« レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース「シェア」(監修・解説 小林弘人) | トップページ | おにぎり 旗揚げ公演「斷食」@座・高円寺 »

2011年1月25日 (火)

キャラクターと文脈に気づいたゼロ年代

コーヒーはアメリカンにミルク、砂糖なしが基本の私が八橋壮太朗です。

コンテンツと呼ぶことが普通になりました。作品をコンテンツと呼ぶことに抵抗があって、こだわる人もいます。コンテンツビジネスという呼び方も目新しく感じません。それは、本や新聞、ネットなどで語られることが多くなったからで
しょう。自然なことだと思います。そうすると、それまで魅力的だと思って受け入れていたコンテンツの姿(本や映画や音楽などの派生していくようなものまで含めたもの)に対して見る目が変わってきます。ああ、儲けるために作った派生商品なんだこれは、と。そして、計画的にシリーズ商品が次々と発売されていたものが、計画以上に関連商品が乱立してお腹いっぱいになる。消費者は飽きを覚え、グッズを買うことがお布施に思えてくる。

キャラクタービジネスは周知のものとなった。

同じように、キャラクター小説が大量消費されるようになって来る。そして、文脈・コンテキストというものが存在することに気づく。キャラクター性はキャラ立ちを求められる。決め台詞は、伝統芸能における形式美を置き換えるように多用される。漫画が記号の連続だと発見されたように、まるで2時間ドラマのオチに気づいてしまうように、パターンが見えるほど消費していったのだ。コンテンツの拡販は版権ビジネスとして勢いは増し、なんでもパチンコになるように、なんでもコンテンツとして色々な姿に加工・再パッケージされ、消費されていく。共通するものとして見えてくるのは、キャラクター性と文脈・コンテキストだ。消費する商品としての創作物は、こうした要素であることが経験知的に理解されてきたと思う。明確に理解していなくとも。

そして飽和した。

ここで、抜群の飽和感の中、糸口を見つけてみようと思う。
重要なことは、「消費する商品としての創作物」という部分だと考える。記号でストーリーを表現するものが創作物だとすれば、そこに記号性の少ないものが入り込んでいればどうなるか。たとえば実話が原作であるとか。主人公が実在の人物であるとか。場所が現実にある場所だとか。こうした作品は以前からあったけど、その割合は増えていると感じる。治らない病気を持つというような実話がベースの感動ストーリー、文明開化の明治維新を実在の人物で語るもの、戦国時代の武将を扱うもの。あとは、実話なだけでもOK。生協の○○さん、みたいな。
対極にあるのは、サザエさんやドラえもん、ドラゴンボールのような、普遍的な家庭像を見せたり、時代も場所もよくわからないけど冒険活劇だったり。テレビドラマは分かりやすくて、ほとんどが俳優たちを魅せるためのストーリーや舞台設定だ。
真面目に記号をつなぎ合わせて創作したものは王道のものか、萌えなアニメのようなものしか受け入れられなくなって、実話ベースだったり実在の人物を語るものにシフトしてきているのではないか。

つまり、実話や実在の人物・場所にシフトしているとすれば、ローカルっぽさと、実話っぽさをどう盛り込むかという話なんじゃないか。

これが、現状。

加えて、これからは伝統・格式も必要だと考える。
伝統・格式は早からずとも追い求めることになると確信している。
新しいものを追い求める時代ではなくなった。
エッジが効いていて、ハイテクで、最先端であればいい時代ではない。
自然・ナチュラルなものに魅力を感じる人たちも増えている。(というよりは、新しいものを追うだけじゃダメになって、こっちに行かざるを得なかった気もする)
こうした、新しいもの回避で起こるのは、原点回帰だ。
ルーツを辿り、積み重ねられた伝統・格式に寄り添う。アメリカが伝統を欲しがると言われるように。

パーソナリティが重要な時代にもなる。
とすれば、自ずと選択肢が見えてくる。伝統技能の後継者とか、歴史を語れる専門家とか、権威付けされた組織、伝説のある場所、社会的に影響が大きかった事件の当事者、伝統のある大会で優勝したスポーツマン。
ここまで書いてみて、ちょっと疑問符がつく。こんなん人気でねぇだろと。

ここでやっと見えてくるのが、演出とか文脈の重要性。
同じ話でも、重くも軽くもできる。長くも短くもできる。
「よくわからないけど、この脚本が好き」とかっていう魅力まで出せればバグツンやね。
「ええ話や」というよりは、勢いが大事な時代になっていくと思う。
話のつながりとか、細かい設定の粗とかを気にしなくていいぐらい見せる勢いがあるのが演出とか文脈を操れるテクニック。
こんな流れになっていくんとちゃうかな。


…ここまで書いておいてアレな話ですが、このエントリは
タイトルに「ゼロ年代」と入れたかっただけなのでした…!

« レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース「シェア」(監修・解説 小林弘人) | トップページ | おにぎり 旗揚げ公演「斷食」@座・高円寺 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/38573087

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクターと文脈に気づいたゼロ年代:

« レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース「シェア」(監修・解説 小林弘人) | トップページ | おにぎり 旗揚げ公演「斷食」@座・高円寺 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ