« 忘れられない人物 | トップページ | 音楽劇リタルダント@パルコ劇場(2回目) »

2011年7月28日 (木)

日本語は誰のものか

天下一品といえばこってり、こってりといえば天下一品だと思う私が八橋壮太朗です。
真面目な話もたまには書きたくなるんです。

前にも書いたことがあると思うけれど、中高生のころは国語の授業が嫌いだった。もっと言うと、テストに出てくる問題で、作者のいいたいことはどれか選択肢から選べ、なんていうのが嫌いだった。文章を読んで、字面どおりに受け止めるだけでは許されない場合がある。ストレートに書かれずに遠まわしの表現をしているものなんて、読解力なんて言えばもっともらしいけれど、どれだけ自分を殺して、書いた人間の意図に寄り添えるかという話だ。いや、勉強内容そのものを否定しているわけじゃない。どういう文章表現に対してどう読み解くことが正しいのか、公式見解として存在しているだけ。それを勉強することはとても大事。でも、その教えのままに個人の受け止め方や感受性が規定されるようでは、危ないと思う。

なんでこんなエントリを書いているかというと、最近になって国語教育を見直すべきじゃないかと思うようになった。

あまりにも、日本語はコレです!正しい日本語はコレだ!と言い過ぎている。

よく、ことわざの意味を覚えさせられました。「トドのつまり」とは?成長すると呼び名が変わる出世魚のボラが、成長していって最後にトドになる。転じて結局などという意味だそうで。俺は思いました。「知らんがな」。
あと、自分には能力がありません、と謙虚な姿勢で言うときに「ボクには役不足ですから」とかって言うと、それは間違っている!とご指摘されるわけです。本来は「自分にとっては、そのお役は不足している=たいした役じゃない」という意味だと。また俺は思いました。「知らんがな」。

俺はね、正しい意味を知らなくていいと言いたいわけじゃないんですよ。
昔のヤツらが「転じ」たりして作った言葉なわけですよ、こういうの。
なんで今、言葉を使っている俺たち現役「日本語ユーザー」は、転じたり、新しい解釈をしてはイカンのだ?
言葉は生き物でしょう?
「その言葉の使い方は間違っている」「言葉が乱れている」「ら抜きはイカン」
まあ、そう言いたくなる気分ぐらいは俺もなることはあるけどさ。
そんなこと言ってるから、新しい言葉をつくる能力が無いんすよ!
どんどんカタカナワードでしか表現できないものが増えてるんですよ!

日本語愛みたいなものがあるのだとすれば、もっと積極的に、日本語を使って欲しいと思う。ウェブとかパソコンとか、漢字で造語してくれよ。新しいモノには、新しい言葉を作っていかなきゃ使われなくなるよ!

電子メールとか言うけどさ。電子手紙って言わないでしょう。
便所とかって言わずに、トイレって言うでしょう。
日本語が美しいとか言ってる人は、ぜひトイレと言わずに便所と言うように心がけてほしいものです。
俺は「カワヤ」と言うのが精一杯。

んで。

日本語が好きで、正しい日本語を確立したい、教えたいというのは、わかる。
でもさ。日本語を「守りたい」とか。日本語が「乱れている」とか。
それって、本当に日本語が好きなんですか?
一度習得した「正しいとされる日本語」を既得権益のように振りかざしたいだけなんじゃないの?
自分は正しい日本語を知っているから、他人の間違いを見つけて足を引っ張りたい。粗探しをしたい。
そういう自己満足のような意地の悪い欲求があるだけじゃないの?

こういうことを言っていると、文化的な大事さがあるんだから、しっかりいままでの日本語を守ることは重要だというツッコミをされる気がします。

ええそうでしょう。否定はしません。否定はしませんが、コミュニケーションの道具としての日本語は、その既定路線ではダメになっていませんか?

婉曲表現を多用したり、主語がなくてもよかったり(主語は推測するしかない)。
ビジネスシーンに合う日本語って、発達してないんじゃないの?
ビジネスが欧米化してるとか、って思ったこともありましたが。
どちらかというと、新しい仕事、新しいビジネスがどんどん生まれているのに、日本語がついていってないだけ。
そう思うんですよ。俺は。

難解な表現を駆使したり、文化性を保持するための日本語ばかり教えて。
主語、述語を明確にして、コミュニケーションのツールとして使う側面はしっかり教育できてるんですかね?
読み解き、正しさを極めることに偏っていると俺は思います。

日本人お得意の二枚舌で、やっていきませんか。
正しいとされる日本語はコレですよ~。と教えつつ。
でも、俺らは自由に言葉を使っていってええよ、というのも教える。
んで、人の言葉を「間違ってる」とか「乱れてる」とか言って揚げ足を取らない。

それでいいと思う。

日本語は、俺らのものでしょう?

« 忘れられない人物 | トップページ | 音楽劇リタルダント@パルコ劇場(2回目) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/40854233

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語は誰のものか:

« 忘れられない人物 | トップページ | 音楽劇リタルダント@パルコ劇場(2回目) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ