« 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) | トップページ | まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと) »

2008年5月26日 (月)

グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER)

グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER)

なんとなくチェックして、なんとなく観にいきました。お目当ては鴻上尚史さんと役者の印象が変わったかどうかです。

ほんとうに勝手なんですが、みんな上達していて、それが逆に、なんだかなあという感じ。去年見た、旗揚げ準備公演と比べると、衣装とヘアメイクがマッチしていて、演じる前から、ああ、まとまってきたなあと思うわけです。実際、演技もうまくなっていると思うし、まとまりも良くなっています。作品そのものは、意図どおり現代の社会現象を題材にしています。人って何だろうとか、時間って何だろうとか、そういうタイプではなくて、社会のある一面を描いています。なるほど、表現って、もともとこういうものだったのね。社会風刺っていうものでしょうか。すごくベーシックな部分を考えるにはとてもいい芝居でした。

こういうふうに、演出の狙いとか、構成とかを勉強するには、とてもいいと思うのですが、表現手法のショウケースという雰囲気がして、なんとなく距離を置きたくなってきました。表現についてばかりを主軸にしたくない。何も考えずに楽しみたい。そんな欲求に駆られてしまう私がおりました。なんだか、自分の天邪鬼さを再確認してしまう、今回のグローブ・ジャングル。

鴻上尚史さんは既成概念にとらわれることなく、演劇シーンについて語れる人物だと思うので、どう考えてどう動いているかはチェックしていたいところです。自前の劇団を持つことの意味を、タイムラグの少ない作品が提供できることだと言っているようです。これはなかなか、骨太というか、深いことを言っていると思います。彼がそうしたいだけなのかもしれませんが…。

http://www.thirdstage.com/k/

« 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) | トップページ | まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと) »

芝居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/472600/21172499

この記事へのトラックバック一覧です: グローブ・ジャングル(虚構の劇団@シアターグリーン BIG TREE THEATER):

« 失われた時間を求めて(阿佐ヶ谷スパイダース@ベニサンピット) | トップページ | まどろみ(M&O Plays@あうるすぽっと) »

リンク

フォト

VCおすすめ

  • ロリポップってエンジニアが優秀なんですよね。
  • じゃらんは優秀です。振り返ってみればだいたい使う。
無料ブログはココログ