« 劇団イナダ組「第3柿沼特攻隊」@紀伊國屋サザンシアター | トップページ | (1)人間中心設計を知ろう 「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」ドナルド・A. ノーマン »

2011年2月28日 (月)

「カリスマ」「CURE」@早稲田松竹(黒澤清特集)

電車は花粉の運び屋だと叫ぶ私が八橋壮太朗です。

早稲田松竹に行ってきました。黒澤清監督特集が目当てです。
まずまずの客入り。

最初は「カリスマ」。
池内博之の存在感がいい。

次は「CURE」。
やっぱり、うじきつよしいい。荻原聖人もいいけど。俺はうじき。

そんなことしか書きませんよ~。
なんか書くとヤブヘビになりそうなのが黒澤清監督映画。
・語り過ぎない
・緊張感と葛藤の持続
これでしょう。一般的なメジャーな作品にも欲しいと思うのは。
おかしくて笑えるシーンがあるのも嬉しい。

« 劇団イナダ組「第3柿沼特攻隊」@紀伊國屋サザンシアター | トップページ | (1)人間中心設計を知ろう 「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」ドナルド・A. ノーマン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/39043962

この記事へのトラックバック一覧です: 「カリスマ」「CURE」@早稲田松竹(黒澤清特集):

« 劇団イナダ組「第3柿沼特攻隊」@紀伊國屋サザンシアター | トップページ | (1)人間中心設計を知ろう 「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論」ドナルド・A. ノーマン »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ