« とくダネ! | トップページ | muro式.1「幾」@THEATER BRATS »

2008年8月 2日 (土)

キャラクター小説の作り方

思い立ってから、ずいぶん時間が経ってしまいましたが、小説や脚本という物書き畑のことを勉強したいと思っていました。そんな中で読んだのが、この本たちです。

キャラクター小説の作り方 (角川文庫)

買ったきっかけ:
以前にも紹介しましたが、自分の中でうまく整理できていなかったため、ポイントを絞り込んでもう一度読みました。

感想:
しっかり要点をピックアップしていくと、「そういうことだったのか」と思うこと多し。肉付けや脱線が多い大塚英志さんの文章。ちょっとクセがありますね。

おすすめポイント:
繰り返し、とまではいかないけど2〜3回読み返せば頭に入りやすい。小説書くなら、こうあるべきだ、ということが語られている。

« とくダネ! | トップページ | muro式.1「幾」@THEATER BRATS »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/22730627

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター小説の作り方:

« とくダネ! | トップページ | muro式.1「幾」@THEATER BRATS »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ