« SISTERS(パルコ劇場) | トップページ | 道元の冒険(@シアターコクーン) »

2008年7月13日 (日)

審判員は来なかった(ペンギンプルペイルパイルズ@シアタートラム)

審判員は来なかった(ペンギンプルペイルパイルズ@シアタートラム)

劇場の規模の割りにコギレイで好感が持てるシアタートラム。またまたやってまいりました。今回は、面白いというウワサを聞くペンギンプルペイルパイルズが気になって、観に来たのであります。片桐仁さんも観たいしね。

作・演出は倉持裕さんで、このまえ東池袋のあうるすぽっとで観た「まどろみ」をやった人です。「まどろみ」は重たくて分かりづらい芝居だったので、彼のホームグラウンドだろうというペンギンプルペイルパイルズ(PPPPと略すのだそうです)ではどんな感じなんでしょうか。楽しみ楽しみ。

席は前から3列目ぐらい上手のほう。ステージ上には、ありありと回転するだろう装置の上に、ちょっと格調高めな部屋のセットが組まれています。場面転換が多そうで楽しみ。チラシというか案内を見ると、どうも役者たちは、何役も入れ替わり立ち代りで演じるようです。いきなりドタバタ劇になりそうな予感。でも「まどろみ」みたいに重たいんじゃないかと、少し気合をいれて待つこと10分ほど。開演です。

いやいやいやいやいやいやあいやいあや。全く重たくねぇぞPPPP。楽しいし勢いもあるし、早替わりが多くてノンビリしている時間はありません。ちょっとだけ上品にした猫のホテルっぽいテイストな気がする。楽しませてくれる芝居を見つけられて良かった良かった。

片桐仁さんは、どうみても片桐仁さんにしか見えなかったので(それはそれで良い)、なんともいえませんが、他の役者さんたちは良く知らないこともあって、とても好印象。半分わざとでしょうけど、装置とかの関係で、役者さんが役柄を変える時の姿が見られて面白かった。特に、玉置孝匡さんは良かった。「まどろみ」に出てたよね、彼。なんだかクドイ動きが多いんだけども、それがプラスになっているような。井上順みたいな雰囲気があるかも。あと、安藤聖さんも観ていて好印象。役を変えているところを印象づけられることが多くて、なかなか感心しました。

もっと早く観てればよかったな、今度も見に行くぞ!と思える楽しいペンギンプルペイルパイルズでありました。
http://penguinppp.com/

« SISTERS(パルコ劇場) | トップページ | 道元の冒険(@シアターコクーン) »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/22251138

この記事へのトラックバック一覧です: 審判員は来なかった(ペンギンプルペイルパイルズ@シアタートラム):

« SISTERS(パルコ劇場) | トップページ | 道元の冒険(@シアターコクーン) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ