります。
「わたしのアイドル」(仮題)
Panf1

« 日本語は誰のものか | トップページ | iPod nano まさかの… »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/41020604

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽劇リタルダント@パルコ劇場(2回目):

« 日本語は誰のものか | トップページ | iPod nano まさかの… »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ