« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月30日 (月)

一気に!自炊(本を断裁してスキャン)

槍ちゃんといえば槍魔栗三助であり、つまりそれは生瀬勝久なんだよとルノアールで語りはじめたい私が八橋壮太朗です。


プラス 断裁機 裁断幅A4 PK-513L 26-106

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500

こいつらを使って、我が家の本棚を整理するプロジェクト。

だいぶ進んできました。

今日はドドーン!と。一気に。断裁。

Img_0098
Img_0095_2

うーむ。壮観。

Img_0076

けっこうジャムりますが、コツがつかめれば早いです。 スキャン。

これだけ断裁して、スキャンしてしまうようになってしまいましたが。

Img_0103

抵抗する心を無視して、どんどん断裁します。

やっぱり断裁したいわけじゃないんだよね。

スキャンはしたいんだけど。

ハードカバーなんて、手間もかかるし、ほんとにやりたくない。

いまだに漫画は断裁できずに、ちゃんと所蔵して置いてあります。

でもなあ。いつか断裁しちゃうんだろうな…。

ということで、我が家の本棚が、ちょースッキリ!しました! 

2010年8月25日 (水)

炭火焼き・炙り karaku (@秋葉原) 見晴らしはこんな感じ。

人から借りて見た「風雲たけし城」DVDにハマってしまった私が八橋壮太朗です。

炭火焼き・炙り karaku はダイナックのお店(ダイナックはサントリー系のお店)。

場所は秋葉原駅前プラザビルの9F。

前から気になっていた。秋葉原電気街口の目、目の前のビルの最上階。

どんな見晴らしなんだろうか。

ダイナック系だし、安い居酒屋ではないので、二の足を踏んでいた。

だって、お通しがコレだったんだよ。

Img_0110

いくら財布に余裕があっても、食べてるときに値段が頭から離れない。

おいしいから、うっかり注文しちゃうじゃん?(笑)

値段相応の味です。ちょっとだけ高い。けっこうおいしい。

そんなお店でした。

カウンターで飲んでる人より、グループで飲み食いしてる人のほうが目立つ店。

せっかく集まったんだから、安い居酒屋は避けて、ちょっと落ち着いたところがいいね、という人たちに向いてるんだろうな。

あ、そうそう。

見晴らしね。

Img_0108

ヨドバシカメラがでかいよー。

秋葉原駅って、上からみると、こうなんだ。

という風景。

うーむ。

2010年8月23日 (月)

阿佐ヶ谷たこ焼き戦争勃発?

アマゾンJPでジャンルランキング1位のナカバヤシ製ラミネートフィルムA4サイズ100枚セットが、近所の西友で、もっと安かったことに衝撃を受けた私が八橋壮太朗です。西友、まじでKYですね。近所の店の悲鳴とか聞かないあたりがKYですね。いち消費者としては嬉しいのですが。ここまで来ると、頭をひねりながら買ってしまうレベル。

さて。阿佐ヶ谷にはたこ焼きをテイクアウトできる店が何軒もあるのです。

ちょっと、食べくらべてみたくなりました。

Img_0189

揃えてみた店は、以下のとおり。

おーきに(中杉通り沿い)
海晴亭(北口駅前ビルの通り抜け沿い)
道頓堀くくる(JR駅ビル)
京都たこ丸(三菱東京UFJ銀行の脇のたい焼きもあるお店)

ヱビスは、みんな大好き西友で入手。

まずは、おーきに(中杉通り沿い)のたこ焼き。
Img_0160Img_0166
Img_0191
Img_0217
ここのたこ焼きは、4店舗中、もっとも家庭の味。昔からある、オーソドックスなたこ焼き。家でつくっても、こんな味になるよね。という。

次は、海晴亭(北口駅前ビルの通り抜け沿い)
Img_0174_2 
Img_0193_2
Img_0196 たこ焼き。
Img_0199 ねぎ入り「ねぎだこ」。
ねぎが売りの海晴亭ですが、プレーンなたこ焼きもおいしいです。どちらもカリカリに焼いてある。中も、程よく火が通ってます。たこ焼きは、底にソース、たこ焼きの上にかつおぶし。かつおぶしがソースでシナらないように、考えて入れてくれています。わかってらっしゃる。ねぎだこは、ソースが無く、上にねぎが盛られてます。ソースが無いのですが、たこ焼きの生地にキッチリ濃いダシが入っているため、おいしくいただけます。ねぎの風味と、食感を大事にした独自のたこ焼き。4店舗の中では、もっとも食事な気分になります。スナック感覚ではありません。和風を感じる味。食べ飽きない。

道頓堀くくる(JR駅ビル)
Img_0176_2
Img_0210
Img_0216  (どちらも同じたこ焼きです。)
さすがメジャー大衆路線、駅のテナントくくる。4店の中で、もっとも「開発された味」。うまい。キムチを食べ始めたら止まらないとき、ありますよね。あの感覚に近い。また食べたくなるジャンクフードの味。食べくらべてみてはじめて気づいた。個人店では開発できない、考えぬいた嗜好。中もトロトロです。チェーンと思ってナメてはいけません。

京都たこ丸(三菱東京UFJ銀行の脇のたい焼きもあるお店)
Img_0181
Img_0201 
Img_0209
コラーゲン入りたこ焼きと書かれた京都たこ丸。残念ながらコラーゲン感は、それほど感じませんでした。でも、入ってるたこが大きめだったかな。4店舗の中では、「おーきに」に近い、家庭的でオーソドックスな味。ソースが選べて、普通と辛口ソースがある。辛口ソースも試したけど、これ、どろソースかな。そういう意味の辛口でした。4店舗のうち、もっとも平均的なバランスのとれたたこ焼き。いい意味で普通です。

以上、価格は気にしないで食べくらべてみました。

個人的には、海晴亭のたこ焼き&ねぎだこでテイクアウトすれば、一番満足かな。ビールにも合います。たこ焼き食って、ビール飲んで。ねぎだこ食って、ビール飲んで。これ、終わり無き海晴亭スパイラルです。

食べた感が一番するのは、道頓堀くくる。人にお土産として持っていくなら、ここです。甘辛ソースに絡まれ、中はトロトロ。食感でもっとも喜ばれる、食べた満足感ならここ。

「おーきに」と「たこ丸」は、なつかしい&オーソドックス。しかし、実は値段で比べると、この2つは安いのです。家庭の味を安く提供。なるほど、それはアリだ。というか、もともと粉モンは、そういう食べ物なのです。たまには買って帰るか。そういう、ささやかな自分へのご褒美。

海晴亭はわかりませんが、どこの店もマヨネーズはどうするのかとか、ちゃんと聞いてくれます。(海晴亭はマヨ不要なのだと思う)

おいしい阿佐ヶ谷たこ焼き戦争、勃発であります。

2010年8月15日 (日)

黒いMacBookの危険な姿

ウコンの力を借りても借りても頭が痛い私が八橋壮太朗です。

先日、古い友人と久しぶりに食事することに。

車でやってきたのでお酒は抜き。

近所で中華を食べて、ファミレスでしゃべりはじめること10分。

Img_0131

黒いぞMacBook。やっぱかっこいいね!

Img_0130
おや。
なんだか様子がおかしい。

Img_0128
なんか、こんもりしてる!!
バッテリーさん、膨張中です!


Img_0127
これ、やゔぁいよ!
はやくバッテリー交換しなよ!

ちょうど、どこかの電車の車内でiPodが破裂したらしいじゃないの。
あぶないよ。。

世にも奇妙な黒いMacBookのお話でしたとな。

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ