« グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER) | トップページ | 村木良彦さん追悼「あの時だったのかもしれない」 »

2008年5月26日 (月)

まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと)

まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと)

いろいろと目当てがありました。
倉持裕、近藤公園。まだ行ったことのない東池袋の劇場「あうるすぽっと」。

倉持さん
ペンギンプルペイルパイルズという、名前だけで気になる劇団を主宰しているらしい倉持さん。どうやら、けっこう若いようじゃないですか。評判もいいようじゃないですか。見てみたいじゃないですか。いくつか芝居に行けばチラシが入っていて、片桐仁を交えてひと芝居打つそうじゃないですか(←なんか日本語の使い方が妙です!?)。今回の「まどろみ」は、彼の真骨頂なのか、新しいジャンルなのか、私には解りません。けっこう好きなタイプの作品でしたが、もうちょっとテンポを速くするか、短くしてもらえたら文句なしでした。まだまだ、チェックしていきたい人です。

近藤公園
大人計画のチケットが取れないまま、今に至っています。ということで今回が初見です。やっと見ることができたよコンドーさん。なんか、さわやかというか。イメージいいなあ。どことなく不器用な役が似合うと思いますが、今回は、まさにそんなところでしょうか。色が薄いほうだと思うので、難しそうな今回の役にはピッタリ。もうちょっと、いろいろな部分を見てみたい。

あうるすぽっと
はじめて行きました。キレイ!広い!でもちょっと無機質!階段どこ?受付どこ?というのが第一印象です。私は中央の真ん中(前後左右、すべて真ん中ぐらい)の席でしたが、広めの劇場の割には角度があまりつけられていない気がします。端の席だと、ちょっと厳しいかもしれません。今年はヨーロッパ企画がここでやるので、そのときの席がいい場所であることを祈るばかりです。

六角精児
実は、六角精児が一番の目的でありました。CMや電車の広告で見かける「完済人(かんさいじん)」は、彼なのです。けっこういろんな場所で見かけるようになって、また見たくなりました。前は「橋を渡ったら泣け」でした。いやー、芝居の勢いは六角精児の肩にかかっています。彼が居なければ、チーズの無いミートスパゲティの状態。彼はチーズ。無くても食べられるのですが…あると風味も抜群。無いと、明らかな物足りなさ。そういうタイプだと思いました。ちょくちょくチェックしよう。

作品の感想
「何かが足りない」「どういうことなんだろう」「時系列は入れ替わってるのか」「あの出て行くところの意味はなんだろう」…などなど、いろいろと考えながら観る作品でした。そのヒントの少なさと、ツジツマが合わないような部分の見せ方は、けっこう不満でした。ですが、今思えば、この「わからない感覚」は、現実の生活そのものではないかと思い至り、妙に納得しました。あまり深い理由もなく嘘をついたり、言ってる事とやってることが違ったり。こんなことは日常茶飯事です。そういう妙な生っぽさが出ている作品だと思うと、あらためて受け入れられる芝居でした。わかりづらさのリアリティー。ああ、ひとことで言ってしまったではないか。小さい劇場で、もう一度見てみたい。

« グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER) | トップページ | 村木良彦さん追悼「あの時だったのかもしれない」 »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/21173046

この記事へのトラックバック一覧です: まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと):

« グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER) | トップページ | 村木良彦さん追悼「あの時だったのかもしれない」 »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ