« 冷麺ランチ@チェゴヤ神保町店 | トップページ | 甲斐谷忍せんせいのチャリT、届くの巻 ONE OUTS渡久地Tシャツ »

2011年7月12日 (火)

Lie lie Lie (永遠も半ばを過ぎて)

この夏、辛いカレーブームが到来している私が八橋壮太朗です。

中原俊監督の映画「Lie lie Lie」が好きなんだけど、まったくもってDVDになっていない。
これはどういうことだ!
…というエントリです。

まあ、言いたいこと言っちゃったんでアレなんですが。

豊川悦司が詐欺師ですからね。これは楽しいですよ。
佐藤浩市が写植オペレーター(もうそんな職業はないでしょうが…)。
鈴木保奈美が出版社の編集。前半は出てきません(^^)
原作が中島らも「永遠も半ばを過ぎて」。
では、あらすじを引用してご紹介。

Goo 映画 / Copyright(C)Kinema Jumposha, Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright(C)MovieWalker
http://movie.goo.ne.jp/movies/p30695/story.html

不眠症の電算写植オペレーター・波多野は、昼も夜も黙々と写植を打つ日々を送っている。その彼のもとに高校時代の同級生・相川が現われ、生鮮食品買い付け会社の代表取締役をしていると説明し、商売の種である珍種の貝を預けていった。その貝を腐らせてしまって以後、相川は何となく波多野の所に居つくようになる。実は相川は詐欺師だった。仲間のよっちゃんと取り込み詐欺をはたらいて北海道へ逃亡した彼は、千頭組組長の娘・キキと関係を持ち、彼女から大金を借り逃げしたあげく、千頭組の田に命を狙われて波多野の元に辿り着いたのである。そんな折、波多野の出入りの印刷屋・三谷から医師協会年史競合プレゼンの話を耳にした相川は、自分を造本家だと売り込み、見事な話術と芝居とで年史製作の注文を獲得してしまった。いつの間にかその詐欺の相方をつとめていた波多野と言えば、睡眠薬でラリった時には、無意識に大量の原稿を写植機で打っている。相川はこれを、過去の外国に実例の見られる幽霊が書いた本として、出版社に売り込もうとした。応対した女性編集者の美咲は、原稿の内容に感嘆しながら、翻訳者だという相川の嘘も見抜く。だが仕事と会社と不倫上司の口説きに倦み、波多野の魂に魅かれつつある美咲は、自分も詐欺に加わることを条件に出版の話を進めていった。美咲は初版印刷部数の数字をわざと書き間違えて上司と会社に打撃を与えようとするが、結果、本は大量販売されることになる。文学者・平沢とのテレビ討論もあって出版は大成功となったが、その記念パーティの席で相川がキキと田に捕まり、キキを説得して相川を救う美咲の姿を見た波多野は、彼女へ抱いていた想いを閉じ込めてしまった。そして相川が去った数日後、もう無意識の原稿を打たなくなった波多野は、写植機を通じて美咲に想いを告白する。美咲もまた同じ想いだと応えたその時、相川が次の話を持って戻って来た。

この、写植オペレーター波多野の安定感と、いろいろ吹き込み展開の波が激しい詐欺師相川のコントラストが面白すぎる。だんだん波多野は感化されたのか突拍子も無い動きをしはじめるし、終盤は相川のほうが落ち着いてきている気もする。
しかし、この話の筋の面白さといったらアナタ!さすが中島らも様。
無意識に写植機で原稿を打つというアイデア、好きだなー。
編集者の美咲のキャラが男勝りなのが更に良い。
各所に「このあとどうなるんだろう」という期待感、ドキドキ感が詰まってる。
おすすめです。

VHSなら存在するんで、何度か借りて見てましたが、さすがに21世紀。我が家にVHSデッキはありません(^^;


永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)Book永遠も半ばを過ぎて (文春文庫)


著者:中島 らも

販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 冷麺ランチ@チェゴヤ神保町店 | トップページ | 甲斐谷忍せんせいのチャリT、届くの巻 ONE OUTS渡久地Tシャツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/40640885

この記事へのトラックバック一覧です: Lie lie Lie (永遠も半ばを過ぎて):

« 冷麺ランチ@チェゴヤ神保町店 | トップページ | 甲斐谷忍せんせいのチャリT、届くの巻 ONE OUTS渡久地Tシャツ »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ