« Etymotic Research ER-6 | トップページ | Doris&Orega Collection Vol.4「どんまい マインド」@新国立劇場 »

2008年11月 5日 (水)

harman/kardon EP710(白色と黒色が選べる)

先日はEtymotic ResearchのER-6でしたが、今日はharman/kardon EP710です。実は、ER-6の調子が悪くなってしまって、左右の出力バランスが違ってきてしまったのです。そこで、ER-6に代わるイヤホンを探すことになりました。

久しぶりに量販店のイヤホンコーナーに行きました。国内メーカーのカナル型イヤホンがすごく増えています。やっぱり遮音性が大きいと、得られる音質も違うんでしょうね。ただ、カナル型とは言え、耳栓のように耳穴を詰めて遮音性が大きいような形状なのかどうかが、見ただけでは分かりません。ソニーやオーディオテクニカのカナル型イヤホンも、独特な形をしているものの、どれだけ遮音性があるのか疑問です。やっぱりキノコのカサが2~3段になったのがいい。探してみると、Etymotic Researchは棚面積が減っています。うーむ、肩身が狭くなっているではないか。あっても、やっぱり値段が高く感じてしまうのも事実。他のメーカーでもいいか。そう思い始めて目についたのが、harman/kardonのEP710。スピーカー部分は、すこし大きいような気もしますが、キノコのカサみたいな部分は、しっかりあります。いままで使っていたER-6にそっくり。スペック上は、音域が少し狭くなるようでしたが、いやいやそんな上等な耳を持っているわけでもないし…、などと矛盾した見解を持ちつつ購入。

すぐに使いたくなって、店をでるなりパッケージをおもむろに開ける。いや、開けようとしたところで、妙な文字列を見かけたような気がしてしまいました。おや、よーく見ると…「Technology By Etymotic Research」。なんじゃそりゃー!エティモティックリサーチがOEMしてるんかい!そりゃカサの形状が似ているはずです。まあ、結果的にはエティモティックリサーチをもう一度使いたいと思っていたのでベストなのは間違いありませんが。装着してみると…スピーカーの部分の大きさが違うので、装着感はだいぶ違います。ちょっと大きいのでフィットしづらい。音質も、ちょっと音域が狭くなった印象。スペックだけだと思ったら、ちょっとは差が感じられました。それでも、全体としては満足です。値段も安いし。

余談ですが…

前に使っていたEtymotic ResearchのER-6は、ダメ元で解体して、フィルターチップを交換してみました。一応、スペアが付属していましたので。そしたら…直ってしまいました。左右の音が正常なバランスで出力されてきます。あああああ!余計な買い物をしてしまったではないかッ。

« Etymotic Research ER-6 | トップページ | Doris&Orega Collection Vol.4「どんまい マインド」@新国立劇場 »

家電/AV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/24969584

この記事へのトラックバック一覧です: harman/kardon EP710(白色と黒色が選べる):

« Etymotic Research ER-6 | トップページ | Doris&Orega Collection Vol.4「どんまい マインド」@新国立劇場 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ