« 百歳酒を買ってきました!おいしいっす!おすすめです! | トップページ | 品川 韓国系居酒屋の巻 »

2011年6月 5日 (日)

キャラメルボックス「水平線の歩き方」「ヒア・カムズ・ザ・サン」@サンシャイン劇場

路地裏っていうけれど、裏路地の間違いじゃないのかと頭をよぎらせる私が八橋壮太朗です。

本日はチケットを譲り受けて初のキャラメルボックスを見てきました。
演劇集団キャラメルボックス
キャラメルボックス2011ハーフタイムシアター「水平線の歩き方」「ヒア・カムズ・ザ・サン」@サンシャイン劇場
キッチリ書くと長いっすね(^^;

本日の目的はキャラメルボックスの魅力の鍵を見つけてくること…。もちろん、楽しみたいというのが第一ですが。。

なんと「ヒア・カムズ・ザ・サン」に出演予定だった西川浩幸氏が4月に脳梗塞で入院されたとのことで、出演できず。なんということだ…。ビデオメッセージを見ることができて、とりあえず元気だということでしたが、心配は心配ですね。見れなかったのは本当に残念ではありますが元気というのは何よりでした。

さて、まずは「水平線の歩き方」…という前に、ご挨拶がありまして。地震対応の話と、ケータイ切ろうねという話。ハキハキとしたしゃべり方が、気持ちいい。変にアナウンスで言われるのと違ってスッキリさわやかであります。

で、始まりました「水平線の歩き方」。ふむふむ。そして「ヒア・カムズ・ザ・サン」。ほほう。

ヒア・カムズ・ザ・サンは、後半になると感動のあまりすすり泣いている音が聞こえてきます。実は私はちょっと設定の部分で感情移入しづらい部分を消化しきれないまま後半に行ってしまったので、感極まれませんでしたが、ええ話です。自分に投影できる度がもっと高ければ、泣けそうですねこれは。。

2本立てを終えて、キャラメルボックスの魅力とは何なのかを紐解くつもりでしたが、2作品見ただけでは答えが出ないなあこれは。
気づいたことはいくつかあります。
ファンタジー要素が、まま含まれている。
セリフとシーンのテンポの速さ+BGMの使い方=CM的スピード感で最後まで突っ走る。
ジャンル要素ではなくて、ドラマ性、人間関係で話が成り立ってる2作品。
などなど。

今日の感想を一言でいえば「すっきりさわやか」。
ごちそうさまでした。


ところで、配られたチラシの中に、第三舞台の速報が。
これはチケット取れないんじゃないのかい??
Thirdstage


« 百歳酒を買ってきました!おいしいっす!おすすめです! | トップページ | 品川 韓国系居酒屋の巻 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/40267157

この記事へのトラックバック一覧です: キャラメルボックス「水平線の歩き方」「ヒア・カムズ・ザ・サン」@サンシャイン劇場:

« 百歳酒を買ってきました!おいしいっす!おすすめです! | トップページ | 品川 韓国系居酒屋の巻 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ