« 「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」山本ケイイチ (幻冬舎新書) | トップページ | 鮭とば »

2010年4月21日 (水)

だよね、マーケティングって。

二日酔いからの回復が落ちてることを身をもって体験した私が八橋壮太朗です。

これほどトラックバックしたくなったエントリは今までなかったかも。ということで普段トラックバックしないから、ちゃんとできてるか不安だけども、やってみました。

マーケティング的なるものは人々をインスパイアしない―民主党の支持率低迷から考えたこと

いや、ホント、媚びるってことはまったく生産性が無い行為なんだなと再確認。

この記事をトラックバックしたくなったのは、たとえ話で書かれてるマニュアル男のデートのはなし。雑誌の特集とかを読んで、デートコースを選んだり、彼女になにをプレゼントすればいいかを決めたり。彼女たちはそんなものを求めてるんじゃないよ、と。自分なりに考えた行動じゃないと魅力が無いよと。

そうそう、そうそう!

いつも思っていたことがそのまま記事で書いてあるのって、ものすごくシンパシーを感じる。

昔、バイト先のエライ方に、それを感じたことがあって。

オレ、バイト内容とか条件とかでいろいろクレームをつけてたわけよ。事前に説明がないとか、どこまで仕事なのかとか、誰に聞けばいいのかわからないよ、とか。ま、子供じみた文句も多かったけど、一応スジの通るクレームであったとは思う。でも、実際の仕事なんて、なかなかスジが通るもんなんて、なかなか無い。まあ、世の中そんなもんやろ、と。わかってくれよと。そんな話を、エライ方はわざわざ飲み屋でサシで話をしてくれたわけ。

ポイントは、そこで話をしてくれる時の姿勢。振り返って考えれば、ただ説教されるだけでおしまいだと思うのよ。それが、そんなことはまったく無くて。今、どんなことが楽しいのか?将来どんなことしたいのか?いい先輩についていけよ、俺はこんな先輩と出会って世話してくれたんだよとか。今の若い人はカラオケとか何歌うの、とか。そんな話をサシで話してくれる定年間際のエライさん。「今の若いひとのハヤリとかよくわからないけど」知ってる範囲でいろいろ同じ目線で話をしようとしてくれる。これこれ。これ、なかなかできないんじゃないのかな。何が流行ってるか知らなくてもいいんだよ。気持ちが伝われば。自分の言葉で話すことが、どれだけ大切かということを勉強した気がする。

だから、情報をいろいろ調べて、媚びていくような姿勢は、イカンと思うのよ。

ただ、マーケティングの本質は、そういうことでもない、とも思う。

500円のユンケルより、1,000円のユンケルのほうが効果が高いと思って買う人が多い、なんて話や、毎月300円ならケータイサイトでも課金できるとか、メルマガなら年間1万円ぐらいが限界だ、なんて話がマーケティングの本流じゃないのかなあ。

それと、この記事にシンパシーを感じるのは、アンケートとか安易にしてんじゃねぇよ、みたいな話。

アンケートって、そんな正確に回答してくれるもんかね?

1年間に中華料理を何回食べますか?とか聞かれても、知らねぇよ?

どうやったら本当のデータが収集できるか、っていうのもマーケティング手法の重要なポイントじゃない?

アンケートはがきとか、意味あるとは思うけど、それって質問の内容をよく吟味しないと、まともなデータとしては使えねぇよな。

どうして売れないのか?みたいなことを、直接消費者に聞いたってだめだろ、みたいな。

ああ収集がつかなくなってきたけど、とにかくこのエントリにはものすごく同意なわけでした。

« 「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」山本ケイイチ (幻冬舎新書) | トップページ | 鮭とば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/34317722

この記事へのトラックバック一覧です: だよね、マーケティングって。:

« 「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」山本ケイイチ (幻冬舎新書) | トップページ | 鮭とば »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ