« ライトノベル「超」入門(新城カズマ) | トップページ | キッチン(吉本ばなな) »

2008年11月25日 (火)

グッドナイトスリイプタイト@PARCO劇場

三谷幸喜最新作にして、やっと見れたぜ「グッドナイトスリイプタイト」。

芝居を見るきっかけとなった三谷幸喜の作品を、よーやっと見ることができました。あまりにも見ることができなかったので、期待するボルテージはそこまでホットでは無いにしても、やっぱり嬉しいものです。今回は、だいぶ避けてきた恋愛ものを、夫婦モノとして取り組んでみた作品なのだとか。バンフレットに書いてありました。そう、チケットも高いのにパンフレットまで買って。フトコロ事情を厳しくしてくれる三谷幸喜。

中井貴一も戸田恵子も、いい芝居します。感動したのは、若いころと、別れるころの歳の差を、しっかり演じ分けているところ。これにはシビれました。気持ちオーバーな感じでやってのけるのですが、やりすぎない。休む暇がない二人芝居なのに、とてもエネルギッシュ。体力あるなあ。見習わなければ。

内容は、ある作曲家の別れるまでの夫婦生活。笑いもあるけれど、勢い良くバシバシ笑い飛ばしていくものではなくて、日常のささやかな夫婦の会話がベースなので、オトナな感じ。ご年配の方なら、そんな会話したした!というようなシーンが多いのではないでしょうか。

チケットは高いけれど、満足度も高い。そんな芝居でありました。

ひとつだけ苦言があるとすると、告知とかに三谷幸喜が露出しすぎ。中井貴一と戸田恵子の間に一番目立って写る三谷幸喜。三谷幸喜は好きなんだけど、それはちょっとどうかと…。パンフレットの中身ならまだしも、それがメインビジュアルなWebってどうですか。三谷さん。

« ライトノベル「超」入門(新城カズマ) | トップページ | キッチン(吉本ばなな) »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/25650251

この記事へのトラックバック一覧です: グッドナイトスリイプタイト@PARCO劇場:

« ライトノベル「超」入門(新城カズマ) | トップページ | キッチン(吉本ばなな) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ