« キャラクター小説の作り方 | トップページ | 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉山田真哉 »

2008年8月 3日 (日)

muro式.1「幾」@THEATER BRATS

muro式.1「幾」@THEATER BRATS(新宿)

ヨーロッパ企画のキャラ立ちツートップである本多力と永野宗典が出演するということで、新宿厚生年金会館の真向かいにあるTHEATER BRATSへ行ってまいりました。本日、千秋楽であります。ムロツヨシが主宰のようなんですが、すいません存じ上げませんでした。みなさん映画サマータイムマシンブルースのつながりなんでしょうか。とりあえず本多&永野の2人がどう見せてくれるのかという期待を胸に、堅いBRATSの椅子で開演を待つのでありました。尻と腰が悲鳴を上げていましたよ…。

短い4つの話で構成されるオムニバス形式の公演です。

その1「社内恋愛」は、ある女性の元カレ(永野)が今カレ(本多)をファミレスに呼び出していちゃもんをつけるというシチュエーション。なぜか元カレの親友(ムロ)も同席してチャチャを入れる。元カレは女性のブログを読んで、楽しく花火に行った相手である今カレをファミレスに呼び出した。ちょっと連絡取らないでおこうと約束していたけれど、まだ別れたわけじゃないんだ、彼女は俺のものだと今カレに別れるように迫る。しかし、話をしているうちに、今カレは彼女と同じ職場なだけで、まだ付き合っていないということがわかる。ブログの話をつきつめていくと、実は別の同僚と付き合っていることが分かり、みんなやり場をなくしてしまう。

その2「デッドメンズ・ハイ」は、ある学校の同級生たちが次々に殺されるという「同級生殺人」があって、その殺された同級生3人(本多、永野、ムロ)が、死んでいるはずなのに成仏できていないので、なぜか楽しく会話ができてしまうとうSFなシチュエーション。後ろからナイフで刺された本多、ナイフ3本も刺された永野、首を絞められ引きずりまわされたムロ。犯人はみんなからいじめられていた同級生で、おなじクラスの奴ら全員やられてしまうのか?なんていう会話など、他愛も無い話(と言っては身も蓋も無いか…)で終始する。

その3「中小企業、開発部」は、本多と永野がある中小企業でお荷物扱いされている開発部のベテラン社員(というか管理職)で、そこにムロが新しく配属されてきたというシチュエーション。お荷物であるから、余計な費用を使わないようにということで仕事がまったくなく暇をもてあます部署。しかし、自ら希望して配属されてきたムロは、何かいいものを開発できないかと本多や永野に熱く迫る。本多たちは、実は過去にいろいろ開発はしたけれどうまくいかなかった。その開発途上で終わったものをいくつかムロに見せると、ムロは大喜び。もうひとひねりすればいい発明ができるんじゃないか、と言っていろいろと試行錯誤する。結果、すごい発明ができたというストーリー。

その4「ガムシロ」は、バンド仲間(ムロ)にメンバーから脱退してほしいと思っている永野と本多が、脱退の話をなかなか切り出せないでいるという話。場所は「社内恋愛」と同じファミレスで、前向きで付き合いがマメなムロに対して、なんとか脱退をお願いしようとがんばる永野と、口下手で永野に頼りっきりな本多があーでもないこーでもないとする。結局、切り出せずに次のライブまでは続投となってしまうという落ち。

いやー、笑えた笑えた。こりゃコントです。コントと思わず見に行ったんですが。毎回、満席だったそうです。ヨーロッパ企画と同じだなと思うのは、途中はくだらない話(面白いんですよ)で終始するんですが、終わらせ方というかオチが弱い。そのぶん中盤が面白いので、オチにはあまり重みを置いていないのかもしれませんが。もうちょっと広いステージで、もうちょっと値段が高くても、ぜんぜんイケます。今後に期待。いや、今後も期待。

« キャラクター小説の作り方 | トップページ | 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉山田真哉 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/22756562

この記事へのトラックバック一覧です: muro式.1「幾」@THEATER BRATS:

« キャラクター小説の作り方 | トップページ | 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉山田真哉 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ