« けんか哀歌(猫のホテル@本多劇場) | トップページ | 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) »

2008年5月12日 (月)

GOD DOCTOR(@新国立劇場)

がっかりでした。

大宮エリー第1回公演「GOD DOCTOR」。

喜怒哀楽で、どれを選ぶかといえば、間違いなく「怒」です。

なんなんだこのイベントは。「大宮エリーと、そのトリマキたち」とでも言えましょう。本と演出が腐ってる。こんなの新国立劇場でやっていいのか。いろいろ怒りのセリフが思いつきますが、なんでこんなに嫌な気分になるのか。

それは、役者もスタッフも、いい腕しているんです。クオリティ高いんです。ただ一人、大宮エリーを除いて!なんてモッタイナイ!なんでこんなに才能の塩づけ師をまつりあげるのか。

ことごとく広告の切り口を並べ立てて、「コレ面白いでしょ」の押し売りオールスターズ。幕間の休憩には、お笑い芸人が小芝居をするのですが、これまたヒドイ!純粋にツマラナイ。こんなのスポンサードしたサントリーもロッテも、イメージダウン間違いないよ。私の知る限り、この小芝居にイラっとしたのは複数人います。なんでコレに金を出すかね?

しばらく経験を積めばよくなるのかもしれないけれど、そんなチャンスを与えてはいけない。マスコミと代理店の凝り固まった意識、トレンドの押し売り。悪いことを言いたくはないけれど、本当にこんな馬鹿げたイベントは止めなければいけない。大宮エリーに芝居をやらないでもらうことを、積極的に発言するべきだと思わせられるぐらいヒドイと感じているのです。

« けんか哀歌(猫のホテル@本多劇場) | トップページ | 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/20919640

この記事へのトラックバック一覧です: GOD DOCTOR(@新国立劇場):

« けんか哀歌(猫のホテル@本多劇場) | トップページ | 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ