« 道元の冒険(@シアターコクーン) | トップページ | とくダネ! »

2008年7月20日 (日)

ほしのこえ/雲のむこう、約束の場所

ちらっと気になっていた作品をまとめてレンタル。新海誠作品というのは、どういうものなんでしょうか。

「ほしのこえ」
まずは、ほしのこえから。お、背景とか光の描き方がいい。よく見かける作品だと、キャラクターばかりが重要視されて描かれている気がするけども、これはそうじゃない。それだけに、人物像だったりストーリーに意識がはたらく。私の趣味には入らない作品だけども、ハイアマチュアとかセミプロという感じの創り手たちには、とても受け入れらるのだろう。よく知らなかったとは言え、ロボットみたいなのが出てきた瞬間、「あれ、ロボットアニメなの?」という衝撃がありました。どうしてもロボットアニメって、ひとそれぞれのバイアスがかかった見方をしてしまうものなんでしょう。そんな発見がありました。

「雲のむこう、約束の場所」
やっぱり背景の絵は良い。被写界深度が狭い絵が多く使われていて、絵を少しでも動かすという方針のようだ。そのため、立体感、空気感がうまく醸成されている。描きたい内容は汲み取れるけれど、エンターテイメントとしてはどうなんだろうか。抽象的や表現が多いのに、突然具体的なものが現れる。主に場所。総合的に見て、いろいろな意味で、難しい。もう少し感情移入させないと、後半の話で盛り上がれない。独白と、第三者の視線と、あまり区別させてくれない気がする。すごく辛口な文章になってきたけれど、もっといろんな人と一緒に仕事したほうがいいんだろうなあ。

この記事を書くために少し検索してみたら、なんだ、無料で見る方法がけっこうあるのね。レンタルしなきゃよかったかも…

« 道元の冒険(@シアターコクーン) | トップページ | とくダネ! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/22420343

この記事へのトラックバック一覧です: ほしのこえ/雲のむこう、約束の場所:

« 道元の冒険(@シアターコクーン) | トップページ | とくダネ! »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ