« 映画「東京物語」「地獄門」デジタルリマスター | トップページ | 芝浦ブラウザー@東京グローブ座 »

2011年4月 4日 (月)

スピリチュアルな1日@紀伊國屋サザンシアター

「入れ物」と「出し物」では大きな違いやんけ、と勝手に一人でツッコミを入れる私が八橋壮太朗です。

石田明(NON STYLE)出演の「スピリチュアルな1日」を見てきました。場所は紀伊國屋サザンシアター。またまたうっかり千秋楽です。

結論から言いましょう。良かったです。

はっきり言って、もともとヨーロッパ企画の諏訪さんと猫のホテルの菅原さんが出てなかったら観にいかなかったんですけどね。それは失礼だったと思うぐらい、とてもいい内容でした。見てよかったです。パワーいただきました。

何がいいって、役者さんたちのパワーがバランスよくまとまっているというか、全体力がしっかり出てるのがいい。もちろん、ひとりひとりも輝いてるぜ。

印象としては、キッチリこなす菅原さん。全体をシメる役柄で、安定感抜群でした。インチキ霊媒師の衣装があんなに似合うとは。
諏訪さんは、奥さんを束縛気味なダンナの役。なるほど、ラブラブ夫婦のダンナは予想以上にハマりますね。途中、自縛霊に対してだけは強気になるので、二面性が垣間見れるのですが、もっと強弱をつけたメリハリのある性格を出せるような演出になると、もっと良くなるんじゃないかと思いました。

ここまでは、お目当てのお二人だったのですが、いやあ、良かったですよみなさん。

とくに須藤理彩さん。これまたハッキリ言って、この芝居は須藤さんの演技が肝でした。途中、回想シーンに入るところは魅せてくれました。これや!演技ってこれや!と思いました。須藤さん見れただけでも満足でしたね。

そして脚本小峯裕之&演出板垣恭一の両氏。あと、このスタッフとキャストをまとめた人(プロデューサーかな?)。
エンターテイメントのショーとして、バランスとまとまりのある、いいチームでした。一歩間違えると、馴れ合いで緊張感が無くなりそうなもんなのに、緊張感がちゃんとあって良かった。ノリだけでやってると、ああいうふうにはならないだろうし。

欲張って何かを要求するとすれば、このチームの持ち味が欲しい。ココを見てくれ!ココを見せたい!っていうのがあれば、絶対伝わるし、リピートする人も居るはずだし、もっと長期公演にできるんじゃないかな。全体的にとてもよかったので、そんなふうに欲張りたくなりました。

« 映画「東京物語」「地獄門」デジタルリマスター | トップページ | 芝浦ブラウザー@東京グローブ座 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/39479621

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルな1日@紀伊國屋サザンシアター:

« 映画「東京物語」「地獄門」デジタルリマスター | トップページ | 芝浦ブラウザー@東京グローブ座 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ