« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 自分でやる善意は押し付けたい善意だったタイガーマスク運動 »

2011年1月12日 (水)

アイデン&ティティ(田口トモロヲ監督)

今年は加湿器がなくても冬をしのげると思ったら、やっぱり無理だった私が八橋壮太朗です。

やっと見ました「アイデン&ティティ」。みうらじゅん×田口トモロヲ初監督な映画です。

みうらじゅんの自伝的な話が原作で、バンドブームに乗っかってみたけどパッとしない。でもやりたいことやるのがロックじゃね?みたいな映画です。

銀杏峯田和伸もいいし、大森南朋も好きだけど、男子目線だと明らかに麻生久美子でしょう。
この映画の麻生久美子は男子が勝手に作り出す理想の女性像かもしれない。
男子はこういう役割を女性に求めてしまうんやろな。
セリフがいちいち「言ってほしいセリフ」なんだもんな。存在感も。
途中チラっとだけ出てくる平岩紙がかわいかった。

50過ぎの田口トモロヲが作っているというのが驚きだし、いい時代を生きてきたんだろう。

結論。うらやましい。


« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 自分でやる善意は押し付けたい善意だったタイガーマスク運動 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/38391599

この記事へのトラックバック一覧です: アイデン&ティティ(田口トモロヲ監督):

« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 自分でやる善意は押し付けたい善意だったタイガーマスク運動 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ