« アイデン&ティティ(田口トモロヲ監督) | トップページ | 彼女に「何を食べたい?」と聞くこと »

2011年1月13日 (木)

自分でやる善意は押し付けたい善意だったタイガーマスク運動

スマホとトクホとアメホとダメポとヌルポに大きな違いがないと思う私が八橋壮太朗です。

タイガーマスクの主人公伊達直人を名乗った贈り物が日本各地で相次いでいるらしい。フジテレビ「とくダネ!」でコメンテーターの竹田圭吾さんは、「注目を浴びたいという感じがする」「善意で寄付をするとかならあしなが育英会とかの募金もあるわけですし」「あまり取り上げない方がいいと思いますよ」というような発言をされていた。これには全く同意。

子供10人の施設にランドセル7個とか送りつけたら、残りの3人どうするんだよ!的な意味でも失笑もの。善意を押し付けて賞賛されたいだけなんだよな。

ただ、「募金があるからそれでいい」とは思ってない。善意をどういう形で示すかは、人それぞれだ。おそらくその選択肢が少ない、人に任せたくない、結果が知りたいという意図が強くなって、伊達直人名義のプレゼントに行き着いたのだろう。

うまく煽ってあげて、簡単なやり方を示してあげれば、善意として金(それも大金)を払う人が居る(しかも全国的に)という現実は大きい。

それを何かのサービスに…という意味ではなくて。

押し付けたい善意を、受け入れたい善意にするための方法は、もっと洗練されていくべきじゃないか。

「モノ」依存性が高くて「納得」できないと気がすまない日本人の気質が見て取れる気がした。

« アイデン&ティティ(田口トモロヲ監督) | トップページ | 彼女に「何を食べたい?」と聞くこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/38439549

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でやる善意は押し付けたい善意だったタイガーマスク運動:

« アイデン&ティティ(田口トモロヲ監督) | トップページ | 彼女に「何を食べたい?」と聞くこと »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ