« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと)

まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと)

いろいろと目当てがありました。
倉持裕、近藤公園。まだ行ったことのない東池袋の劇場「あうるすぽっと」。

倉持さん
ペンギンプルペイルパイルズという、名前だけで気になる劇団を主宰しているらしい倉持さん。どうやら、けっこう若いようじゃないですか。評判もいいようじゃないですか。見てみたいじゃないですか。いくつか芝居に行けばチラシが入っていて、片桐仁を交えてひと芝居打つそうじゃないですか(←なんか日本語の使い方が妙です!?)。今回の「まどろみ」は、彼の真骨頂なのか、新しいジャンルなのか、私には解りません。けっこう好きなタイプの作品でしたが、もうちょっとテンポを速くするか、短くしてもらえたら文句なしでした。まだまだ、チェックしていきたい人です。

近藤公園
大人計画のチケットが取れないまま、今に至っています。ということで今回が初見です。やっと見ることができたよコンドーさん。なんか、さわやかというか。イメージいいなあ。どことなく不器用な役が似合うと思いますが、今回は、まさにそんなところでしょうか。色が薄いほうだと思うので、難しそうな今回の役にはピッタリ。もうちょっと、いろいろな部分を見てみたい。

あうるすぽっと
はじめて行きました。キレイ!広い!でもちょっと無機質!階段どこ?受付どこ?というのが第一印象です。私は中央の真ん中(前後左右、すべて真ん中ぐらい)の席でしたが、広めの劇場の割には角度があまりつけられていない気がします。端の席だと、ちょっと厳しいかもしれません。今年はヨーロッパ企画がここでやるので、そのときの席がいい場所であることを祈るばかりです。

六角精児
実は、六角精児が一番の目的でありました。CMや電車の広告で見かける「完済人(かんさいじん)」は、彼なのです。けっこういろんな場所で見かけるようになって、また見たくなりました。前は「橋を渡ったら泣け」でした。いやー、芝居の勢いは六角精児の肩にかかっています。彼が居なければ、チーズの無いミートスパゲティの状態。彼はチーズ。無くても食べられるのですが…あると風味も抜群。無いと、明らかな物足りなさ。そういうタイプだと思いました。ちょくちょくチェックしよう。

作品の感想
「何かが足りない」「どういうことなんだろう」「時系列は入れ替わってるのか」「あの出て行くところの意味はなんだろう」…などなど、いろいろと考えながら観る作品でした。そのヒントの少なさと、ツジツマが合わないような部分の見せ方は、けっこう不満でした。ですが、今思えば、この「わからない感覚」は、現実の生活そのものではないかと思い至り、妙に納得しました。あまり深い理由もなく嘘をついたり、言ってる事とやってることが違ったり。こんなことは日常茶飯事です。そういう妙な生っぽさが出ている作品だと思うと、あらためて受け入れられる芝居でした。わかりづらさのリアリティー。ああ、ひとことで言ってしまったではないか。小さい劇場で、もう一度見てみたい。

グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER)

グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER)

なんとなくチェックして、なんとなく観にいきました。お目当ては鴻上尚史さんと役者の印象が変わったかどうかです。

ほんとうに勝手なんですが、みんな上達していて、それが逆に、なんだかなあという感じ。去年見た、旗揚げ準備公演と比べると、衣装とヘアメイクがマッチしていて、演じる前から、ああ、まとまってきたなあと思うわけです。実際、演技もうまくなっていると思うし、まとまりも良くなっています。作品そのものは、意図どおり現代の社会現象を題材にしています。人って何だろうとか、時間って何だろうとか、そういうタイプではなくて、社会のある一面を描いています。なるほど、表現って、もともとこういうものだったのね。社会風刺っていうものでしょうか。すごくベーシックな部分を考えるにはとてもいい芝居でした。

こういうふうに、演出の狙いとか、構成とかを勉強するには、とてもいいと思うのですが、表現手法のショウケースという雰囲気がして、なんとなく距離を置きたくなってきました。表現についてばかりを主軸にしたくない。何も考えずに楽しみたい。そんな欲求に駆られてしまう私がおりました。なんだか、自分の天邪鬼さを再確認してしまう、今回のグローブ・ジャングル。

鴻上尚史さんは既成概念にとらわれることなく、演劇シーンについて語れる人物だと思うので、どう考えてどう動いているかはチェックしていたいところです。自前の劇団を持つことの意味を、タイムラグの少ない作品が提供できることだと言っているようです。これはなかなか、骨太というか、深いことを言っていると思います。彼がそうしたいだけなのかもしれませんが…。

http://www.thirdstage.com/k/

2008年5月17日 (土)

失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット)

失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット)
ほぼ2時間の芝居でした。タイトルから想像していた内容にだいたい当てはまりました。過去と現在のあいだってドコ?将来はどうなるの?今が終わらない!みたいな。登場人物それぞれが、どう受け止めるか。嫌な言い方をすれば「自分で考えろ」「お前次第だ」というどうしようもない流れ。ストーリーだけを見れば観客の時間を失うだけのものでした。
ヒトコトで言えば演出のトライアル公演だったと思います。こういう演出を試してみたかったのね、という。空間の使い方は面白くて、無駄なスペースはありません。いろいろ、ネライがあって仕込んでみたのでしょう。好きだったのは、セリフの間。間を大事に進めているので、空白に耐えられない役者には無理でしょう。セリフの量や役の数から考えても、役者の力量に頼った芝居でした。役者のいい腕試しになったことでしょう。
そういう意味で「あともうひとり」だった奥菜恵も、いい立ち回りをしていました。何度見ても奥菜恵としか見えないのが唯一の残念なところ。ハマリ役とまではいかなくても、役が乗り移ってる感がある芝居をしてみてほしいなあ。 でも、キレイでカワイイよなあ…それには勝てないよ。
今日は、テーマからも、ちょっと歯切れの悪い重たさを引きずって、劇場をあとにしました。

2008年5月12日 (月)

GOD DOCTOR(@新国立劇場)

がっかりでした。

大宮エリー第1回公演「GOD DOCTOR」。

喜怒哀楽で、どれを選ぶかといえば、間違いなく「怒」です。

なんなんだこのイベントは。「大宮エリーと、そのトリマキたち」とでも言えましょう。本と演出が腐ってる。こんなの新国立劇場でやっていいのか。いろいろ怒りのセリフが思いつきますが、なんでこんなに嫌な気分になるのか。

それは、役者もスタッフも、いい腕しているんです。クオリティ高いんです。ただ一人、大宮エリーを除いて!なんてモッタイナイ!なんでこんなに才能の塩づけ師をまつりあげるのか。

ことごとく広告の切り口を並べ立てて、「コレ面白いでしょ」の押し売りオールスターズ。幕間の休憩には、お笑い芸人が小芝居をするのですが、これまたヒドイ!純粋にツマラナイ。こんなのスポンサードしたサントリーもロッテも、イメージダウン間違いないよ。私の知る限り、この小芝居にイラっとしたのは複数人います。なんでコレに金を出すかね?

しばらく経験を積めばよくなるのかもしれないけれど、そんなチャンスを与えてはいけない。マスコミと代理店の凝り固まった意識、トレンドの押し売り。悪いことを言いたくはないけれど、本当にこんな馬鹿げたイベントは止めなければいけない。大宮エリーに芝居をやらないでもらうことを、積極的に発言するべきだと思わせられるぐらいヒドイと感じているのです。

けんか哀歌(猫のホテル@本多劇場)

猫のホテルの新作です。ここ最近は市川しんぺーが出演する芝居を見つけてはチケットをおさえる日々でありました。ファンになっているのは間違いありませんが、思い返してみると彼が出演する芝居は私好みなものばかり。単に追いかけているのでは無いのであります。その証拠は、活動状況をチェックしていないということ。ていうかチェックしろよと自分でも思うわけですが。
そんな言い訳がましいしんぺー談義はともかく、今回の「けんか哀歌」。複雑な心境になりました。いつになくバランスがいいのです。腕を上げたな千葉雅子…というより、自信と実力がいい形に結びついたのか。ああ、エンターテイメントしているではないかっ。ハイクオリティというか。レベルが上がったなあ。そのぶん遠く感じるのはなぜだろう。うれしい反面、置いていかれた感じが強い。

なんと言っても、本が良い。

役者ひとりひとりをしっかり見せつつ、思惑や心境を織り交ぜつつ、メッセージ性も強くはなくとも、それなりに主張していて、押し付けない。難しいバランスを「奇跡的」ではなくて、しっかり計算して実力で作り上げたいい芝居だと思う。こういう芝居が見たいのです、私は。そんな魅力が見え隠れしているから猫のホテルが見たいのです。

この絶妙な感覚は、うまく現せなくて悔しいですが、以前チュンソフトが生み出したゲームに「街」という名作があります。あんな感じなんですよ。それぞれの役の個性が出ているのに、なんとなく群像が見えてくる。いい作品です。

ただ、悲しいところは、役者が出てきただけで大ウケする観客が少なくなかったこと。ほとんどお笑い感覚で見にきているのでしょうか。それはそれで、ひとつの見方なんでしょう。私には無理ですけれど。

ところで今回のしんぺーさん。いい感じに力が抜けた感じがしていました。目立つことが少なかったので、あんまり意識が向きませんでしたが…。ゆったり楽しんでいる感じがあったかな。あの感じだと、飲み屋で会っても絡めるかもと思っちゃいそうな雰囲気でした。絡みませんが。呑んでみたいけど。隠れファンなので、終了後はソソクサと劇場をあとにしました。罪と罰に見送られるのは気がひけて。

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ