« 友人に感謝。 | トップページ | 「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」青木高夫(ディスカヴァー携書) »

2010年4月10日 (土)

「徹底抗戦」堀江貴文(集英社)

内容はともかく、日本語って正確に使うのが難しい言葉なんだろうな、と思った。

徹底抗戦

買ったきっかけ:
正しくは友人から譲り受けた本。ホリエモンの言葉は腑に落ちることばかりだ。佐藤優「国家の罠」みたいな本かと思って、読んでみることに。

感想:
本のカバーが印象的。タイトルと、その後ろに切り込みのようなグラフィックがひっそりと、かつ力強く配置されている。そして、それ以外は真っ白。潔白というよりは、飾らない姿を示しているんじゃないだろうか。
で、読んでみた。
内容を鵜呑みにしないように読んだけど、べつに鵜呑みにしてもいいやと思える。それだけ、心情が理解できるし、その心情ならどう行動するか、どうしないでいるか、が納得できる。媚びてるわけでも、責任をなすりつけているわけでもない。自然体というか、自分の言葉でしっかり話をしている。拘留中の話なんかは、生活感というか生活感覚がわかって、著者の人格がかいまみれる。読むとファンになるかも。

おすすめポイント:
どう読み取っても、仕事がんばってデカイことしたい人。その姿勢は、いつしかのモーレツ社員の様じゃないのだろうか。旧態依然とした古株企業人や官人には、その姿が受け入れられなかったんだろうか。正直者が馬鹿を見た、という話。

« 友人に感謝。 | トップページ | 「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」青木高夫(ディスカヴァー携書) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/34166282

この記事へのトラックバック一覧です: 「徹底抗戦」堀江貴文(集英社):

« 友人に感謝。 | トップページ | 「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」青木高夫(ディスカヴァー携書) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ